清泉女子大学が「よい仕事おこしネットワーク」と包括連携協定を締結 -- 地域支援・地方創生に向けて包括的に連携



清泉女子大学(東京都品川区、学長:佐伯孝弘)はこのたび、全国の信用金庫が連携したビジネスマッチングサービス「よい仕事おこしネットワーク(事務局:城南信用金庫、代表者:理事長 川本恭治)」と「包括的連携に関する協定書」を締結。7月8日(木)に同大本館で締結セレモニーを執り行う。今後は双方の持つネットワークを活用し、地域社会の発展に貢献できるよう相互に協力していく。




 清泉女子大学は、建学の精神である「キリスト教ヒューマニズム」に基づき、自ら考え、行動する女性を育成するため、従来から地域・分野を超えた産学官連携、ボランティア活動、国際交流などを中心としたさまざまな取り組みを展開している。



 その一環として、同大はこのたび、「地元地域の発展、繁栄」「安心、安全に暮らせる地域社会づくり」という共通の志を持っている「よい仕事おこしネットワーク」と地域支援・地方創生等の取組みの推進を目的とする包括連携協定を結ぶこととなった。
 「よい仕事おこしネットワーク」は、取引先中小企業の販路拡大や事業承継など、さまざまな経営課題の解決支援に取り組むために、全国の信用金庫が連携して提供するビジネスマッチングサービス。
 両者は今後、社会貢献フェアの開催協力や学生のインターンシップなどの取り組みを継続的に行う予定で、双方の持つネットワークを活用し、地域支援・地方創生等を推進していく。

 協定の締結に伴い、7月8日(木)に清泉女子大学本館で締結セレモニーおよびプレス発表を執り行う。概要は下記の通り。

◆締結セレモニー(プレス発表)
【日 時】2021年7月8日(木) 16時~17時
【会 場】清泉女子大学 本館 (東京都品川区東五反田3-16-21)
【出席者】
 城南信用金庫 理事長  川本 恭治
 城南信用金庫 常務理事 上原 秀生
 清泉女子大学 学長   佐伯 孝弘
 清泉女子大学 副学長  篠原 厚子

【よい仕事おこしネットワーク】
 全国の信用金庫約7,400店舗のネットワークを活用し、取引先中小企業の販路拡大や事業承継など、さまざまな経営課題の解決支援に取り組むWebサービス。専用Webサイトを使って全国の顧客の「売りたい」「買いたい」「組みたい」「こんなことで困っている」といった相談を仲介・解決。従来は実現の難しかった地域の枠を越えた地方創生を実現し、日本を明るく元気にするために取り組んでいる。
 信用金庫や企業に留まらず、各地域の自治体、教育機関、マスコミ等からも着目されており、各地の市町村や大学、地方新聞社等と地域産業の振興にかかる地域支援や地方創生の施策等、地域の課題解決などを目的とした包括連携協定を相次いで締結している(「よい仕事おこしネットワーク」の母体である「よい仕事おこしフェア実行委員会」の名称で締結)。
 URL:  https://www.yoishigotonet.com/ 


▼本件に関する問い合わせ先
入試・広報部 広報課
TEL:03-3447-5551
FAX:03-5421-3469


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
清泉女子大学
ホームページ
http://www.seisen-u.ac.jp/
代表者
佐伯 孝弘
上場
未上場
所在地
〒141-8642 東京都品川区東五反田3-16-21

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所