愛知大学が11月22日に中国公開講座21「巨龍 交錯する諸課題」をオンラインで開催



愛知大学は11月22日(月)、中部経済同友会との共催で中国公開講座21「巨龍 交錯する諸課題」をオンラインにて開催。早稲田大学栄誉フェロー・名誉教授の毛里和子氏を招き、グローバル大国化した中国の内政と外交をとらえ、強勢外交と権威主義との強いつながりに照準を合わせつつ、革命後70年を踏まえて現代中国の姿を浮き彫りにする。参加無料、定員制限なし。




 中国公開講座は、愛知大学が2004年から中部経済同友会と共催しているもの。愛知県をはじめとした全国の製造業各社をはじめ、中国ビジネスの現場で働く人、大学等の研究者が多く聴講している。
 21回目となる今回は、早稲田大学栄誉フェロー・名誉教授の毛里和子氏を講師として招請。グローバル大国化した中国の内政と外交を同時にとらえ、国家資本主義から「周縁」問題まで、両者のネクサスに照準を合わせつつ、革命後の70年を踏まえて現在の姿を浮き彫りにする。概要は下記の通り

■愛知大学中国公開講座21「巨龍 交錯する諸課題」概要
【日 時】 2021年11月22日(月) 14:00~16:00
【方 法】 WEB配信
【定 員】 定員制限なし
【参加費】 無料
※新型コロナウイルス感染症拡大状況により、開催内容が変更になる可能性があります。公式サイトで最新情報をご確認の上、ご来場ください。
【申 込】
・下記のフォームよりお申し込みください。電話・ハガキ・FAX・メールではお申し込みを受付けておりません。
 https://www.aichi-u.ac.jp/guide/china_kouza?frompage=39874
【申込締切】11月22日(月)開催当日まで
※応募いただいた方には申し込み完了後、メールにて動画視聴用のURLをお送りします。
※WEB配信はPC・スマートフォン・タブレットに対応しています。
【講 師】
 毛里和子氏 (早稲田大学栄誉フェロー・名誉教授)
《プロフィール》
 2011年に「文化功労者」に顕彰され、これまで「中国学研究貢献奨」(2010年度)、「福岡アジア文化賞」(2010年度)などを受賞。専門は中国政治と外交、東アジア国際関係。主な著書として『現代中国内政と外交』(名古屋大学出版会、2021)、『現代中国外交』(岩波書店、2018)、『日中漂流-グローバル・パワーはどこへ向かうか』(岩波書店、2017)、『ニクソン訪中機密会談録増補決定版』(共訳、名古屋大学出版会、2016)、『現代中国政治』(名古屋大学出版会、1993/新版2004/第3版2012)、『グローバル中国への道程-外交150年』(川島真と共著、岩波書店、2009)、『日中関係-戦後から新時代へ』(岩波書店、2006)、『現代中国政治を読む』(山川出版社、1999)、『周縁からの中国-民族問題と国家』(東京大学出版会、1998)、『中国とソ連』(岩波書店、1989)などがある。
【主 催】 中部経済同友会・愛知大学
【後 援】 中日新聞社/東海日中貿易センター/愛知県日本中国友好協会/愛知大学教育研究支援財団

●過去の「愛知大学中国公開講座」のオンデマンド配信は公式YouTubeサイトをご覧ください。
 https://www.youtube.com/playlist?list=PL7oYmsEyxyOSnWHt-stRzCIDEE_J1UbWg


▼本件に関する問い合わせ先
企画部 広報課
住所:名古屋市東区筒井二丁目10-31
TEL:052-937-6762
FAX:052-937-4816
メール:koho@aichi-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
愛知大学
ホームページ
http://www.aichi-u.ac.jp/
代表者
川井 伸一
上場
非上場
所在地
〒461-8641 愛知県名古屋市東区筒井2-10-31

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所