大阪成蹊大学のリリース一覧

大阪成蹊大学 芸術学部 造形芸術学科が大阪府島本町と課題解決型学修(記念グッズの開発・デザイン)を実施

(産官学連携)記念グッズやポスターデザインなど多数が、今秋より実採用されることになりました。 【本件の概要】  大阪成蹊大学(大阪市東淀川区/学長:武蔵野實)芸術学部 造形芸術学科の学生40名が、大阪府三島郡島本町(島本町長:山田紘平)から提示された「島本町のにぎわいづくり」の課題...

前公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)チェアマンの大河正明氏がびわこ成蹊スポーツ大学副学長ならびに、大阪成蹊大学 スポーツイノベーション研究所所長に就任(2020年7月1日付)

2020年7月1日付で、前公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)チェアマンである大河正明氏が、学校法人大阪成蹊学園 びわこ成蹊スポーツ大学副学長ならびに、大阪成蹊大学スポーツイノベーション研究所所長に就任いたします。 【本件の概要】 ...

学校法人 大阪成蹊学園の奨学金等学生支援策

学校法人 大阪成蹊学園 (大阪市東淀川区/理事長・総長 石井茂)では、新型コロナウイルス感染症が拡大するなか、大阪成蹊学園の設置する各校では、5月11日以降も遠隔授業を実施することとし、従来の対面での授業と同等の教育水準を保ち、従来以上にきめの細かな学修指導・学生支援ができるように、以下の...

大阪成蹊大学・大阪成蹊短期大学と大阪府 豊能郡 豊能町が連携協力に関する協定を締結しました

大阪成蹊大学・大阪成蹊短期大学は、地域の課題解決に挑戦するPBL(課題解決型学修)をさらに推進します。 2020年2月13日(木)、大阪成蹊大学・大阪成蹊短期大学は、大阪府豊能郡豊能町と、地域社会の持続的な発展に資することを目的に、お互いの協力事項に関する協定の締結式を行いました。...

公開講座「未来展望セミナー2020」を開講します

大阪成蹊大学(大阪市東淀川区/学長:武蔵野實)では、一般の方を対象とした公開講座を、各界を代表する著名な先生方をお招きし、2020年5月より全8回にわたり開講いたします。 【後援】日本経済新聞社 【協賛】ニッセイ基礎研究所、りそな総合研究所 <本件の概要>  大阪成蹊大学(大阪市東...

大阪成蹊大学・大阪成蹊短期大学と大阪市東成区が連携協力に関する協定を締結

令和元年11月29日(金)、大阪成蹊大学・大阪成蹊短期大学は、大阪市東成区と、まちづくり、コミュニティ育成、市民協働、文化、教育、芸術、環境などの分野において、それぞれの活動の充実を図るとともに、地域社会の持続的な発展に資することを目的にお互いの協力事項に関する協定の締結式を行いました。 ...

日本財団「海と日本プロジェクト」の一環、「灯台を巡ろう!」キャンペーンで大阪成蹊大学 芸術学部制作の絵葉書が記念品に採用

全国灯台文化価値創造プロジェクト事務局が行う「灯台を巡ろう!」キャンペーンにおいて、大阪成蹊大学芸術学部の糸曽賢志学部長および学生が51の灯台を描いた絵葉書が、それぞれの灯台を訪れた人への記念品として活用されています。  全国灯台文化価値創造プロジェクト事務局が、日本財団「海と日本...

青山聖佳選手が日本代表選手として「第17回世界陸上競技選手権大会」に出場

大阪成蹊大学卒業生(元女子陸上競技部)で、現在大阪成蹊大学の職員である青山聖佳選手(大阪成蹊AC)が、男女混合4×400mリレーの代表選手に選出されました。 青山選手は、2019年9月27日~10月6日にカタール・ドーハで開催される「第17回世界陸上競技選手権大会」に出場します。 ...

「第10回WBTFインターナショナルカップ」バトントワーリング部の廣瀬愛選手が金メダル

2019年8月5日(月)~11日(日)フランス・リモージュで開催された「第10回WBTFインターナショナルカップ」および「2019年IBTFグランプリ大会」に、大阪成蹊大学バトントワーリング部の高橋一生選手(4年)、廣瀬愛選手(3年)、卒業生の木下水希選手の3名が日本代表として出場し、廣瀬...

U-20フットサル日本代表がアジア選手権で初優勝!大阪成蹊大学の橋本澪良選手が活躍

大阪成蹊大学フットサル部1年の橋本澪良(はしもと れいら)選手が日本代表メンバーとして出場した「U-20アジアフットサル選手権(開催地:イラン)」で、日本代表が大会初優勝を果たしました。 今回、日本代表メンバーにはFリーグ所属の選手が多く名を連ねる中、大学チーム所属の選手は2名。橋本選手は...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所