【旅サラダ】A.B.C-Z 橋本良亮が茨城県で“神社&パン屋さん巡り”!&「世界の建築の奇跡」と呼ばれるホテルが上海にあった! 

「朝だ!生です 旅サラダ」
7月10日(土)朝8時〜9時30分
(ABCテレビ/テレビ朝日系列 全国ネット&RKC、YBS、FBC)

司 会   神田正輝 向井亜紀、勝俣州和、三船美佳、ラッシャー板前
      東留伽(ABCテレビアナウンサー)
ゲスト   橋本良亮(A.B.C-Z)
海外の旅  ナビゲーター:
江田友莉亜(旅サラダガールズ)

「海外の旅」は中国の最新旅情報を4週にわたり放送! 今回は、現地の方とスタジオをつなぎ、“中国的建築”を取り上げる。「世界の建築の奇跡」と称される上海郊外に建つ地下ホテル! その衝撃の全貌を紹介する!

「ゲストの旅」はA.B.C-Zの橋本良亮が茨城県で運気アップの開運旅! 神社巡りとパンが大好きな橋本が、茨城の神社を巡り、“パンの街”として知られるつくば市でパン屋さん巡り!


 「海外の旅」は、世界各国のコーディネーターさんやガイドさん等が発信する最新旅情報を旅サラダガールズが紹介する。今月は江田友莉亜がナビゲーターとなり、最新旅情報を含め、中国の様々な魅力を4週にわたりお届けする。
 今回は、“中国的建築”がテーマ。北京の歴史建造物群や「東洋のヴェネチア」と呼ばれる蘇州の名庭園、福建省の不思議な住居など、中国ならではの素晴らしい建築文化を紹介。そして現地の通訳さんが案内してくれるのは上海郊外に2018年にオープンしたホテル。実はホテルが建っているのは採石場だった巨大な穴の中。

ガイドさんによれば、世界一の地下ホテルといわれ、「世界の建築の奇跡」と称されるという。ガイドさんがホテルの珍しい構造を紹介。なかでも、地下15階にあるスイートルームはまさにファンタジーな景色が広がり、別世界! 癒やし効果バツグンの造りとは…?
 ホテル自慢のアトラクションは“ガラスの遊歩道”。ホテルの外には断崖絶壁に沿って遊歩道があるが、ガラスでできているため、下が丸見え。癒やしだけでなくスリルも楽しめる、まさに“中国的建築”のホテルを紹介する。

 「ゲストの旅」は、A.B.C-Zの橋本良亮が茨城県で運気アップの開運旅を楽しむ。神社巡りが好きで、プライベートでもよく訪れるという橋本。まずは茨城のシンボルでもある霊峰・筑波山の中腹にある筑波山神社へ。旅の安全を祈願し、集めているという御朱印もいただく。
 筑波山のある、つくば市は美味しいパン屋さんが集まる“パンの街”。パンが大好きな橋本はクロワッサンが大人気のブーランジェリーを訪れる。パンの種類は100以上あり、常に焼き立てを提供できるよう心がけていると話す店主。橋本は人気のクロワッサンを味わう。さらに、パン屋さんをはしご。自家製の天然酵母を使ったパン屋さんで酵母パンを味わい、パンの奥深さを改めて知る。
 茨城屈指の港町、大洗町では海上交通の守り神として信仰を集める大洗磯前神社へ。海に面した由緒ある神社は日の出の絶景スポットで、翌朝再び訪れることに。旅の宿では茨城産の海の幸を満喫する。
 翌日は早起きし、大洗海岸へ。あいにくの雨だったが、海上の岩場に立つ大洗磯前神社の鳥居を拝み、清々しい気分で次の神社へ向かう。鹿嶋市にある鹿島神宮は2600年以上の歴史を有する日本有数の古社で、日本三大神宮のひとつ。勇壮な社殿は江戸幕府の二代将軍徳川秀忠が寄進したもので、当時の神社建築の粋を集めた格式の高い造りだ。源頼朝や徳川家康など、名だたる武人が参拝したという念願の神宮で、橋本も仕事の成功を祈願する。
 今回の旅で橋本がどうしても食べたかったのは、茨城の名産、常陸牛。人気の焼肉店で店主オススメの赤身を味わい、心もお腹も一杯に!

 「生中継」は、長崎県西海市から「大島メロン」を紹介する。

 「東留伽が行く!日本縦断コレうまの旅」は、東留伽アナウンサーが山梨県笛吹市で直撃取材。現地の絶品グルメを捜索する。








※写真をご使用の際は「(C)ABCテレビ」表記をお願いします

「朝だ!生です旅サラダ」7月10日(土)朝8時~9時30分
ABCテレビ/テレビ朝日系列24局&RKC、YBS、FBC
本件に関するお問合わせ先
ABCテレビPRプランニング部 竹内一平(ippei_takeuchi@asahi.co.jp)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
朝日放送テレビ株式会社
ホームページ
https://www.asahi.co.jp/
代表者
山本 晋也
資本金
10,000 万円
上場
東証1部
所在地
〒553-8503 大阪府大阪市福島区福島1丁目1番30号
連絡先
06-6458-5321

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所