freee、プロダクト開発の基盤「統合flow」を発表  統合体験を更に強化し、スモールビジネス経営の“3つの分断”を解決


 フリー株式会社(以下「freee」)は、2024年5月14日に開催した国内最大級のバックオフィスの祭典「freee TOGO world 2024」にて、スモールビジネス経営における3つの分断を解決するための「統合flow」を発表しました。
「統合flow」とは、freeeの製品を開発していく基盤であり、創業時から継続してきた設計思想を組み合わせたフレームワークの総称です。freeeが提供するプロダクトの共通の基盤として「統合flow」のもとに開発を進め、高いレベルの統合体験をスピード感をもってより多くの領域に提供できることを可能にしていきます。
■創業時からfreeeが重要視してきた「統合」
freeeはこれまで会計・人事労務・販売管理など、スモールビジネスの経営に必要なプロダクトを開発し、急速に領域を拡大してきました。2012年の創業から今まで、プロダクトを開発する時に最も重要視していることは「統合」です。どのデータと統合しているか、プロダクト間でどのように統合がされるか…等、常に「統合」という顧客体験を意識しながら開発・設計をしてきました。

■スモールビジネスの経営を悩ませる”3つの分断”
スモールビジネスの経営課題に向き合い続けていく中で、大きな3つの分断として課題を捉えました。

①業務の分断
異なるバックオフィスツールを複数導入することで、入力・転記・インポート・エクスポートなどの必要性が生じます。分断による作業量の増加に加え、入力漏れ・転記ミス等が起こります。
また、複数のクラウドサービスのアカウントの管理などが煩雑になるという課題もあります。

②コミュニケーションの分断
日々バックオフィスツールに触れる管理部門とは異なり、使い慣れない従業員にとってバックオフィスツールはストレスとなり、管理部門への問い合わせ増加へ繋がります。また、年末調整の提出や毎月の支払依頼など、管理部門から従業員に対する作業依頼が忘れられてしまい、催促や確認の連絡で業務がひっ迫してしまうことも多くあります。

③データの分断
バックオフィスツールの中には、従業員情報や取引先情報などさまざまなデータが入っています。バックオフィスツールを複数導入している場合、それぞれデータ更新が必要になるため煩雑になり、どのツールに最新の情報が入っているのかわからなくなることもあります。また、数字の変化に気づいた際に原因を調べるために遡りたくても、データが分断されていることで調査に時間がかかり時間的コストがかかってしまう原因になっています。
■「統合flow」により実現すること
「統合flow」は、スモールビジネス経営を悩ませる3つの分断を解決することを特徴としています。Work flow、Communication flow、Data flowの3つのflowから成り立っており、これらを開発設計時から重要視することで、スモールビジネスの課題に寄り添ったスピーディーな開発と、freeeにしかできない唯一無二の価値と顧客体験を届けていきます。

①業務の分断を解決する「Work flow」
あらゆる業務が統合され、一貫したデータで業務を自動化します。OCR・金融機関連携・API連携等により入力のミスを削減します。

②コミュニケーションの分断を解決する「Communication flow」
管理部門に限らず、freeeのプロダクトに触れる全従業員が共通したデザインで操作できることを可能にします。管理部門から従業員への催促を無くし、結果的に適時にデータが自動で揃う設計を目指します。

③データの分断を解消する「Data flow」
1つのデータベースの中にデータが集約され、常に最新のマスターデータを確認することが可能です。一貫した軸を付与して横断的に分析し、レポートから差異が生じる理由を遡っての分析を実現します。リアルタイムにデータを自動で取り込む仕組みとあわせて、本来経営者が把握すべき数字が自然と見えることを目指します。
■大盛況に終わった国内最大級のバックオフィスの祭典「freee TOGO world 2024」
freeeのプロダクトを実際にご利用いただいているユーザーの皆様によるセッションや、freeeが提供するすべてのプロダクトの説明が聞けるブースなど、さまざまなコンテンツを通じて「統合」を体感できるfreee TOGO world 2024は大変多くの方にご来場いただきました。これからも常に顧客視点に立ち、スモールビジネスの経営に必要な存在として開発に努めてまいります。

■フリー株式会社 概要
会社名  フリー株式会社
代表者  CEO 佐々木大輔
設立   2012年7月9日
所在地  〒141-0032 東京都品川区大崎1-2-2アートヴィレッジ大崎セントラルタワー 21階
https://corp.freee.co.jp/
<経営者から担当者にまで役立つバックオフィス基礎知識>:https://www.freee.co.jp/kb/
<フリー株式会社 採用サイト>:https://jobs.freee.co.jp/

freeeは「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションのもと、だれもが自由に経営できる統合型経営プラットフォームを実現します。日本発のSaaS型クラウドサービスとして、パートナーや金融機関と連携することでオープンなプラットフォームを構築し、「マジ価値」を提供し続けます。
本件に関するお問合わせ先
フリー株式会社 広報 (PR) 土島あずさ
https://user.pr-automation.jp/pr-automation/coverage_request.php?key=v-ZtgL-Nn0M2xHrGUCK8xw%3D%3D
※その他の皆様からのお問合せは下記フォームよりお問い合わせください
https://freee.my.site.com/HelpCenter/s

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
フリー株式会社
ホームページ
https://corp.freee.co.jp/
代表者
佐々木 大輔
資本金
2,564,000 万円
上場
東証グロース
所在地
〒141-0032 東京都品川区大崎1-2-2アートヴィレッジ大崎セントラルタワー 21階