3年ぶり対面開催の大学祭で発売! 地元のブルーベリーを使用したキャラメル「ぶんぶんキャラベリー」 -- 東京経済大学



東京経済大学(東京・国分寺 学長:岡本英男)経営学部の小木紀親教授のゼミナールとJAむさし、鈴木栄光堂が共同で開発した、大学の地元国分寺産ブルーベリーを使用したソフトキャラメル「ぶんぶんキャラベリー」が、3年ぶりに対面開催される大学祭「葵祭」(10月29日(土)、30日(日))で発売される。




 東京経済大学の小木ゼミナールは、社会課題に取り組む団体や地元とコラボしさまざまな活動を行っている。
 今回のキャラメルは、農家から生産、販売、購入者に至るまで、本商品に係わる全ての人との繋がりを大切にしたいという思いから「コネクトプロジェクト」と名付け、地元国分寺の魅力に触れ、より地元を好きになるきっかけづくりとして開発・製造されたものだ。
 キャラメルは3,000箱生産され、大学祭をスタートに東京経済大学生協をはじめJR国分寺駅やJAむさしの各店舗で販売を予定している。


【コラボキャラメル「ぶんぶんキャラベリー」について】

【開発目的】地元国分寺の農産物「こくベジ」をより多くの方に知ってもらい、地域活性化につなげるひとつの取り組みとして開発
【商 品 名】ぶんぶんキャラベリー
【商品仕様】国分寺産ブルーベリージャムを使用したソフトキャンディ。ブルーベリーヨーグルト味とブルーベリー味のアソート
【商品価格】400円
【内 容 量】70g(約12粒)
【発 売 日】2022年10月29日(土)
【販売場所】10月29、30日 東京経済大学葵祭 模擬店スペース。以降、東京経済大学国分寺キャンパス内生協購買部ほかで販売
【そ の 他】原材料を余すところなく使用するために開発したジャム(900円)も限定50個を大学祭で販売予定

※10月29日(土)、30日(日)の大学祭「葵祭」では、小木ゼミナールは、国分寺の地元野菜「こくベジ」をテーマに、「ぶんぶんキャラベリー」の他に地元産じゃがいもを使用した「じゃがバター」も販売する予定。

 なお大学祭への入場に際しては、事前登録が必要。大学公式サイトトップ、「葵祭・ホームカミングデー」バナーより申し込みを受け付けている。

▼本件に関する問い合わせ先
東京経済大学広報課
住所:国分寺市南町1-7-34
TEL:042-328-7724
メール:pr@s.tku.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
東京経済大学
ホームページ
http://www.tku.ac.jp/
代表者
岡本 英男
上場
非上場
所在地
〒185-8502 東京都国分寺市南町1-7-34

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所