<自由で新しい御堂筋の姿を目指す御堂筋天国プロジェクト第5弾>「上を向いて、笑おう。 御堂筋グランピング」を開催

御堂筋沿いに芝生エリアが登場!「密」を避けた新しい都市空間の在り方を創造
~まちなかグランピング×農産品・生産者応援~
日時:2020年11月6日(金)11:00~19:00 ・ 7日(土)11:00~18:00

 三井不動産株式会社(本社:東京都中央区)、農林中央金庫(本店:東京都千代田区)、一般社団法人御堂筋まちづくりネットワークは、大阪市協力のもと、官民が連携して御堂筋活性化に向けた取り組みを行う「御堂筋天国プロジェクト」の第5弾として「上を向いて、笑おう。 御堂筋グランピング」を11月6日(金)・7日(土)の2日間で行うことを決定しましたのでお知らせします。



 第5弾となる今回は、新型コロナウイルス(COVID-19)(以下、コロナ)感染拡大が懸念される中、日本全国が模索する新たな生活様式に則った、新しい都市空間の在り方を創造します。具体的には、御堂筋まちづくりネットワークと協力し、御堂筋エリアの空間利活用として一部を広場化し、「密」を回避した都市空間の創造を目的に、淀屋橋odona前、銀泉備後町ビル前の各壁面後退部分に天然芝を設置します。普段は人の行きかう御堂筋で、テイクアウト商品をゆったりと楽しめるソファやチェア、ワークスペースとして活用できるテーブルを並べ、青空のもと、くつろぐことができる憩いの空間を「御堂筋グランピング」と称し、実施します。また、御堂筋天国プロジェクトではコロナ感染拡大による影響で販売機会が大きく減少した関西の農産品・生産者を応援します。果物やスイーツの販売といった従来のマルシェイベントに加え、需要が落ち込んだ花を無料配布し、改めて花の美しさや魅力を感じていただく「SMILE WITH FLOWERS」活動や、参加型ワークショップイベントも同時開催します。今回は初めて休日も開催し、平日と休日で大きく人の流れが変わる御堂筋エリアで2日間イベントを行い、新たな賑わいを創出します。

■イベント概要
名称:上を向いて、笑おう。 御堂筋グランピング
日時:2020年11月6日(金)11:00~19:00 ・ 11月7日(土)11:00~18:00
場所:淀屋橋odona前、銀泉備後町ビル前 (各壁面後退部分)
内容:御堂筋沿いの芝生化による憩いの空間の演出、飲食の提供、花の無料配布、ワークショップ開催等

■御堂筋から日本を元気に!御堂筋メッセージフラッグを掲出
 コロナに負けず、御堂筋から関西を、そして日本を元気にするためのアクションとして、御堂筋沿いに「上を向いて、笑おう。」をメインスローガンとしたメッセージフラッグを掲出します。「まっすぐに伸びる御堂筋に立ち、空を見上げれば、うつむいた気持ちも上を向く。そして人々の笑顔が増えることで、経済も上向きになって欲しい。」という想いが込められています。このフラッグは、約1ヶ月間御堂筋の街並みを賑やかに彩ります。
掲載期間:10月下旬 ~ 12月1日(火) (予定)

■御堂筋沿いに天然芝の憩いの空間を演出
 御堂筋エリアの空間利活用を目的に淀屋橋odona前、銀泉備後町ビル前の各壁面後退部分に天然芝を設置します。涼しい空気が流れる秋風と青空のもと、芝生の上にはソファやチェア、パラソルやテーブルを置き、普段は人の行きかう御堂筋でくつろぐことができ、ワークスペースとしても活用いただけます。また、今回、大阪府森林組合のご協力により、国産材を使用したテーブルセットを1セットご用意しています。
※コロナ感染予防対策として、各テーブルに消毒液を設置し、テーブル・イスはスタッフが定期的に消毒を行います。

■関西の旬の果物をマルシェやキッチンカーで販売
 淀屋橋odona前では、コロナ感染拡大による影響で販売機会が減少した農産品、生産者の応援を目的に、「柿」を中心とした果物、スイーツを日替わりで販売します。11月6日(金)にはJAならけん(奈良県)が新鮮な柿をメインに、毎回大好評の肉厚なしいたけ等、奈良県の農産物、加工品のマルシェを開催します。11月7日(土)にはJA紀の里(和歌山県)が、御堂筋天国プロジェクト初登場のキッチンカーで旬の果物を使ったフルーツサンドや白桃ソフトクリームを販売し、同時に柿、みかん等のマルシェも開催します。新鮮な果物を買って芝生の上で楽しむことができ、また、ご自宅にお持ち帰りいただきご家族で楽しむことができます。
週末の御堂筋沿いを関西の旬の果物が彩ります。
開催日時:
【JAならけん販売(マルシェ)】11月6日(金)11:00~19:00(予定)
【JA紀の里販売(キッチンカ―・マルシェ)】11月7日(土)11:00~18:00(予定)
※商品は、売り切れ次第終了となります。
※食材等は、変更になる可能性がございます。


