「もうひとつの」梅田キャンパスを開設・OIT梅田メタバース・キャンパス【10月18日、マスコミ向け公開授業を実施】 -- 大阪工業大学



大阪工業大学(学長:井上晋)ロボティクス&デザイン工学部は、拠点である梅田キャンパス OIT梅田タワーをメタバース空間に再現し、もうひとつの梅田キャンパスとして 「OIT梅田メタバース・キャンパス」を開設。10月4日の一部授業から運用開始に先立ち10月18日の授業でマスコミ向けに公開します。授業の詳細は別紙をご参照ください。




【本件のポイント】
●教育工学と建築学の融合による、新たな教育・共創的コミュニケーションのためのプラットフォーム
●ロボティクス&デザイン工学部の専門分野を生かし、将来的にはバーチャルコンテンツを充実
●3次元デジタルモデルや映像コンテンツなどの研究成果、学生作品をバーチャル展覧会で公開
 
 これは、幅広い教育・研究分野を横断的に推進するロボティクス&デザイン工学部の特性を生かして実現したバーチャル空間で、教育工学と建築学の融合により生まれた新たな教育・共創的コミュニケーションのためのプラットフォームです。
 現実の梅田キャンパスと同様に、1階のエントランスギャラリーでは公開レクチャーや作品展示、6階のラーニングコモンズでは大型スクリーンを用いた講義などを行うことができ、インターネットを介してアバターとなったユーザーが集い、音声やチャットで会話をしたり、空間内を自由に探索したりすることで、国や地域、世代を超えた、多様な人々との交流が可能です。
 今後、高校生などに向けた模擬講義や、学生の制作課題の3Dモデルギャラリー、バーチャルロボットの運用シミュレーション、仮想プロジェクションマッピングなど、メタバースならではの教育プログラム、情報発信を展開するとともに、バーチャルキャンパスや周辺地域のデザインを演習課題に取り入れるなど、リアルとバーチャルが効果的に連動したデジタルツインならではの研究、教育プログラムを開発、実践していく予定です。
 さらに、21階レストランや3階常翔ホールなど、地域の方々にも親しまれている空間を、バーチャルカフェやバーチャルスタジオとして新たに組み込み、次世代の地域連携、社会連携の場が創出できるよう、継続的なアップデートを計画中です。



 取材方法については、添付資料「OIT梅田メタバース・キャンパスの取材について.pdf」をご参照ください。


●OIT梅田・メタバースキャンパス特設サイトへのアクセスはこちら
 https://www.oit.ac.jp/rd/umdmetaverse/index.html

●大阪工業大学ホームページ
 https://www.oit.ac.jp/


▼本件に関する問い合わせ先
学校法人常翔学園 広報室
田中、上田
住所:大阪市旭区大宮5-16-1
TEL:06-6167-6208


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
大阪工業大学
ホームページ
http://www.oit.ac.jp/
代表者
井上 晋
上場
非上場
所在地
〒535-8585 大阪府大阪市旭区大宮5-16-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所