日本映画大学のリリース一覧

日本映画大学が8月15日~18日に「こども映画大学」を開催 -- 夏休みは大学生といっしょに映画づくりにチャレンジ!

日本映画大学(川崎市麻生区/学長:天願大介)は、8月15日(木)~18日(日)まで「こども映画大学~夏休み映画づくり~」を開催する。このイベントは、同大学と川崎市麻生区、イオンシネマ新百合ヶ丘との地域連携事業として共催される。同区在住・在学の小学4~6年生が同大の学生らとともにシナリオ作り...

日本映画大学が7月28日に授業公開講座第2回「映画分析論~映画の見方講座 / フィルム・スタディーズ入門~」を川崎市アートセンターで開催 ― 哲学・映画論の田辺秋守教授が講師

日本映画大学(川崎市麻生区)は7月28日(日)、川崎市アートセンター(川崎市麻生区)と協力し、同大の授業「映画分析論」を公開講座として実施する。大学で同授業を担当している田辺秋守教授(哲学・映画論)が講師を務め、「映画の見方講座 / フィルム・スタディーズ入門」をテーマとして開講。映画の魅...

日本映画大学の学生が5月10~12日まで第9回学生企画上映会「花火と爆弾」を川崎市アートセンターで開催 ― 塚本晋也監督、古居みずえ監督、大林千茱萸監督がゲストトーク

日本映画大学(川崎市麻生区)は5月10日(金)~12日(日)まで、川崎市アートセンター(川崎市麻生区)で第9回学生企画上映会「花火と爆弾」を開催する。この企画は、同大の授業「上映企画ワークショップ」の一環として学生が主体となり行うもので、今回は花火と爆弾の登場する映画を上映。同じ火薬から作...

日本映画大学が2月10日にイオンシネマ新百合ヶ丘で「第10回卒業制作上映会」を開催

日本映画大学(川崎市麻生区/学長:天願大介)は2月10日(土)、イオンシネマ新百合ヶ丘で「第10回卒業制作上映会」を開催する。当日は、ドラマ2作品・ドキュメンタリー3作品を一般の観客を迎えて発表。上映前にはスタッフによる舞台挨拶も行われる。入場無料、事前申し込み不要。  日本映画...

日本映画大学が12月15日~17日に第5回身体表現・俳優コース卒業公演「いまこそわたれわたり鳥」を開催

日本映画大学(川崎市麻生区)は12月15日(金)・16日(土)・17日(日)の3日間、第5回身体表現・俳優コース卒業公演を開催する。当日は、同コースの4年生が「いまこそわたれわたり鳥」(台本・演出:天願大介)を上演。4年間の集大成として、学んできたことを舞台の上で表現する。入場無料、事前申...

日本映画大学が8月17日~20日に「こども映画大学」を開催 -- 夏休みは大学生といっしょに映画づくりにチャレンジ!

日本映画大学(川崎市麻生区/学長:天願大介)は8月17日(木)~20日(日)まで、「こども映画大学~夏休み映画づくり~」を開催する。同大と川崎市麻生区、イオンシネマ新百合ヶ丘の地域連携事業として共催するもので、開催は4年ぶり。同区在住・在学の小学4~6年生が同大の学生らとともにシナリオ作り...

日本映画大学の学生が5月12日~14日まで第8回学生企画上映会「逃亡映画祭」を川崎市アートセンターで開催 -- ゲストトークで行定勲監督、外山文治監督、サトウトシキ教授らが登壇

日本映画大学は5月12日(金)~14日(日)まで、川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)の一環で川崎市アートセンターにおいて第8回学生企画上映会「逃亡映画祭」を開催する。これは、同大の授業「上映企画ワークショップ」の一環として行われるもので、今回はさまざまな「逃亡」をテーマとした映画...

日本映画大学が2月25日に「第9回卒業制作上映会」を開催 -- 3年ぶりにイオンシネマ新百合ヶ丘で一般公開

日本映画大学(川崎市麻生区/学長:天願大介)は2月25日(土)、イオンシネマ新百合ヶ丘で「第9回卒業制作上映会」を開催する。当日は、ドラマ3作品・ドキュメンタリー3作品を3年ぶりに一般の観客を迎えて発表。上映前にはスタッフによる舞台挨拶も行われる。入場無料、事前申し込み不要。  日...

日本映画大学が2月6日にミャンマーで拘束中の映像作家・モンティンダンさんの支援を目的とした特別上映会を開催 -- 同じく収監されていたドキュメンタリー作家の久保田徹氏とジャーナリストの北角裕樹氏が登壇

日本映画大学(川崎市麻生区)は2月6日(月)、川崎市アートセンターにおいて、「モンティンダンさん支援 特別上映会」を開催する。この上映会は、クーデターが起きたミャンマーで拘束されている映像作家・モンティンダンさんの解放を目的としたもの。日本映画学校のOBであるダンさんが監督を務めた『エイン...

日本映画大学が12月16日~18日に第4回身体表現・俳優コース卒業公演「十字路の雀 あるいは絶望の無意味」を開催

日本映画大学(川崎市麻生区)は12月16日(金)・17日(土)・18日(日)の3日間、第4回身体表現・俳優コース卒業公演を開催する。当日は、同コースの4年生が「十字路の雀 あるいは絶望の無意味」(台本・演出:天願大介)を上演。4年間の集大成として、学んできたことを舞台の上で表現する。 入場...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所