追手門学院大学が1月8日に田中功起氏による作品『可傷的な歴史(ロードムービー)』の上映会とトークセッションによる公開講座を開催 -- 多文化共生・理解を考える社会学部の芸術文化事業



追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:真銅正宏、略称:追大)社会学部社会文化デザインコースは2022年1月8日(土)、茨木市福祉文化会館(オークシアター)で公開講座を開催する。当日は、ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展で特別表彰を受賞するなど世界的に評価されるアーティストの田中功起氏が2019年に手がけた映像作品『可傷的な歴史(ロードムービー)』を上映。映像とその後のトークセッションを通じて、多文化共生やその理解について考える。要事前予約(定員になり次第締め切り)、参加費無料。




 追手門学院大学社会学部社会文化デザインコースでは、メディアや映像作品、演劇、ダンスなどの創作、探究、分析を通じて、現代社会が抱える問題や事象、人と人との関わりの中での社会活動を幅広く研究している。

 このたびの公開講座は、同学部の富田大介教授が芸術文化事業として企画したもので、茨木市文化振興課、公益財団法人茨木市文化振興財団との共催。学生や地域・一般を対象とする。
 第1部では、アーティスト・田中功起氏が2019年に手がけた『可傷的な歴史(ロードムービー)』を上映。同作では、在日コリアン3世と日系スイス人のふたりの出会いと対話をもとに、荒川や川崎を旅して在日コリアン排斥の過去と現在に出会いながら、異なる背景を持つ人びとが「いかに共に生きるのか」という問いが、現実とフィクションが交差する拡張されたドキュメンタリーとして描かれている。

 第2部のトークセッションでは、監督・プロデューサー・編集を務めた田中功起氏と、同作を関西で初めて上映したTHEATRE E9 KYOTOの芸術監督で劇作家・演出家のあごうさとし氏、追大社会学部で移民や労働に関する研究を行う松谷実のり准教授、芸術学や表現文化論が専門で今回の企画・コーディネートを務めた富田大介教授の4名が登壇。作品をめぐる社会問題や背景、文化施設の意味についてトークを行う。

 富田教授は「標語的な多文化共生のもとで見逃されている、個々人の感情の複雑さがある。こうしたことを考える機会を、地域と一緒に作ることができたことに大きな意味があります」と話している。

■開催概要
【日 時】 2022年1月8日(土) 12:30~ 開場、13:00~ 上映、14:45~ トークセッション
【会 場】 茨木市福祉文化会館 オークシアター (〒567-0888大阪府茨木市駅前4丁目7-55)
【参加費】 無料
【申 込】 茨木市文化振興財団HP(下記URL)から事前予約。先着順で、満席になり次第受付を終了。
 https://www.ibabun.jp/event/20220108/


▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
谷ノ内・仲西
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590
メール:koho@otemon.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
追手門学院大学
ホームページ
http://www.otemon.ac.jp/
代表者
真銅 正宏
上場
未上場
所在地
〒567-8502 大阪府茨木市西安威2-1-15

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所