NSSOL、ドローンを用いた空をメディアにする実証実験を実施

災害時の避難誘導、エンターテインメント領域への活用を想定

日鉄ソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森田 宏之、以下、NSSOL)は、福島県、静岡県、および東京都内において、ドローンを用いた空を情報伝達媒体にする実証実験を実施しました(2020/11~12)。各種ドローンを用いて、様々なサイズの旗を空中で曳航することで、イベントでのプロモーション等の利用だけでなく、人や車が立ち入りにくい場所での災害時の避難誘導などでの将来的な活用が可能となります。



富士山・東京スカイツリーを背景にしたドローン飛行

近年、様々な分野にてドローンの社会実装へのニーズが高まっており、ユースケースに基づいた法整備や技術開発が進んでいます。今回の実証実験の目的は、空という広大な空間の可能性を最大限に活かし、不特定多数の人に対して、視覚的に情報を発信するドローンソリューションの実現可能性の検証です。
実際の空中での実験前には、人工的に風を発生させる施設にて風洞実験を行い、旗を曳航する時にドローンにかかる負荷を算出しました。この風洞実験を通して、各種ドローンが、どのくらいの風力下で、どのくらいの大きさの旗を曳航できるのかシミュレーションすることができ、環境や目的に合わせた最適な組み合わせを実証しています。また、旗端にさまざまな工夫をこらすことで単純に曳航するよりも視認性を上げる独自技術(特許出願中)の実証も行い、あらゆる環境における視認性向上を図っています。

このソリューションが将来的に実用化されることで、サイレンやスマートフォン等によるアラートだけではなく、ドローンによる視覚的にもインパクトの大きい手法による災害時の広域周知の実現や、エンターテインメントやプロモーションにおける表現の可能性が広がることが期待できます。また、5G通信技術と組み合わせることで、危険地帯から離れた場所など遠隔地からのドローン操縦を実現できるなど、災害時を含めた広い用途での社会課題の解決につながります。

NSSOLは、早くからローカル5Gの実地適用に向けた取り組みを行っており、お客様との事例を積み上げています。2019年12月には、NTTドコモの「ドコモ5Gオープンラボ」にて、飛行艇ドローンを用いた通信エリア品質調査ソリューションの実証実験を行う(※)など、新しい技術の検証を積極的に行っています。
今後もNSSOLは、「ファーストDXパートナー」として、最先端技術をいち早く検証し、社会課題の解決ならびにお客様のビジネス成長に貢献する実効性の高いソリューションを展開してまいります。


旗の回収作業


各実証実験は、事前に必要な手続きを行った上で実施しています。

【実験に使用したドローンの有効荷重】
  大:ペイロード10Kg
  中:ペイロード6Kg
  小:ペイロード400g

 【実験に使用した旗のサイズ】
  形状:正方形
  1辺の長さ:4.7m、4.0m、2.7m、2.3m、1.9m、1.0m

■本実証実験の協力会社
株式会社スペースエンターテインメントラボラトリー
http://www.selab.jp/jp.html
航空宇宙技術をコアとしたテクノロジーカンパニー。固定翼ドローンやマルチコプター、高高度気球、人工衛星まで様々な飛行ロボットの開発と運用を行う。


(※)NSSOL、飛行艇ドローンでの通信エリア品質調査ソリューションの実証実験を実施
~5Gビジネス創出と社会課題の解決に向けた「ドコモ5Gオープンラボ®」に参画~
https://www.nssol.nipponsteel.com/press/2019/20191205_110000.html


NS(ロゴ)、NS Solutions、NSSOLは、日鉄ソリューションズ株式会社の登録商標です。
本文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
本件に関するお問合わせ先
【報道関係お問い合わせ先】
日鉄ソリューションズ株式会社
管理本部 総務部 広報・IR室 
E-mail:press@jp.nssol.nipponsteel.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日鉄ソリューションズ株式会社
ホームページ
https://www.nssol.nipponsteel.com/
代表者
森田 宏之
資本金
1,295,276 万円
上場
東証1部
所在地
〒104-8280 東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー
連絡先
03-6899-6000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所