敬愛大学が3月19日に千葉市との共催で「パラスポーツ講座」を開催 -- 座ったままで行う「シッティングバレー」を体験



敬愛大学(千葉市稲毛区/学長:三幣利夫)と、系列校の敬愛学園高等学校(千葉市稲毛区/校長:白鳥秀幸)は3月19日(火)、「パラスポーツ講座」を開催する。これは、両校の学生・生徒および教職員がパラリンピック・スポーツへ関わる機会を創出すると同時に、学生・生徒らの競技活動や学習研究活動に資するヒントを得ることを目的としたもの。当日は敬愛大学バレーボール部(女子チーム)の学生と敬愛学園高等学校女子バレーボール部の生徒らが東京パラリンピック正式種目の「シッティングバレーボール」に挑戦する。




 「シッティングバレーボール」は、戦争によって体が不自由になってしまった人々により、1956年にオランダで考案されたスポーツ。常に床に臀部の一部が接触したまま行うバレーボールで、サーブやブロック、アタックなどで立ち上がったり、飛び跳ねたりすると反則となる。1980年から男子の部がパラリンピックの正式種目として採用されており、2004年には女子の部も正式種目となった。

 今回の「パラスポーツ講座」は千葉市との共催で、一般社団法人日本パラバレーボール協会所属のスタッフおよび選手を講師として招請。敬愛大学バレーボール部と敬愛学園高等学校バレーボール部(いずれも女子チーム)が受講生となってシッティングバレーボールに挑戦する。
 当日は、競技概要と基本ルールに関する説明の後で基本動作とゲームを体験。そのほか、競技についての質疑応答が予定されている。概要は下記の通り。

◆敬愛大学パラスポーツ講座
【主 催】 千葉市、敬愛大学地域連携センター
【日 時】 3月19日(火) 10:00~12:00
【会 場】 敬愛大学稲毛キャンパス 敬愛アリーナ
【講 師】 日本パラバレーボール協会 所属スタッフおよび選手
【内 容】
 シッティングバレーボールに関する競技概要・基本ルール説明、基本動作体験、ゲーム体験、質疑応答
【参加者】
 敬愛大学バレーボール部、敬愛学園高等学校バレーボール部(いずれも女子)および関係教職員 計35名

●一般社団法人日本パラバレーボール協会
 http://www.jsva.info/

▼問い合わせ先
 敬愛大学 地域連携センター(担当:藤森)
 TEL: 043-251-6364
 E-mail: t-fujimori@u-keiai.ac.jp

▼本件に関する問い合わせ先
IR・広報室
住所:千葉市稲毛区穴川1-5-21
TEL:043-284-2335
FAX:043-284-2261


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
敬愛大学
ホームページ
http://www.u-keiai.ac.jp/
代表者
三幣 利夫
資本金
0 万円
上場
未上場
所在地
〒263-8588 千葉県千葉市稲毛区穴川1丁目5-21
連絡先
043-251-6363

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所