アイキャッチ性抜群で手にフィットする新形状チルド用液体紙容器『NP-PAK Rock』を新発売

  • 日本製紙株式会社
  • 日本製紙株式会社
  • 日本製紙株式会社

「2016東京国際包装展」出展、新たなチルド用液体紙容器の魅力を提案

日本製紙株式会社(代表取締役社長:馬城 文雄)は、6面体スリム形状でアイキャッチ性、ハンドフィット性を向上させた新形状のチルド用液体紙容器「NP-PAK Rock(エヌピーパック ロック)」を発売します。

従来のチルド用液体紙容器にWindow Panel(メッセージパネル)を2コーナー追加することで店頭でのアイキャッチ性を抜群に向上。製品差別化や製品価値訴求に最適な容器です。また、従来品に比べ容器本体を5mmスリム化し、左右どちらの手にもフィットする形状を実現しました。

「NP-PAK Rock」は注ぎ易さと再封性を追求するため口栓を標準仕様としています。また口栓は中蓋を無くすことで開け易くしたワンステップオープニング方式の軽量タイプを採用。容器容量は450mlと900mlの二種類をラインアップしています。

「NP-PAK Rock」は四国化工機株式会社製Fシリーズ充填機(UP-F07、UP-F14)に対応しており、新容器と従来形状容器の兼用運転や口栓有無、容量サイズが選択でき、設備投資リスクを抑えながら、お客様の製品ラインナップを広げる事が可能となります。

「NP-PAK ROCK」は、「Pure-Pak(R) Curve」、「Pure-Pak(R) Sense」とともに「2016東京国際包装展」(2016年10月4日~7日 東京ビッグサイト)に出展し、チルド用液体紙容器の更なる魅力向上をご提案してまいります。ぜひ当社ブースへ足をお運び頂き、お手に取ってご覧ください。

当社は、企業グループ理念に掲げる「人々の豊かな暮らしと文化の発展に貢献」するため、カートン、充填機、メンテナンスの三位一体のシステム販売を展開し、お客様にあった最適なサービスと新しい製品の提案を行ってまいります。


本件に関するお問い合わせ
日本製紙株式会社 紙パック事業本部
営業開発部長 伊藤 一博
(TEL 03-6665-5565)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日本製紙株式会社
ホームページ
http://www.nipponpapergroup.com/
代表者
馬城 文雄
資本金
10,487,300 万円
上場
東証1部
所在地
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6(御茶ノ水ソラシティ)
連絡先
03-6665-1111

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所