清泉女子大学地球市民学科の「グローバル・シティズンのための101のコンセプト」が三菱みらい育成財団の「21世紀型 教養教育プログラム」に採択



清泉女子大学(東京都品川区)文学部地球市民学科の新カリキュラム「グローバル・シティズンのための101のコンセプト」がこのたび、一般社団法人三菱みらい育成財団(東京都千代田区)の助成プログラム「21世紀型 教養教育プログラム」に採択された。これは、さまざまな環境下で将来の課題解決に必要な基礎的素養、解決策を導き出すための世界観・価値軸を身につける大学1・2年生向けのプログラムから選ばれるもの。全国の国公私立大学から44件の申請があり、10件が採択された。




●「21世紀型 教養教育プログラム」に採択
 清泉女子大学は2001年、地球市民学科を創設。以来、日本で唯一の地球市民学科として、グローバルな視野を持って地球社会のために行動できる「地球市民(Global Citizen)」の育成に注力している。そして学科創設20周年にあたる2021年度から、VUCA時代(※)にアクティブに活躍できる地球市民を育成することを念頭に、思考と実践の「型」の習得、プロジェクトによる実践、JICAメソッドによる外国語教育、ユニークなデータサイエンス教育、きめ細かな指導などからなる新たなカリキュラム「VUCA時代におけるアクティブ地球市民育成プログラム」を開始した。
 このたび、新カリキュラムの柱の1つである「グローバル・シティズンのための101のコンセプト」が三菱みらい育成財団の助成プログラム「21世紀型 教養教育プログラム」に採択された。

 21世紀型教養教育とは、我々を取り巻くさまざまな環境が激しく変化する中で、現在・将来の課題解決に必要となる基礎的素養と解決策を導き出すための世界観・価値軸を身に付けることを目的とした教育。「21世紀型 教養教育プログラム」の採択にあたっては、斬新性、先進性、独自性のあるプログラムであるか、その大学、団体ならではの課題や特色、着眼点を反映したプログラムとなっているかなどが選考基準となっている。

【一般財団法人三菱みらい育成財団「21世紀型 教養教育プログラム」】
・2021年度 助成事業選考結果
 https://www.mmfe.or.jp/entry/ 
・2021年度 カテゴリー4 募集要項
 https://www.mmfe.or.jp/application4/ 


●グローバル・シティズンのための101のコンセプト
 VUCA時代にあっては、汎用的な思考と実践の「型(コンセプト)」を習得することが重要である。
 そこで同学科では従来の学問領域の壁を取り払い、(1)批判的思考力、(2)創造的思考力、(3)人間関係構築力、(4)情報発信力から構成される「グローバル・シティズンのための101のコンセプト」を抽出。地球市民学を構成するメディア・社会、開発・環境、政治・技術、平和・対話、文化・宗教、ビジネス・人的資源といったテーマに関連する「事例(コンテンツ)」を用いながら、コンセプトの理解を促進する授業を行っている。
 授業は少人数のクラス編成で、ディスカッションを中心に進めるため、学生は主体的に学ぶことができる。また、講師が学生一人ひとりの表情や発言を見ながら適切なタイミングでフィードバックすることができるため、学生のモチベーションが上がり学習効率が高まることが期待される。
 こうしたコンセプトの授業は、高等教育のカリキュラムを「コンテンツ・ベースド」一辺倒のものから、「コンセプト・ベースド」とのハイブリッド型にした極めてユニークなプログラムであるといえる。

【グローバル・シティズンのための101のコンセプト】
 https://gcs-seisen.jp/concepts 

※VUCA時代:変動が激しく(Volatility)、不確実で(Uncertainty)、複雑でもあり(Complexity)、曖昧な世界(Ambiguity)のこと


▼本件に関する問い合わせ先
清泉女子大学 入試・広報部 広報課
住所:〒141-8642 東京都品川区東五反田3-16-21
TEL:0120-53-5363(入試課専用フリーダイヤル)/03-5421-3231(直通)


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
清泉女子大学
ホームページ
http://www.seisen-u.ac.jp/
代表者
佐伯 孝弘
上場
未上場
所在地
〒141-8642 東京都品川区東五反田3-16-21

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所