愛知大学のリリース一覧

愛知大学が入試前予約採用給付型奨学金「知を愛する奨学金」の申請を受付中 -- 2021年1月7日まで(消印有効)

愛知大学では、現在「知を愛する奨学金」の申請を受け付けている。これは、2021年4月に同大への入学を希望する東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)以外の受験生を対象とした入試前予約採用給付型の奨学金。採用されると4年間で総額200万円が支給される。申請期間は2021年1月7日(木)まで(当日消...

愛知大学の三遠南信地域連携研究センターが10月2日に第1回アシタシアサロン「縮減時代の新たな地域マネジメント」を開催 -- 内田樹氏がwith・afterコロナの地域論・教育論を語る

愛知大学三遠南信地域連携研究センター(愛知県豊橋市)は10月2日(金)に第1回アシタシアサロン「縮減時代の新たな地域マネジメント」を開催する。戸田敏行同センター長(同大学地域政策学部)によるサロン開催趣旨説明の後、「縮減時代の新たな地域マネジメント」と題し、内田樹氏(神戸女学院大学名誉教授...

愛知大学と愛知銀行が連携・協力に関する協定を締結 -- 学生が同銀行顧客企業の事業に参加

愛知大学と株式会社愛知銀行(本社:名古屋市中区)は8月31日、連携・協力に関する協定を締結した。これは、東海地方の中小ならびに中堅規模の企業や個人が抱える課題解決や地方創生の分野で相互に連携・協力することによって、地域社会への貢献を果たすとともに、連携事業を通じて同大の教育研究やすぐれた人...

愛知大学が令和2年7月豪雨災害による被災者を対象とした入学検定料減免措置を実施

愛知大学は、「令和2年7月豪雨」で被災した受験生の入学検定料を減免する。これは、受験生の学びの機会をできる限り保障することが目的のもので、対象は、令和2年度災害救助法適用市町村在住で、家屋の全壊・全焼、半壊・半焼等の被害にあった2021年度入学試験の受験生(学部・短期大学部・大学院・専門職...

愛知大学キャリア支援センターが新型コロナウイルス対応としてWEB就活面談を導入

愛知大学キャリア支援センターでは、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、濃厚接触の可能性が高いキャリアカウンセリング面談を当面の間中止。これに代わる学生の就職活動支援として、3月10日からWEB就活面談を開始した。  WEB就活面談は、グループウエアを活用してリモート面談を行うもの...

開催の延期について/愛知大学特別重点研究中間報告会「南海トラフ大地震を見すえた自然大災害と地域連携を踏まえた大学BCPの総合的研究」

愛知大学中部地方産業研究所では、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、先般ご案内いたしました2月29日(土)開催予定の特別重点研究中間報告会「南海トラフ大地震を見すえた自然大災害と地域連携を踏まえた大学BCPの総合的研究」を延期とさせていただきます。開催が決定いたしましたら改めてご案内いた...

愛知大学が2月29日に「南海トラフ大地震を見すえた自然大災害と地域連携を踏まえた大学BCPの総合的研究」中間報告会を豊橋キャンパスで開催

愛知大学中部地方産業研究所(愛知県豊橋市)は2月29日(土)、「南海トラフ大地震を見すえた自然大災害と地域連携を踏まえた大学BCPの総合的研究」中間報告会を開催。同大は2017年度から特別重点研究として、豊橋キャンパスにおけるBCP(事業継続計画)と、その際に必要な地域連携の構築を課題とし...

愛知大学の三遠南信地域連携研究センターが2月15日に「軽トラ市の未来を考える 公開シンポジウム」を開催 -- 文部科学省私立大学研究ブランディング事業

愛知大学三遠南信地域連携研究センター(愛知県豊橋市)は2月15日(土)に「軽トラ市の未来を考える 公開シンポジウム」を開催。愛知大学三遠南信地域連携研究センター長で同大学地域政策学部の戸田敏行教授による基調講演のほか、「軽自動車の未来と地域連携からみた軽トラ市」をテーマとしたパネルディスカ...

愛知大学の三遠南信地域連携研究センターが1月25日に第7回「越境地域政策研究フォーラム」を開催 -- 豊橋技術科学大学の大西隆学長が基調講演

愛知大学三遠南信地域連携研究センター(愛知県豊橋市)は1月25日(土)に「越境地域政策研究フォーラム」を開催。7回目となる今回は、豊橋技術科学大学の大西隆学長による基調講演のほか、「越境地域計画と広域連携」「越境と地域システム」「越境地域と事業協働」の3つをテーマとした分科会を実施する。こ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所