日本TI、イーサネットによるVienna整流器の制御とモニタリングに関する最新技術記事を公開


日本テキサス・インスツルメンツは、このたび、新しい技術記事「C2000マイコン・ファミリの最新デバイスを使用した、イーサネットによるVienna整流器の制御とモニタリング」を公開しました。自動車メーカーは電気自動車(EV)に多額の投資を始めていますが、最近発表されたレポートによると、EV市場は2019年の300万台から2030年までに2,700万台へと拡大すると予想されています。これは、21.1%の年平均成長率に当たります。このようなEV市場の成長に伴い、EV用の公共充電オプションの需要も急激に増大するでしょう。
EV充電ステーションは、電気自動車給電機器(EVSE)に関して3つのレベルに分類することができます。図1に、この3種類のEVSEの相違点を示します。
図1:EV充電器の分類

レベル3のEVSE(DC急速チャージャ)は、レベル1、2とは異なり、ACからDCへの電力変換が充電ステーションで行われます。そのため、高電圧のDC電力をバッテリに供給することが可能になり、充電時間が短縮されます。このDC急速チャージャの高電力レベルをサポートするため、AC/DC整流器には3相AC入力PFC(力率補正)段が使用されます。Vienna整流器は、その3レベルのスイッチング実装、効率の高さ、入力電流の高調波の低さ、部品にかかる電圧ストレスの抑制、および電力密度の高さから、この段のトポロジに望ましい製品です。この記事では、C2000マイコンを使用した、イーサネットによるVienna整流器の制御とモニタリングについて解説します。
TIのVienna整流器をベースとした3相力率補正(PFC)のリファレンス・デザインでは、新しいC2000 F2838xマイコンを使用します。C2000製品ポートフォリオに新たに加わったF2838xファミリは、クリティカルな通信タスクの負担を軽減する機能を持つ接続マネージャを備え、システムの性能向上に役立ちます。図2は、F2838xファミリの構成図です。


図2:『TMS320F28388D』の構成図

この新しい接続マネージャのサブシステムは、Arm®Cortex®-M4 CPUを基盤としています。統合されたアナログ/デジタルの周辺機能の他に、EtherCAT、イーサネット、CAN-FD(Controller Area Network with Flexible Data Rate)、AES(Advanced Encryption Standard)といった先進的な通信プロトコルが利用できるので、リアルタイム制御と通信アーキテクチャを統合した設計が可能になり、マルチコントローラ・システムでの要件が軽減されます。
図3は、C2000 デバイスを使用し、イーサネットによる開始/終了制御機能とパラメータ(電圧、電流、電力)モニタリング機能を組み合わせて、Vienna整流器ベースの3相PFCコンバータを包括的にデジタル制御できるよう実装した図です。
 
※すべての登録商標および商標はそれぞれの所有者に帰属します。

全文はこちらからご覧ください。
URL:https://e2e.ti.com/blogs_/japan/b/industrial/archive/2019/11/27/ethernet_2d00_based-control-and-monitoring-of-vienna-rectifiers-using-the-latest-addition-to-the-c2000-mcu-family?HQS=epd-mcu-c2x-F2838x_Nov-pr-lp-digitalpr-jp
 
テキサス・インスツルメンツおよび日本テキサス・インスツルメンツについて

コネクテッド・カーおよびインテリジェントホームから自己測定医療機器や自動化工場まで、テキサス・インスツルメンツ(本社:米国テキサス州ダラス、会長、社長兼CEO:リッチ・テンプルトン、略称:TI)の製品は、あらゆる種類のエレクトロニクス・システムに活用されています。TIは、30か国以上で事業を展開し、アナログICおよび組込みプロセッサの設計、製造、検証および販売を行っています。世界中で約3万人の当社の従業員は、誠実、革新、コミットメントをコア・バリューとし、テクノロジーの未来を形作るため日々の業務に取り組んでいます。当社の情報はホームページ(http://www.ti.com/ )をご参照ください。

日本テキサス・インスツルメンツ(本社:東京都新宿区、社長:サミュエル・ヴィーカリ、略称:日本TI)は、テキサス・インスツルメンツの子会社で日本市場における外資系半導体サプライヤです。当社に関する詳細はホームページ(http://www.tij.co.jp )をご参照ください。

本件に関するお問合わせ先
Mail:Pr_ti@allisonpr.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日本テキサス・インスツルメンツ合同会社
ホームページ
http://www.tij.co.jp/
代表者
グレッグ ハンタック
資本金
50,000 万円
上場
未上場
所在地
〒160-8366 東京都新宿区西新宿6丁目24-1西新宿三井ビルディング
連絡先
03-4331-2000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所