龍谷大学 犯罪や非行からの立ち直り支援のためのハンドブックを京都府と連携し初発行 誰もが安心して暮らせる共生社会の実現に向けて「犯罪のない安心・安全なまちづくりに関する協定」事業成果物を公表



【本件のポイント】
・龍谷大学は、2020年3月23日に京都府と「犯罪のない安心・安全なまちづくりに関する協定」を締結し、2020年度より事業を開始
・龍谷大学犯罪学研究センター(※1)の学術的知見をもとに、犯罪や非行をした人たちの実情や立ち直り支援の活動を伝えるハンドブックを初めて2021年3月に発行
・今後は、オール京都で再犯防止を推進するための新たな基盤づくりを目標に、ハンドブックを活用した研修を京都府各地で実施予定




龍谷大学と京都府は「犯罪のない安心・安全なまちづくりに関する協定」(※2)に基づき、2020年度より官学連携による事業を展開してきました。この協定は''誰もが犯罪の被害者にも加害者にもならず、安心して暮らせる共生社会の実現''を目的に掲げており、2020年度の事業成果として、今春、初めて『 ''つまずき''からの''立ち直り''を支援するためのハンドブック』を発行しました。ハンドブックの監修を龍谷大学 犯罪学研究センター長の石塚伸一教授(本学・法学部)が担当しました。



今回のハンドブックでは、実際にあった事件の取材を通して伺った話をもとに犯罪や非行をしてしまった人たちの声をストーリー形式で取り上げ、同時に個々のケースに関して支援を行っている京都府の関係機関を紹介しています。またハンドブックでは事件発生からの刑事司法手続きをフロー化した全体像や、矯正施設(刑務所・少年院)の様子を一日の時間を通じて描き、罪をおかした人たちがどのような生活を送るかも理解できる内容となっています。「もし、あなたの近くに生きづらさを抱えて困っている人がいたら、どんなことが出来るか」。そうした視点で、犯罪やその被害にあいにくいまちづくりを共に考えるための一冊です。



なお、2021年度にはこのハンドブックを活用した研修の実施を計画しています。研修は再犯防止の取組の視野を広げるため、府庁内の関係部局担当者をはじめ、市町村再犯防止施策や福祉部局担当者、保護司、防犯推進委員などに呼びかけて行います。また、研修の講師を石塚伸一教授(本学・法学部)が担当し、長年の研究活動で培ってきた課題共有型円卓会議''えんたく(※3)''方式を用いて行う予定です。



1.ハンドブック(2020年度成果物)概要
- 名称:『''つまずき''からの''立ち直り''を支援するためのハンドブック』
- 発行:京都府(2021年3月)
- 監修:石塚 伸一(龍谷大学 犯罪学研究センター長・法学部教授)

犯罪学研究センターHPでPDFが閲覧可能。  
https://www.ryukoku.ac.jp/nc/news/entry-8272.html


2.監修者コメント
石塚 伸一(龍谷大学 犯罪学研究センター長・法学部教授) ※別紙参照



3.用語解説
※1 龍谷大学 犯罪学研究センター
「犯罪学」(英:Criminology)とは、犯罪にかかわる事項を科学的に解明し、犯罪対策に資することを目的とする学問です。龍谷大学 犯罪学研究センターは、建学の精神を具現化する事業として2016年6月に発足。犯罪学はその対象が犯罪や非行であるため、人びとの関心は、罪をおかした人の素質や環境、捜査手法、防犯対策に集中しがちですが、当センターでは「人が日々の生活で抱える問題や失敗を''つまずき''という視点でとらえ、社会から孤立させないようにする。''つまずき''からの立ち直りには、地域社会における総合的な支援が必要」と考え、研究の社会実装に向けた諸活動を展開してきました。



※2 犯罪のない安心・安全なまちづくりに関する協定
2016年12月に成立、施行された「再犯の防止等の推進に関する法律(再犯防止推進法)」においては、再犯の防止等に関する施策を実施等する責務が、国だけでなく地方公共団体にもあること(第4条)が明記されるとともに、都道府県及び市町村に対して、国の再犯防止推進計画を勘案し、地方再犯防止推進計画を策定する努力義務(第8条第1項)が課されました。この法律は、犯罪や非行をした人たちの社会復帰を支援するための初めての法律です。京都府では、2020年3月23日に龍谷大学と協定を締結し、庁内のすべての関連部局が連携して、2023年度までに再犯防止施策を推進していくこととしています。
参照:京都府HP https://www.pref.kyoto.jp/anshin/news/kyotei.html



※3 課題共有型円卓会議 ''えんたく''
アディクション(嗜癖・嗜虐行動)からの回復には、当事者の主体性を尊重し、その当事者の回復を支えうるさまざまな状況にある人々が集まり、課題を共有し、解決に繋げるための、ゆるやかなネットワークを構築していく話し合いの場が必要です。石塚教授が代表をつとめる研究プロジェクト「ATA-net(Addiction Trans-Advocacy network)」では、この「課題共有型(課題解決指向型)円卓会議」を''えんたく''と名づけ、さまざまなアディクションからの回復支援に役立てることをめざしています。 
ATA-net公式HP https://ata-net.jp/



問い合わせ先:
龍谷大学 犯罪学研究センター  Tel 075-645-2184 Fax 075-645-2240
E-mail crimrc2016@ad.ryukoku.ac.jp URL https://crimrc.ryukoku.ac.jp/


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
龍谷大学
ホームページ
http://www.ryukoku.ac.jp/
代表者
入澤 崇
上場
未上場
所在地
〒612-8577 京都府京都市伏見区深草塚本町67

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所