【ホテル椿山荘東京】ホテル庭園で飛翔する動画や画像を本日より配信

まだまだ蛍も茂みの奥でステイホーム中も、2020年の蛍の飛翔を初めて確認!

~ 期間中、のべ10,000匹が飛翔。おこもり疲れを癒すやわらかな蛍の光をお楽しみください ~

 ホテル椿山荘東京(東京都文京区・総支配人:山下 信典)は、5月18日(月)の夜に、本年最初の蛍が光り舞う様子を目視で確認。それに伴い、本日よりホテル公式サイトならびにSNS等で飛翔する様子を動画、画像で配信開始いたします。

 ホテル椿山荘東京の蛍は、藤田観光の創業者である小川栄一の「東京の子どもに蛍を見せたい」との想いから、1954年に始まりました。夏のイメージがある蛍ですが、当ホテルでは、毎年5月中旬より6月中旬頃までの約1か月、庭園内で羽化した蛍が「ほたる沢」や「古香井」など庭園内スポットで優雅に舞う様子を観賞いただけます。また、2000年からは専門家の下、ゲンジボタルが産卵から飛翔まで生息できる環境作りに取り組んでいます。

 今回の動画は、光を放ち、弧を描くように飛翔する神秘的なゲンジボタルの舞を定期的に配信していきます。蛍の光り方のひとつには、ヒトに精神的な安らぎを与えてくれる癒しの効果があると言われています。新型コロナウイルスの感染拡大防止による外出自粛が続く中、木々の間から見られる光の軌跡や会話をするかのような多数の光が、少しでも癒しの優しい時間となることを願っています。


 例年開催しております「ほたるの夕べ」等の様々なイベントやディナーについては、あらためて公式ホームページ等でご案内申し上げます。

※公式サイト:https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/garden/topic/
※Instagram:hotelchinzansotokyo_official
※Twitter:@Hotel_Chinzanso

【参考】23区内では稀有なホテル椿山荘東京の蛍について
◇ホテル椿山荘東京の蛍の歴史
・1954年 藤田観光創業者の小川栄一により「ほたる鑑賞の夕べ」がスタート。
・2000年 専門家の指導の下、ゲンジボタルが産卵から飛翔まで生息できる環境作りに取り組む。
<環境作り例>
庭園内を流れる地下から流出するミネラル分豊富な秩父山系の湧水の水質・水量の改善等を実施。現在では、産卵から終齢幼虫までの人工飼育を庭園内及び弊社内の飼育施設で行い、毎年冬に幼虫を放流しています。

◇蛍の種類・観賞時期について
・ゲンジボタル:オス 体長約1.5センチ、メス 体長約2.0センチ
・5月下旬から6月中旬頃までは、庭園内で羽化した蛍を「ほたる沢」、「古香井」、水車の周辺でお楽しみいただけます。
・6月下旬から7月上旬は、成長時期を遅らせて飼育した蛍を、庭園および館内の温度や湿度などを整えたビオトープ(生物空間)でお楽しみいただけます。

都内有数の蛍観賞スポットに訪れるワケ
・庭園内と自社施設で飼育した幼虫約10,000匹を庭園の沢に放流しています。
・自然界の蛍の羽化率は、大よそ1%と言われていますが、衛生面や給餌が安定している当ホテルの人工飼育下では大よそ80%の高い羽化率を実現していると推測しています。
・その為、庭園内で羽化するゲンジボタルは延べ約8,000匹程度、また6月下旬から7月にかけて野尻湖の飼育施設で羽化した成虫の放流を含めると約10,000匹のゲンジボタルが、ピーク時で1日約500~600匹が出現し、飛翔したり葉に止まったりしていると推測しています。

蛍の飛翔時期を正確に予測する「500説」とは
・研究者の間でも真偽が定かではない通説ですが、2010年から仮説の検証に取り組んでいます。
・桜の花が散る頃の(土が軟らかくなる)雨の夜、幼虫は水から上陸し土に潜ってさなぎになります。
・その初上陸の翌日から1日の平均気温(1時から24時までの毎正時24回の観測値の平均)を毎日足していき、積算温度(合計)が500℃になった頃に蛍は羽化すると言われています。

<過去の結果>
・2015年 上陸4月13日
初飛翔確認5月16日(5月15日までの積算気温626.0℃)
・2016年 上陸4月8日
初飛翔確認5月10日(5月9日までの積算気温568.0℃)
・2017年 上陸4月7日
初飛翔確認5月13日(5月12日までの積算気温610.0℃)
・2018年 上陸4月7日
初飛翔確認5月11日(5月10日までの積算気温588.0℃)
・2019年 上陸4月9日
初飛翔確認5月19日(5月18日までの積算気温689.0℃)
・2020年 上陸4月19日
初飛翔確認5月18日(5月17日までの積算気温500℃)
※2020年は目視で上陸が確認できなかったため、4月の雨の翌日を上陸日として推定しています。

ホテル椿山荘東京とは
 ホテル椿山荘東京は、都心にありながら、森のような庭園の中に建つホテルです。「世界をもてなす、日本がある。」をコンセプトに、美しい自然の中で、日本のもてなしの心と、世界基準のサービススタンダードをご体感いただける空間や時間をご提供しています。
 267室の客室では、第二の我が家のようにお寛ぎいただけるよう充実した機能やアメニティを備えるだけでなく、都心のパノラマ、またはガーデンビューをご堪能いただけます。そのほか、庭園内や館内の9つのレストラン、自然光を感じられる直営のスパ・トリートメント施設、最大2,000名様までご利用いただける大会場を含む38の宴会場、チャペル・神殿、理・美容室、フォトスタジオなどを完備しています。
 散策できる広大な庭園には、国の有形文化財の三重塔や茶室、史跡があり、また春の桜、きらめく新緑、初夏の蛍、夏の涼やかな滝のしぶき、紅葉、雪景色の中の椿と、四季の風情が東京にいることを忘れさせる特別なひとときをお過ごしいただけます。
ホテル椿山荘東京は、「フォーブス・トラベルガイド」が発表した格付けの「ホテル部門」・「スパ部門」では、おかげさまで名だたるホテルが並ぶ4つ星を獲得できました。また、特に最高級の施設とサービスにより、記憶に残る体験を提供するホテルとして認められ「プリファードホテルズ & リゾーツ」の「L.V.X. Collection」に加盟いたしております。

<本件に関するお問い合わせ先>
藤田観光株式会社 ホテル椿山荘東京 マーケティング課
担当:園部
TEL. 03-3943-5506(直通)FAX. 03-3943-1172 Email: pressroom@hotel-chinzanso.com

ホテル椿山荘東京PR事務局
担当:石黒、石原、重田(おもだ)
TEL:03-6863-3377 Email: hotel-chinzanso-tokyo@scramble.jp
※ホテル名を記載いただく際は、正式名称の「ホテル椿山荘東京」でお願いいたします。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
藤田観光株式会社
ホームページ
https://www.fujita-kanko.co.jp/
代表者
伊勢 宜弘
資本金
1,208,159 万円
上場
東証1部
所在地
〒112-8664 東京都文京区関口2-10-8
連絡先
03-5981-7700

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所