ボッシュ株式会社のリリース一覧

モバイルデバイスの精度やパフォーマンスの水準を向上させるボッシュの気圧センサー

最高の精度と低消費電力を兼ね備えたBMP581は、フィットネストラッキングや屋内での位置検出などを可能にします
卓越した精度の海抜高度トラッキングアプリケーション 低消費電力により、モバイルデバイスのバッテリーの長寿命化を実現 ボッシュ・センサーテックによる初めての静電容量式気圧センサー ボッシュ・センサーテックはBMP581を発売しました。これは最高の精度と...

自動運転:ボッシュ、買収によりSAEレベル4ソリューションの技術的取り組みを加速

マップを専門とするAtlatecの買収を計画
Atlatecは、SAEレベル3および4の自動運転機能に必要な高解像度3Dマップを提供する世界有数の革新的プロバイダー 買収により、ボッシュの製品ポートフォリオの多様性を拡充し、自動運転ソリューションに向けたあらゆる構成要素をワンストップでお客様に提供 高解像度デジタルマップは、...

ボッシュ、新研究開発施設を起点に未来のモビリティ形成を促進

横浜市都筑区に新たな研究開発施設および都筑区民文化センター(仮称)を建設
設備投資額は、1911年の日本進出以来最大となる約390億円(約3億ユーロ) 都筑区民文化センター(仮称)の建設は、グローバルにおいてもボッシュ・グループ初となる公民連携プロジェクト 2024年度9月竣工予定 本社を新社屋に移転 ボッシュ・グループのアジア太平洋地域拠点初...

ボッシュ2021年度暫定決算:予想を上回る売上高とEBITを計上

クライメートアクションが成長の原動力に
2021年の売上高は2019年の水準を超える788億ユーロ、支払金利前税引前利益(EBIT)は32億ユーロに到達 ロバート・ボッシュGmbH取締役会会長のシュテファン・ハルトゥング:「クライメートアクションが私たちの事業を推進しています – 私たちは有利な立場にいます」 ...

自動運転:ボッシュ、フォルクスワーゲングループの子会社Cariadと包括的なパートナーシップ契約に合意

エンジニアリング業務の提携により、あらゆる車両クラスへの自動運転技術の実装を加速
安全でストレスのない、自然なドライビング体験:世界最大級の車両フリート向けにハンズオフ機能を開発 専門知識を強化:Cariadとボッシュの1,000人以上のエキスパートがエンジニアリング業務で協力 現在と未来のためのソリューション:SAEレベル3までの自動運転の基礎となるエンジニ...

ソフトウェアを中核に: ロバート・ボッシュ・エンジニアリング・アンド・ビジネスソリューションズと関連組織、名称を「ボッシュグローバルソフトウェアテクノロジーズ」に変更

革新技術を生み出すプラットフォームを構築し、新時代のテクノロジーの研究開発を促進 渋谷(東京):インドに本社を置くロバート・ボッシュ・エンジニアリング・アンド・ビジネスソリューション(RBEI:Robert Bosch Engineering and Business Solu...

CES 2022:人々の生活の質の向上とさらなるクライメートアクションのためにーネットワーク化されたスマートソリューションがボッシュの成長を推進

ボッシュのあらゆる種類の製品がネットワーク接続可能に
スマートホーム:ネットワーク接続可能なデバイスの売上が50%増加 スマートカー:ボッシュはソフトウェアが主役となる未来のモビリティを形成 AI(人工知能):センサーが森林火災の早期警告や、医療診断を支援 Bosch Tech Compass:大半の調査回答者はテクノロジーをよ...

CES 2022:ボッシュ、日常生活を安全、便利かつサステイナブルなものにするスマートテクノロジーを展示

ボッシュのブース:Central Hall、#16103
革新的:スマートなネットワーク化されたeBike向けソリューションがCES® 2022 イノベーションアワードを受賞 ボッシュShow car:現在および将来のモビリティに向けたソフトウェア定義のコネクテッドカーを披露 宇宙へ:ISSに搭載されるボッシュのテクノロジーが音...

ボッシュ、汎用車載ソフトウェアの開発を集約

車載オペレーティングシステムにおける主導的地位を目指す
ロバート・ボッシュGmbH取締役会メンバーのシュテファン・ハルトゥング:「ソフトウェア開発は、ボッシュの長年にわたるコアコンピタンスです。毎年、独自のソフトウェアを組み込んだ2億個以上のコントロールユニットを世界中の車両に搭載しています」 アプリケーションに依存しない乗用車やクラウド...

航続距離の延長に向けて:ボッシュ、SiC(炭化ケイ素)チップの量産を開始

ロバート・ボッシュGmbH取締役会メンバーのハラルド・クローガー:「eモビリティ向けSiCチップの生産で世界をリードすることを目指しています」 SiC半導体により、電気自動車の航続距離の延長や充電の高速化が可能に 量産開始は2021年12月を予定。ボッシュは2021年初めから、顧...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所