GitHub Satellite Virtual 2020で新たな機能を多数発表

GitHub Discussions、Codespaces、プライベートリポジトリ内のコードセキュリティなど開発環境のさらなる向上を目指す


オープンソースプロジェクトおよびビジネスユースを含む、ソフトウェアの開発プラットフォームを提供するGitHub, Inc.(本社:米国サンフランシスコ、以下ギットハブ)は、開発者向けグローバルカンファレンスである GitHub Satellite Virtual を5月6日(米国現地時間)に開催し、GitHub CEOのナット・フリードマン(Nat Friedman)が基調講演でイベントをスタートさせました。

GitHubには、オープンソースプロジェクトからエンタープライズレベルまで規模を問わず、何千にも及ぶソフトウェアコミュニティが存在しています。本イベントは、GitHubでも初となるオンラインカンファレンスとして「GitHub Satellite Virtual 2020」を開催しました。この場に世界から人々が集い、共通の問題を解決するためのツールをご紹介させていただきました。

先日、GitHubを使用した共同作業において、コストがユーザーの負担にならないよう、GitHubのコア機能を無料 (https://github.blog/jp/2020-04-15-github-is-now-free-for-teams/) で利用できるように変更しました。また、開発者がオープンソースで生計を立てられるよう、GitHub Sponsorsの対象国 (https://github.com/sponsors ) を30か国以上へと拡大、モバイルアプリ「GitHub for mobile」(https://github.blog/jp/2020-03-19-github-for-mobile-is-now-available/) もリリースし、すでに何十万人もの開発者がこのアプリを使って、あらゆる場所からの共同作業を実現させています。また、世界最大となる開発者のためのエコシステムを構築するという実現に向け、npmを買収し、GitHubの仲間として迎え入れました (https://github.blog/jp/2020-03-23-npm-is-joining-github/)

本カンファレンスでは、あらゆるソフトウェアコミュニティの共同作業をサポートするために、4つの新機能を発表いたしました。
  • Codespaces:GitHub上で開発をすぐに開始することができる開発環境
  • GitHub Discussions: コードベースでの活動の外で、ソフトウェアコミュニティが共同で作業できる新たな方法
  • コードスキャニングとシークレットスキャニング: GitHubでより安全に開発を行えるようにするための機能
  • GitHub Private Instances:厳しい規制をもつ企業ユーザー向けの開発環境
GitHub Satelliteでの発表内容や質問は、こちらのDiscussions をご覧ください。
https://github.com/githubevents/satellite2020/discussions?utm_source=announcement&utm_medium=blog&utm_campaign=satellite-product-recap


Codespaces:GitHub上で短時間に開発環境を構築するサービス
限定パブリックベータ版としてリリース

開発コラボレーションの開始時は手間がかかります。開発環境の設定がリポジトリごとに異なり、実際にコードを記述するまでにかなりの手順が必要となる場合が、少なくありません。さらに、抱えている2つのプロジェクトの環境が互いに干渉するというケースもあります。Codespacesを利用することで、GitHubから直接、全機能が完備されたクラウド開発環境を瞬時に起動できるため、短時間で開発作業に取り組むことが可能になります。


Codespacesでは、コード、依存関係、開発ツール、拡張機能、dotfilesを読み込むことができ、さらに環境の切り替えも簡単となります。いつでも環境から離れることが可能なので、次にその環境に戻ったときには、前回の表示を自動的に開いてくれます。

CodespacesはVisual Studioのテクノロジーを利用しており、コードエディタ「Visual Studio Code (VS Code)」ブラウザ版の全機能に加え、コード補完とナビゲーション、拡張、端末アクセスなどにも対応しています。デスクトップIDEを使用する場合は、GitHub上でCodespacesを起動させることで、利用中のデスクトップから接続することが可能になります。

Codespacesの料金プランはまだ決定していませんが、GitHubのコードエディタ機能は今後も無料でご利用いただけます。Codespacesをクラウド環境で使用する場合シンプルな従量制の料金プランを提供する予定です。現在の限定パブリックベータ版での提供期間中は、Codespacesを無料でご利用いただけます。

Codespacesの詳細はこちらをご覧ください。
https://github.com/features/codespaces/?utm_source=announcement&utm_medium=blog&utm_campaign=satellite-product-recap


GitHub Discussions:新しい議論の場
近日中にパブリックリポジトリ向けベータ版をリリース予定

ソフトウェアコミュニティは、共同でコーディングしているだけではありません。機能について考えを巡らせ、新規ユーザーに方向性を伝え、最適なソフトウェアの使用方法について共同で研究しています。これまでは、GitHub内でこれらの議論を交わせる場は、IssueとPull Requestに限定されていました。ところが、IssueもPull Requestも直線的な議論ができる場として、コードのマージには適しているものの、コミュニティにおけるナレッジベースを蓄積する場としては適していませんでした。こうした議論を交わすには専用の場が必要であるため、新たな機能としてGitHub Discussionsをリリースしました。