「SMILE WITH FLOWERS supported by Kubota」(花の無料配布・花のフォトブースを展開)
 コロナ感染拡大による影響で、ウエディングや送別会、卒業式等のイベントの延期や中止・縮小により、需要が大きく減少した花々を、少しでも多くの人の手にわたるようにすることで、花を育てている生産者の応援や、改めて花の美しさ、魅力を感じていただくために、御堂筋天国プロジェクトでは「SMILE WITH FLOWERS」と掲げ、この活動を様々な場所で行ってきました。今回は、「SMILE WITH FLOWERS supported by Kubota」と称して、株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区)が契約する花き生産者が提供する美しい花々を淀屋橋odona前にて無料配布します。また、クボタのトラクタを花で装飾したフォトブースも展開します。
※花の無料配布は、なくなり次第終了となります。

■笑顔になれる、ワークショップやイベントを開催
●ひかりの実のワークショップ

 大阪の街がイルミネーションで染まる「大阪・光の饗宴」のプログラムのひとつとして、中之島エリアでは「中之島ウエスト・冬ものがたり2020」が開催されます。本イベントではLEDライトに、イラストとメッセージを書いた果実袋を被せた“ひかりの実”が中之島エリアに装飾されます。そして、今年も御堂筋天国プロジェクトでは、ひかりの実を制作するワークショップを開催します。ワークショップにて制作したひかりの実と共に、約10,000個のひかりの実が会期中、中之島エリアを幻想的な空間に演出します。
開催日時:11月6日(金)・11月7日(土)11:00~18:00
開催場所:淀屋橋odona前
参加方法:無料
※材料がなくなり次第終了となります。 

●レトロ縁日
 コロナ感染拡大による影響で、地域の祭りは中止になりましたが、このたび大阪市と連携し、淀屋橋odona2階「アイ・スポット」にてレトロ縁日を開催します。
内  容:射的、スマートボール、輪投げ
開催日時:11月7日(土)11:00~18:00
参加方法:無料
※イベント内容は変更となる可能性がございます。

「御堂筋天国プロジェクト」とは
 2025年の大阪・関西万博、2037年の御堂筋100周年に向けて、大阪の背骨である御堂筋エリアが「世界のブランド・ストリート」として、人が集まるエリア、人が暮らすエリアへと生まれ変わる必要があります。そこで、御堂筋活性化の思いを同じくする三井不動産、農林中央金庫、御堂筋まちづくりネットワークが手を取り合い、大阪市の協力のもと、2019年4月に「御堂筋天国プロジェクト」を発足しました。今後も開催エリアを拡大しながら、季節ごとにイベントを展開し、関西の食材や文化に触れる機会を提供することで、地場産品の消費拡大や関西各地への送客を通した地域活性化を目指します。更に、大阪・関西万博が開催され大阪が世界中から注目される2025年までに、様々なステークホルダーからの理解と協力を得てプロジェクトの充実・定着を図っていきます。本プロジェクトを通し、御堂筋完成100周年を迎える2037年には御堂筋エリアが新たなオフィス街・観光地として認知を獲得し、御堂筋がにぎわいのあるエリアとなることを目指していきます。

■イベント開催実績
・2019年4月  御堂筋天国プロジェクト第1弾「御堂筋天国 桜SAKEフェスタ」
・2019年8月  御堂筋天国プロジェクト第2弾「御堂筋天国 夏まつり」
・2019年10月 御堂筋天国プロジェクト第3弾「御堂筋天国 Otona Halloween」
・2019年12月 御堂筋天国プロジェクト第4弾「御堂筋天国 OTONA CHRISTMAS Night」

■SDGsへの貢献について
2015年の国連サミットで採択された2030年に向けての国際目標 「SDGs:持続可能な開発目標」。17の目標と169のターゲットが定められており、様々な主体が連携しての取組が求められています。本プロジェクトでは、特に以下の5つの目標への貢献を意識して実施します。

目標8 働きがいも経済成長も
目標11 住み続けられるまちづくりを
目標12 つくる責任つかう責任
目標15 陸の豊かさも守ろう
目標17 パートナーシップで目標を達成しよう

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
三井不動産株式会社
ホームページ
http://www.mitsuifudosan.co.jp/
代表者
菰田 正信
資本金
33,976,600 万円
上場
東証1部
所在地
〒103-0022 東京都東京都中央区日本橋室町3-2-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所