アルプスアルパイン・NTTデータ・ゼンリンが交通や地域社会課題の解決に向けて協業

2023年4月より、沖縄県にてドライブレコーダーを活用した実証実験を実施

 本日14時に下記内容のプレスリリースを発表します。​詳細は添付をご確認ください。​

 アルプスアルパイン株式会社(以下、アルプスアルパイン)、株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)、株式会社ゼンリン(以下、ゼンリン)の3社は、モビリティデータを活用し、全国の交通課題をはじめ、地域・社会課題の解決に向けた協業を開始します。

 2023年4月より沖縄県でレンタカー車両に搭載したドライブレコーダーより画像、映像を収集し、リアルタイム性の高い情報について、レンタカーを利用する観光客へ提供できるプラットフォームの実証実験を開始します。レンタカーを利用する観光客はWebサイト上の地図からスマートフォンなどを通じ、特定の観光地や市街地を選択することで、道路や道路周辺状況の画像や映像を確認することができます。
 これにより渋滞の状況や発生原因、目的地周辺の混雑状況の把握を促すことで、混雑しているエリアを回避して移動するといった利用者の行動変容につなげ、効率的に観光地を回れることでの観光客の満足度の向上や、地域住民にも影響ある交通渋滞の緩和等に貢献していきます。
 今後3社は、本実証実験にて収集した情報について、NTTデータが運営する交通環境情報ポータル「MD communet®注1」上にもカタログとして掲載し、他のモビリティデータや他分野とのデータ連携によるサービス高度化や、参画する会員企業との連携を通じ、モビリティデータを活用した観光や地域保全、防災、物流、業務効率化といったスマートシティを形成する幅広い分野での利活用を目指していきます。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
アルプスアルパイン株式会社
ホームページ
https://www.alpsalpine.com
代表者
栗山 年弘
資本金
3,873,000 万円
上場
(旧)東証1部
所在地
〒145-8501 東京都大田区雪谷大塚町1-7アルプスアルパインビルディング
連絡先
03-3726-1211

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所