世界の医療団は、ガザの事務所が破壊されたことを強く非難します

人道支援団体の事務所の破壊は、国際人道法に対する重大な違反です

世界の医療団は、ガザ市の事務所が意図的に破壊されたことを強く非難します。建物が破壊されたとき、スタッフや市民は中にいませんでした。数日前に行われたこの攻撃は、ガザ地区で日常的に行われている国際人道法に対する重大な違反のさらなる事例です。
現地にいる世界の医療団のチームから提供された情報によると、ガザ市のアル・リマル地区にある事務所は、数日前に意図的に破壊されました。攻撃の警告を受けることはありませんでした。事務所が人道支援団体のものであることは明らかであり、建物が標的にならないように建物の住所はNGOとの調整を担当するイスラエルの機関と共有されていたにもかかわらず、です。

ここ数週間、世界の医療団のメンバーとその家族は、建物内に避難していました。事務所のキャビネットに身を潜ませ、狙撃を恐れて外に出ることはありませんでした。周囲の建物が爆破され、多くの市民が殺害されました。2月3日、兵士たちは世界の医療団の事務所に入り、老人、女性、子供たちを連行しました。男性は全員、裸で出てくるよう強制され、非常に卑劣で屈辱的なやり方で連行されました。

世界の医療団はその後、建物が故意に破壊されたことを明確に示す衝撃的な画像を受け取るまで、事務所の状態を全く把握できていませんでした。「国際人道法の明白な違反と思われる行為に、私たちは再び憤りを感じています。私たちの事務所が破壊されたことは、ガザに安全な場所などどこにもないことのさらなる証拠です。NGOの建物は取り壊され、人道支援は不十分で、市民が毎日亡くなり続けています。NGOのインフラの破壊は、人道支援の実施を制限したり妨げたりすることになります。」と、世界の医療団の国際事業ディレクター、ヘレナ・ランシャルは非難しています。

11月5日、世界の医療団の救急医師とその家族数名が、ガザ市の彼の自宅が爆撃を受けた際に死亡しました(https://www.mdm.or.jp/news/26777/)。

世界の医療団は繰り返し即時停戦を求めます。これは、現在の人道的惨事を終わらせ、市民、医療スタッフ、施設を守る唯一の方法なのです。

本件に関するお問合わせ先
世界の医療団  特定非営利活動法人 メドゥサン・デュ・モンド・ジャポン(認定NPO法人)
東京都港区東麻布2-6-10麻布善波ビル2F
TEL: 03-3585-6436 広報担当 糟谷
(リモートワークをしている場合がありますので、メールをご利用ください)
Email: communications@mdm.or.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
世界の医療団
ホームページ
http://www.mdm.or.jp/
代表者
オスタン ガエル
上場
非上場
所在地
〒106-0044 東京都港区東麻布2-6-10麻布善波ビル2F
連絡先
03-3585-6436