中央大学が人工知能(AI)の倫理的ガイドライン「Rome Call for AI Ethics」に日本の高等教育機関として初めて署名



中央大学は10月26日、27日に米国ノートルダム大学で開催されたGlobal University Summitにおいて、人工知能(AI)の倫理的ガイドラインである「Rome Call for AI Ethics」に日本の高等教育機関として初めて署名。現時点で日本の大学で唯一の署名機関となった。サミットではガイドラインに関する講演やディスカッションが実施され、中央大学からはELSI(Ethical, Legal, Social Implications)センター所長の須藤修教授が参加。27日に実施された署名式において、学長代理として署名を行った。




 Rome Call for AI Ethicsは、AIの設計・開発・導入に対する倫理的アプローチを確立するために、倫理・権利・教育にまつわるコミットメントを行い、国際機関・政府・機関・民間企業が共通の責任感を持って未来を創造していくことを目指している。2020年にはAI倫理の6つの原則として「透明性」「包含」「責任」「公平性」「信頼性」「セキュリティとプライバシー」を掲げ、バチカンが主導し、マイクロソフト、IBM、国連食糧農業機関(FAO)、ローマ教皇庁ライフアカデミー、イタリア政府が協賛し、署名を行った。

 人間中心のAI社会において誰がどのような役割を担い、社会的倫理課題に向き合っていくかは、大きな課題となる。一方で、人の倫理観や価値観は、多様な文化のそれぞれで多義性・多視点を持つ。
 こうした社会的状況に対応するためには、AI研究の新たな方向性として、情報学・理工学・人文学を含めたダイナミックな学際的アプローチによるELSI(Ethical, Legal and Social Issues/倫理的・法的・社会的問題)の視点が不可欠となる。

 中央大学はSociety5.0を視野に、教育・研究の両分野においてAIリテラシーや未来の社会創造に向けてさまざまなアプローチをとってきた。
 2019年には国際情報学部を設置し、2023年4月からは大学院国際情報研究科がスタート。2020年にはAI&データサイエンスセンターを開設し、AI・データサイエンス全学プログラムを開講している。持続可能な社会に向けたSDGsや人の多様性に注目したコグニティブダイバーシティといった研究に加え、2021年にはELSIセンターを開設して、倫理的・法的・社会的問題について、OECD等のハイレベル会合での提言や最先端の研究に関するシンポジウムのほか、産官学を交えた社会連携活動を展開している。
 また、人文学・理工学等の幅広い研究者を有する総合大学として、早くから学際研究の重要性を打ち立て、多様な研究支援を実施してきた。

 このたびのRome Call for AI Ethicsへの機関署名を機に、よりいっそう、科学イノベーションと社会実装のために必要な法制度や倫理観について、さらには社会のありようについても追求し、社会のさまざまな課題解決を目指す。

《関連リンク》
●人工知能(AI)の倫理的ガイドライン「Rome Call for AI Ethics」
 https://www.romecall.org/the-call/
・「Rome Call for AI Ethics」署名機関
 https://www.romecall.org/organisations/

○ELSI(Ethical, Legal, Social Implications)センター
 https://www.chuo-u.ac.jp/research/introduction/elsi/

○須藤修教授
 https://www.chuo-u.ac.jp/research/introduction/elsi/message/


<本件に関するお問い合わせ>
 中央大学ELSIセンター事務局
 Email:chuo-elsi-grp@g.chuo-u.ac.jp

<取材に関するお問い合わせ>
 中央大学広報室
 Email:kk-grp@g.chuo-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
中央大学
ホームページ
http://www.chuo-u.ac.jp/
代表者
河合 久
上場
非上場
所在地
〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所