「おうちダイレクト」東京都宅建協同組合との法人向けプラットフォームサービスに関する業務提携開始のお知らせ


ソニー不動産株式会社がヤフー株式会社と共同で運営する不動産取引プラットフォーム「おうちダイレクト」は、このたび公益社団法人東京都宅地建物取引業協会の関連団体である東京都宅建協同組合(以下「協同組合」)と、「おうちダイレクト」法人向けプラットフォームサービスの利用に関する業務提携を開始しましたので、お知らせいたします。

「おうちダイレクト」は昨年度より、不動産仲介業務の川上から川下までのプロセス(査定・媒介・販売・契約)をAIやITを通じ一気通貫で支援する法人向けプラットフォームサービス(以下「法人向けPFサービス」)を多くの不動産会社に対して提供し、「プラットフォームオープン化」を進めています。2018年10月には、一般社団法人大阪府宅地建物取引業協会と提携し、8500社の会員企業が「法人向けPFサービス」の利用申し込みをすることで、自社の業務効率の向上や、売主および買主に対して「おうちダイレクト」を活用したサービスを提供することが可能となりました。

本提携により、東京都宅建協同組合に加盟する約14,000社の組合員企業も、「法人向けPFサービス」の利用申し込みをすることで、自社の業務効率の向上や、売主および買主に対して「おうちダイレクト」を活用したサービスを提供することが可能となります。
協同組合の組合員企業をはじめ、「法人向けPFサービス」の利用を申し込んだ不動産会社は、売主から直接売却の依頼を受けている物件(物元物件)をヤフーのインターネット上での集客力を活かして「おうちダイレクト」上で販売することや、ビッグデータと独自のアルゴリズムを用いて高い精度を誇るソニー不動産が開発したAIによる売買査定支援ツールの利用、査定反響獲得サービス(一括査定サービス)の活用など、不動産仲介の業務プロセスを一気通貫で支援する本サービスが利用できます。

「おうちダイレクト」は、今後もプラットフォームオープン化を進め、不動産取引に関する開かれたAI×ITプラットフォームとして拡大してまいります。

ソニー不動産は2014年4月の創業時より、エージェント制度とソニーグループのAIを融合させることで独自の不動産流通サービスを提供し、多くのお客様に支持されてきました。
その後も、ヤフー株式会社と共同運営する不動産売買プラットフォーム「おうちダイレクト」や、ディープラーニング(深層学習)技術を核に開発したAIをパートナー企業様へ提供するAIソリューション事業、ソニーのIoT技術とAI技術を活用したアセットソリューション事業など、「10年後の当たり前」を造るべく、お客様へ新しい価値を提供し続けています。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
SREホールディングス株式会社
ホームページ
https://sre-realestate.com/
代表者
西山 和良
資本金
182,245 万円
上場
未上場
所在地
〒107-0061 東京都港区北青山3丁目1-2 青山セント・シオンビル 2F
連絡先
0120-213-919

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所