アルプスアルパインが光学ズームの高機能化に対応、スマートフォン向けピエゾ方式アクチュエータのバラエティを追加

新方式アクチュエータの開発およびサンプル対応を開始

本日15時に下記内容のプレスリリースを発表します。​詳細は添付をご確認ください。​

アルプスアルパイン株式会社(TOKYO 6770、代表取締役 社長執行役員:栗山 年弘、本社:東京都大田区、以下「アルプスアルパイン」)は、スマートフォン向けアクチュエータのバラエティとしてピエゾ方式アクチュエータの開発およびサンプル対応を開始しました。

【背景】
アルプスアルパインは、スマートフォンのカメラに対する光学ズームの高機能化に伴い、スマートフォン向けアクチュエータの更なる売上拡大へつなげるために、従来のVCM方式、先に発表したSMA(Shaped Memory Alloy)方式に加えて、ピエゾ方式アクチュエータの開発およびサンプル対応を開始し、アクチュエータのバラエティの拡充を行います。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
アルプスアルパイン株式会社
ホームページ
https://www.alpsalpine.com
代表者
栗山 年弘
資本金
3,873,000 万円
上場
(旧)東証1部
所在地
〒145-8501 東京都大田区雪谷大塚町1-7アルプスアルパインビルディング
連絡先
03-3726-1211

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所