FIA World Bajas Cupに「OPEN COUNTRY」装着車両で参戦

TOYO TIRE株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:清水隆史)は、オフロードラリーシリーズFIA World Bajas Cupの第2戦「Baja Greece(バハ ギリシャ)※1」と第6戦「Qatar International Baja(カタール インターナショナル バハ)※2」において、当社製SUV用タイヤブランド「OPEN COUNTRY」シリーズのアンバサダーである三浦昂選手をドライバーとして起用し、本シリーズへ参戦しますのでお知らせいたします。
※1:5月22日(水)~25日(土)開催
※2:10月31日(木)~11月2日(土)開催


(「OPEN COUNTRY」シリーズのアンバサダー、三浦昂選手)(参戦予定車両:Overdrive Racing製 トヨタ ハイラックス)
   
FIA World Bajas Cupは、2月から11月にかけて年間8回にわたりヨーロッパと中東を中心に開催されている、オフロードラリーのシリーズ戦です。本シリーズは、オフロードラリーに必要なテクニックの研鑽や経験を積むことができる機会として、ダカールラリーなど世界的に過酷なレースに出場している選手らが多数参戦しています。
当社は今回、ダカールラリーで数々の実績を誇るレーシングチーム「Overdrive Racing※3」協力のもと、同Cup第2戦Baja Greeceと第6戦Qatar International Baja(いずれも最上位のULTIMATEクラス)に三浦昂選手がハンドルを握るトヨタ「ハイラックス」で参戦します。両戦とも、ダカールラリー最上位クラスへの参戦をめざして特別にチューンアップした「OPEN COUNTRY M/T-R」を装着し、得られたデータは悪路走破性、耐外傷性のさらなる向上に活用し、世界で最も過酷なレースの一つとして知られるダカールラリーの装着タイヤ開発に生かしてまいります。
※3:ベルギーを拠点とする強豪レーシングチーム。競技車両の制作も手掛けており、ダカールラリー2022、2023では、サポートチームの最上位クラスにおける総合優勝へ貢献した。

当社グループは、中期経営計画「中計’21」において、OPEN COUNTRYシリーズをはじめとする独自のデザイン性や機能性を有する商品の開発を強化しています。今後もレースを通じて得た知見を商品開発に生かし、より高性能・高品質で魅力的な製品をグローバルにお届けしてまいります。 

(ご参考)

■三浦昂(みうらあきら)選手
チームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)に所属する、ラリードライバー。2005年にTLCを運営するトヨタ車体株式会社に社員として入社。翌年、社内公募での立候補を経て、ナビゲーターとしてTLCに参加、ダカールラリーに初参戦。2016年大会からドライバーに転向し、ダカールラリー2018、2021、2022、2024において4回のクラス優勝を飾る。オフロードラリーにおける豊富な経験・知識を評価され、トヨタランドクルーザー300シリーズ、250シリーズの開発にも携わるなど、幅広いフィールドで活躍している。2023年3月よりOPEN COUNTRYブランドアンバサダーに就任。


■OPEN COUNTRYシリーズ
OPEN COUNTRYシリーズはSUVをターゲットとした当社の主力ブランドです。当社は国際的なレースにて、OPEN COUNTRYを装着した車両で数々の優秀な成績を修め、耐久性能や耐外傷性を高い次元で磨いてきました。特に大型SUV車両が抜きんでて普及している北米では、それらの高い基本性能とアグレッシブなパターンデザインが高く評価されています。
また、国内ではタイヤ側面の商品名とブランドロゴを白文字で立体的に表記したホワイトレターの商品も展開しています。
詳しい商品情報はこちらをご覧ください。
https://www.toyotires.jp/product/oc/





以 上
本件に関するお問合わせ先
TOYO TIRE株式会社 コーポレートコミュニケーション部
 〒664-0847 兵庫県伊丹市藤ノ木2-2-13
  TEL: 072-789-9110
  FAX: 072-773-3272
  URL:https://www.toyotires.co.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
TOYO TIRE株式会社
ホームページ
https://www.toyotires.co.jp/
代表者
清水 隆史
資本金
5,593,500 万円
上場
東証プライム
所在地
〒664-0847 兵庫県伊丹市藤ノ木2丁目2番13号
連絡先
072-789-9100