新日鉄住金 出雲大社 二の鳥居(勢溜大鳥居)に耐候性鋼COR-TENⓇ(コルテン)が採用

出雲大社にて実施されている平成の大遷宮の一環として、二の鳥居(勢溜大鳥居)が建て替えられました。従来の鳥居(木製:1968年4月完成)の約50年を上回る耐久性が求められる中、普通鋼に比べ4~8倍もの優れた耐候性を持つ新日鐵住金株式会社(以下、新日鉄住金)の鋼材COR-TENⓇ(コルテン)に、防食性と景観の双方を満足させる重防食塗装(橋梁C-5塗装系)を施した鳥居が施工されました。出雲大社の鳥居に新日鉄住金の鋼材が採用されるのは、三の鳥居に続き、2件目となります。

また、本年10月2日には竣功式が行われ、同式にて出雲大社より感謝状を頂きました。

(完成した二の鳥居)
(頂いた感謝状)

【出雲大社 二の鳥居(勢溜大鳥居)建て替え工事の概要】
(1)施主 : 出雲大社(島根県出雲市)
(2)施工 : 大成建設株式会社(東京都新宿区)
(3)鋼材 : 耐候性鋼COR-TENⓇ(コルテン)10トン
(4)製管 : 富田製作所(茨城県古河市)
(5)塗装 : 日鉄住金防蝕(東京都江東区)
(6)竣功 : 2018年10月

新日鉄住金の耐候性鋼COR-TENⓇ(コルテン)は、日本の風土や景観によく調和し、優れた意匠性を発揮することが評価され、近年は建築分野での使用が広がっています。


(参考1)耐候性鋼COR-TENⓇ(コルテン)に関するプレスリリース
     2012年3月9日付
     大谷美術館賞を受賞~COR-TEN(コルテン鋼)の“さ美”を活かしたアイアンハウス~
     http://www.nssmc.com/news/old_nsc/detail/index.html?rec_id=4233
(参考2)寺社仏閣に関わる施設への製品の採用に関するプレスリリース
     2017年11月9日付
     善光寺/重要文化財の経蔵の耐震補強工事においてチタン箔シートが初採用
     http://www.nssmc.com/news/20171109_100.html
     2015年3月9日付
     建築家/隈研吾氏、数寄屋大工棟梁/木下幹久氏を招いて
     フォーラム「茶室-おもてなし空間の精神-」を開催
     http://www.nssmc.com/news/20150309_200.html


お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2146
以 上

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日本製鉄株式会社
ホームページ
http://www.nipponsteel.com
代表者
橋本 英二
資本金
41,952,497 万円
上場
東証1部,名証1部,札証,福証
所在地
〒100-8071 東京都千代田区丸の内2-6-1丸の内パークビルディング
連絡先
03-6867-4111

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所