近畿大学水産研究所公開講座「お魚のビジネス」を開催 水産研究所の歩みを研究とビジネスの両面から紹介



近畿大学水産研究所(和歌山県白浜町)は、令和5年(2023年)12月9日(土)、和歌山県立情報交流センターBig・U(和歌山県田辺市)にて公開講座を開催します。「お魚のビジネス」をテーマに、株式会社さかなプロダクション(東京都千代田区)代表取締役・東京海洋大学講師 ながさき一生氏と、近畿大学水産研究所白浜実験場長 教授 家戸敬太郎による講演を行います。




【本件のポイント】
●近畿大学水産研究所が「お魚のビジネス」をテーマに2つの講演を実施
●水産研究所のこれまでの歩みについて、研究とビジネスの両面から紹介
●公開講座を通して、一般の方にも養殖魚に対する理解を深めてもらう

【本件の内容】
近畿大学水産研究所は、基礎的研究に加えて、実際に魚類を飼育しながら種苗生産、交雑、選抜、代替タンパク源開発といった応用研究にも取り組んでいます。水産研究所としての教育・研究活動に関する取り組みを一般の方にもわかりやすく伝え、養殖魚に対する理解を深めていただくことを目的として、平成25年(2013年)から公開講座を開催してきました。コロナ禍により、令和3年(2021年)、令和4年(2022年)はオンラインで開催しましたが、今年度はオンラインに併せて、4年ぶりに対面で開催します。
今回は、「お魚のビジネス」をテーマに、2つの講演を実施します。講演(1)では「『世界の教養になる魚文化』と魚ビジネス」と題し、株式会社さかなプロダクション代表取締役・東京海洋大学講師 ながさき一生氏に講演していただきます。講演(2)では「近畿大学水産研究所の歩みと養殖ビジネス」と題し、水産研究所白浜実験場長 教授 家戸敬太郎が講演します。

【開催概要】
日時  :令和5年(2023年)12月9日(土)13:30~16:00(受付開始13:00)
場所  :和歌山県立情報交流センターBig・U
     (和歌山県田辺市新庄町3353-9、
      「南和歌山医療センター前バス停」)から徒歩約9分)
実施方法:対面およびオンライン
     ※ オンラインは申込後、参加用URLをメールにて送付。
対象  :一般の方
     (会場定員100人、オンライン定員なし、参加無料、要事前申込)
申込方法:下記フォームより申し込み
     https://kindai.telewaka.tv/
申込締切:当日まで申込可能。
     対面受講は先着順に受付、定員になり次第締め切り。
お問合せ:近畿大学水産研究所白浜実験場 公開講座係
     TEL(0739)42-2625 FAX(0739)42-2634
     E-mail:ari@itp.kindai.ac.jp

【プログラム】
13:30~13:40 開会挨拶 水産研究所 所長 特任教授 升間主計
13:40~14:40 講演(1)「『世界の教養になる魚文化』と魚ビジネス」
14:50~15:50 講演(2)「近畿大学水産研究所の歩みと養殖ビジネス」
15:50~16:00 閉会挨拶

【講演の内容】
講演(1)「『世界の教養になる魚文化』と魚ビジネス」
講師:株式会社さかなプロダクション 代表取締役 ながさき一生氏
内容:日本での"魚離れ"とは対照的に、世界で伸び続ける魚の消費。健康に良く美味しい食材として注目され、魚文化は「教養」としても注目されています。そんな今だからこそ知っておきたい魚の教養を交えつつ、養殖も含めたこれからの魚ビジネスに必要な事柄をお話します。

講演(2)「近畿大学水産研究所の歩みと養殖ビジネス」
講師:近畿大学水産研究所白浜実験場長 教授 家戸敬太郎
内容:創設75周年を迎えた近畿大学水産研究所が養殖産業に貢献してきたこれまでの研究活動の歩みと、養殖魚の出荷だけでなく養殖に用いられる稚魚(種苗)の量産と販売、大阪・東京でのレストラン開業など、養殖に関係するビジネス展開について紹介します。

【講師プロフィール】
ながさき一生(ながさきいっき)氏
所属  :株式会社さかなプロダクション 代表取締役
     東京海洋大学 講師
学位  :修士(海洋科学)
専門分野:水産経済学
著書  :『五種盛りより三種盛りを頼め 外食で美味くて安全な魚を食べる方法』(秀和システム)
『魚ビジネス 食べるのが好きな人から専門家まで楽しく読める本』(クロスメディア・パブリッシング)
平成19年(2007年)に東京海洋大学を卒業後、築地市場の卸売企業に就職。その後、東京海洋大学大学院で魚のブランドや知的財産の研究を行い、平成22年(2010年)に修士課程を修了。平成18年(2006年)からは、ゆるい魚好きの集まり「さかなの会」を主宰し、「さかなを捌きまくる会」などの魚に関するイベントをこなす中で、メディアにも多数取り上げられる。平成29年(2017年)に「さかなプロダクション」を創業し独立。食としての魚を分かりやすく解説する中で、ふるさと納税のコンテンツ監修やドラマ「ファーストペンギン!」の漁業監修を手掛ける。

家戸敬太郎(かとけいたろう)
所属  :近畿大学水産研究所白浜実験場長 教授
学位  :博士(農学)
専門分野:水産増殖学
研究内容:海水魚の養殖および種苗生産に関係するさまざまな実用的な研究を、遺伝子解析などの手法を用いて行っています。

【関連リンク】
水産研究所 教授 家戸敬太郎(カトケイタロウ)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/180-kato-keitarou.html

近畿大学水産研究所
https://www.flku.jp/

▼本件に関する問い合わせ先
広報室
住所:〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL:06‐4307‐3007
FAX:06‐6727‐5288
メール:koho@kindai.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
近畿大学
ホームページ
http://www.kindai.ac.jp/
代表者
細井 美彦
上場
非上場
所在地
〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3丁目4-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所