【調査レポート】『ゼロエミッショントラック輸送を実現する:トラックスタディ2020 商用車の脱炭素化への道筋』

PwCネットワークの戦略コンサルティングチームStrategy&は、この度、調査レポート『ゼロエミッショントラック輸送を実現する:トラックスタディ2020 商用車の脱炭素化への道筋』を公開しました。

商用車メーカー(OEM)や関連業界は、環境規制に準拠するためにトラックのポートフォリオ全体の電動化を迫られています。欧州では、OEM各社は2030年までに新車販売車両のCO2排出量を少なくとも30%削減することが、規制により義務付けられています。そのため全てのステークホルダーは、パワートレイン技術と必要となる燃料・充電インフラの決定に着手していかなければなりません。

また、ドイツの道路輸送におけるトラックのセグメント別の温室効果ガス排出量を詳しく見ると、大型トラック(HDT)がCO2排出量の約66%を占めており、HDT車両の電動化は最も重要な課題であることが明らかとなっています。このようにCO2排出量に関する透明性を高めていくことは、持続可能な成長の前提条件にもなりつつあります。
本レポートでは、大型トラックの脱炭素化のためのグリーン技術として、「合成燃料トラック(SYT)」、「バッテリー式電気トラック(BET)」、「水素駆動燃料電池トラック(FCT)」、「架線式ハイブリッドトラック(CAT)」の4つのパワートレイン技術を挙げ、それぞれについて経済・技術・環境面などから分析しています。

また、総保有コスト(TCO)の観点では、BET用バッテリーのサイクル寿命の延長など、低いパワートレインコストと長寿命の実現が経済性の面で競争力を得るカギとなるとして、長距離トラック用代替パワートレインのTCO主要要素を比較した調査結果を提示しながら、競争力のあるTCO実現のために取るべき手段について解説を行っています。
ぜひともご一読いただければ幸いです。

本レポートは、以下URLよりご覧ください。
https://www.strategyand.pwc.com/jp/ja/publications/green-trucking.html

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
PwC Japanグループ
ホームページ
https://www.pwc.com/jp/ja/
代表者
木村 浩一郎
資本金
1,000 万円
上場
未上場
所在地
〒100-0004 東京都千代田区大手町1‐1‐1大手町パークビルディング
連絡先
03-6212-6810

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所