日本テキサス・インスツルメンツ合同会社のリリース一覧

日本TI、車載インフォテインメントのオーディオ・アンプに関する技術記事を公開

日本テキサス・インスツルメンツは、このたび「車載インフォテインメント・システムにクラスDオーディオ・アンプを使用する理由」に関する新しい技術記事を公開しました。ミドルクラス車やエントリーモデル車を買い求める消費者が増えている中で、現在の車の内部でナビゲーション、音楽やラジオ、ストリ...

日本TI、20mm²未満のフットプリントで基板面積の縮小に役立ち、さまざまな場面に適応する最大2.5Aの新型昇降圧コンバータ・ファミリを発表

TIの高効率・低静止電流コンバータにより、バッテリ駆動アプリケーションの稼働時間を延長
   日本テキサス・インスツルメンツは、高効率・低静止電流(IQ)の4タイプの昇降圧コンバータ・ファミリを発表しました。このファミリはパッケージが小さく外付け部品も最小限で済むため、小型のソリューションに対応できます。統合型DC/DC非反転昇降圧コンバータ『TPS63802』、『TPS638...

日本TI、デジタル・コックピットに関する技術記事を公開

日本テキサス・インスツルメンツは、このたび「集中型インフォテインメント・システムでデジタル・コックピットを実現」に関する新しい技術記事を公開しました。自動車の技術は、絶え間ない顧客ニーズの高まりに対応することで形成されてきました。自動車メーカーは、長年にわたり、新しい設計方法を導入し、...

日本TI、電力要件の厳しい産業用およびパーソナル・エレクトロニクスにおいてバッテリ寿命が倍増する、業界トップクラスの低静止電流、超小型LDOリニア・レギュレータを発表

超低静止電流と高速過渡応答をあわせ持つ新しいLDOリニア・レギュレータにより、システムの性能向上と耐用年数の延長を実現し、サイズとのトレードオフの考慮が不要に
 日本テキサス・インスツルメンツは、非常に低い静止電流(IQ)を誇る超低消費電力の低ドロップアウト(LDO)リニア電圧レギュレータを発表しました。このレギュレータの静止電流は25nA未満と業界随一の低さであり、競合する超小型製品と比較して1/10となっています。新製品のLDOリニア・レギュレー...

日本TI、コネクテッド・カーに関する技術記事を公開

日本テキサス・インスツルメンツは、このたび「コネクテッド・カーに関するよくある3つの質問」に関する新しい技術記事を公開しました。コネクテッド・カーによる走行は、試験的には行われているものの、実用化にはまだ時間がかかると思われます。将来、自動車は運転者、他の車、道路などの周辺インフラ、歩行者、ク...

日本TI、業界最小の終端電流によりバッテリ容量の増加や寿命の延長を実現する新型チャージャICを発表

TIの3-in-1 昇圧型スイッチング・コンバータが、小型の医療用やパーソナル・エレクトロニクスのアプリケーションで業界最小の静止電流を実現
日本テキサス・インスツルメンツは、20mAの低終端電流をサポートするバッテリ・チャージャ・スイッチングICを発表しました。新製品の『BQ25619』は、終端電流が通常60mA以上である競合製品と比較して、バッテリ容量と動作時間をそれぞれ7パーセント向上させます。『BQ25619』チャージャIC...

日本TI、ロボットのための超音波式検出に関する技術記事を公開

日本テキサス・インスツルメンツは、このたび「洗練されたロボットのための超音波式検出の利用」に関する新しい技術記事を公開しました。現在、人間が行っている作業の多くをロボットが行うようになる日は、遠い先のことではありません。私たちはすでに、ロボット掃除機に部屋の掃除をさせたり、ロボット芝刈...

日本TI、カー・アクセス・システムであるPEPS技術に関する技術記事を公開

日本テキサス・インスツルメンツは、このたび「カー・アクセス・システムの進化を切り拓くPEPS技術」に関する新しい技術記事を公開しました。他の用途で幅広く使用されている技術を設計エンジニアが活用することにより、カー・アクセスはさらに利便性の高いものとなっています。自動車業界は、車両のロッ...

日本TI、生産性向上につながるスマート・ファクトリのトレンドに関する技術記事を公開

日本テキサス・インスツルメンツは、このたび「生産性向上につながるスマート・ファクトリの3つのトレンド」に関する新しい技術記事を公開しました。生産現場のシステムがダウンした場合、一部の自動車メーカーでは、非稼働の間1分当たりおよそ22,000ドルも浪費していることになります。このよう...

日本TI、IoT設計でのバッテリ寿命の延長を可能にする、業界最小の低静止電流、新型電源スイッチング・レギュレータを発表

静止電流が60nAと低い降圧型コンバータにより、バッテリを動力とする多様な産業用およびパーソナル・エレクトロニクス・アプリケーションにおいて、効率の向上とソリューション・サイズの縮小を実現
日本テキサス・インスツルメンツは、非常に低い動作時静止電流(IQ)を誇る超低電力スイッチング・レギュレータを発表しました。このレギュレータの静止電流は60nAと業界で最も低く、類似の競合製品と比較して1/3となっています。同期降圧型コンバータ『TPS62840』は、軽負荷効率が1µ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所