「勤務間インターバル制度導入促進シンポジウム」を開催いたします!



みずほ情報総研株式会社では厚生労働省からの委託を受け、「勤務間インターバル制度導入促進シンポジウム」を開催いたします。

本シンポジウムでは、勤務間インターバル制度の重要性や取組を進めるためのポイントについて、有識者や企業といった多くの立場から解説や事例発表を行ってまいります。

従業員の健康管理への取組や生産性向上、人材の確保・定着にご関心がある多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【日時・場所】
■名古屋会場
令和元年11月20日(水)13:30(開場13:00)
TKPガーデンシティ栄駅前(バンケットホール6H)
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-sakae-ekimae/access/

■東京会場
令和元年11月21日(木)13:30(開場13:00)
TKP品川カンファレンスセンター(バンケットホール8C)
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-shinagawa/access/

■福岡会場
令和元年12月12日(木)13:30(開場13:00)
TKPガーデンシティ博多新幹線口(プレミアムホール(PREMIUM HALL))
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-hakata-shinkansenguchi/access/

■大阪会場
令和元年12月17日(火)13:30(開場13:00)
TKPガーデンシティ大阪梅田(バンケット15A)
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-osaka-umeda/access/

【参加費】
無料

【対 象】
人事労務ご担当者様・企業経営者の方々など

【定 員】
各会場200名(参加希望者多数の場合は先着順)

【プログラム】
■基調講演(1)「働き方改革と勤務間インターバル制度」
適正な労働時間を実現するための方策の1つに、勤務間インターバル制度があります。
最近の働き方改革の動向を踏まえながら、同制度の意義や内容、同制度導入により企業・従業員が得られるメリット等について解説いたします。

■基調講演(2)「企業経営の改善と従業員の健康確保に必要な休息・睡眠」
従業員の休息時間を確保する必要性や、従業員の睡眠時間と生産性の関係等について、医学的な見地から最新の研究成果や事例等を基に解説いたします。

■情報提供「勤務間インターバル制度導入に向けて」
現在、厚生労働省では「勤務間インターバル制度導入マニュアル(仮題)」を作成中です。本シンポジウムではそのエッセンスを紹介いたします。 

■事例発表「先進企業に学ぶ勤務間インターバル制度の活用方法」
すでに勤務間インターバル制度を導入している企業2社より、制度導入のねらいや具体的な制度内容、導入・運用時の工夫等について事例を発表いたします。

■パネルディスカッション「勤務間インターバル制度の円滑な導入・運営に向けて」
基調講演や事例発表を踏まえ、「制度導入にあたり課題となった点と対応策」「勤務間インターバル制度の導入により企業や従業員が得られたメリット」「健康管理や生産性向上の視点から考える制度導入後の変化」等について、登壇者の皆様にご議論いただきます。

【お申し込み方法】
参加をご希望の方は、ホームページからお申し込みください。
https://www.mizuho-ir.co.jp/seminar/info/2019/interval2019/index.html?rt_bn=prap

【お問い合わせ先】
みずほ情報総研株式会社 社会政策コンサルティング部
担当 :豊嶋・川上・阪野・杉田・小曽根
TEL :03-5281-5276(平日10時~17時30分) 
E-mail:mizuho-roudou@mizuho-ir.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
みずほ情報総研株式会社
ホームページ
http://www.mizuho-ir.co.jp
代表者
向井 康眞
資本金
162,750 万円
上場
未上場
所在地
〒101-8443 東京都千代田区神田錦町2丁目3
連絡先
03-5281-7500

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所