Discussionsは、プロジェクトリポジトリに格納されているため、コミュニティが共同で作業を行っている場所から、そのままアクセスできます。スレッド形式を採用しているので、議論の開始、返答、内容の整理などを簡単に行うことができます。回答済みの質問にマークを付けることで、コミュニティのナレッジベースが自動的に拡大されていきます。

Discussionsで交わされる議論は、Issuesのようにクローズされないため、よくある質問などの共有文献を管理する場所としても容易に使えます。コミュニティ内で交わされる議論も、コーディングと同様にプロジェクトへの貢献です。そのため、ユーザーのコントリビューショングラフにDisucussionsでの議論を反映するようになっています。

Discussionsは、現在、一部のオープンソースコミュニティによって、ベータ版をテスト中です。まもなく、他のプロジェクト向けにもリリースされる予定です。

DiscussionsでSatelliteに関する情報を検索する。
https://github.com/githubevents/satellite2020/discussions?utm_source=announcement&utm_medium=blog&utm_campaign=satellite-product-recap


コードスキャニングとシークレットスキャニング:安全なコーディング
新機能のベータ版をリリース

ソフトウェアコミュニティ内でのコラボレーションには、コードを安全に使用し、開発するためのツールとともに、自身によるミスが他者に影響を与えることを防ぐツールが必要です。昨年、GitHubはSemmleの買収 (https://github.blog/jp/2019-09-20-github-welcomes-semmle/) を発表し、GitHubの開発ワークフローにコードセキュリティを取り入れました。また、GitHubがCVE採番機関 (https://github.blog/jp/2019-09-25-securing-software-together/) として認定されただけでなく、GitHub Advanced Securityの提供も開始しました。今回、新たにクラウド機能のベータ版を2つリリースし、GitHubの機能を拡張しました。

コードスキャニング: GitHubが提供するネイティブ機能として統合しました。コードスキャニングが有効な場合、git pushコマンドを実行するたびに潜在的なセキュリティの脆弱性が精査され、その結果が直接Pull Requestに表示されます。このコードスキャニングには、実際の脆弱性 (https://securitylab.github.com/research/chromium-ipc-vulnerabilities ) の検知において他に類を見ない記録を持つ、世界最先端のセマンティック解析エンジン「CodeQL」を使用しています。また、オープンソース向けには本機能は無料で提供し、世界でも極めて重要なソフトウェアのセキュリティを担保します。パブリックプロジェクトであれば、どなたでもベータ版に登録し、利用いただけます。
https://github.com/features/security/advanced-security/signup?utm_source=announcement&utm_medium=blog&utm_campaign=satellite-product-recap





シークレットスキャニング(旧トークンスキャニング): プライベートリポジトリでも利用できるようになりました。この機能は、2018年からパブリックリポジトリ向けに提供されてきました。GitHubは、AWS、Azure、Google Cloud、npm、Stripe、Twilioなどの多くのパートナー (https://help.github.com/ja/github/administering-a-repository/about-secret-scanning ) と協力し、その対応範囲を拡大させてきました。意図せずに公開されている可能性がある情報が、1千万件以上も検知されていることから、お客様からプライベートコード向けにも同様の機能が求められていました。そのため、プライベートリポジトリ内についても、既知のシークレット形式に基づく情報の存在を監視し、そのような情報が見つかれば、速やかにディベロッパーに通知するように、シークレットスキャニングを強化しました。

コードスキャニングとシークレットスキャニングは、すべてのパブリックリポジトリ向けに無料で提供されています。また、GitHub Advanced Securityにも搭載されました。

プライベートリポジトリでのベータ版に登録する。
https://github.com/features/security/advanced-security/signup?utm_source=announcement&utm_medium=blog&utm_campaign=satellite-product-recap


GitHub Private Instances:コンプライアンスとセキュリティを重視する企業向けの新たなオプション
近日中にリリース予定

企業もGitHubコミュニティを活用してソフトウェアを開発しています。どれほど厳格なセキュリティやコンプライアンスの要件が課されていたとしても、すべての企業が安心してソフトウェアを開発し、使用できるようにしたいと、GitHubは考えています。このたび、企業向けとして新たなフルマネージドのオプション「GitHub Private Instances」について発表しました。GitHub Private Instancesは、Bring-Your- Own-Key(BYOK)型の暗号化、バックアップのアーカイブ、各地域のデータ保護要件への準拠など、セキュリティ、コンプライアンス、ポリシー関連の機能を強化します。

その他の情報
これらの発表のほか、世界各地から50人以上のスピーカーによるセキュリティ、DevOps、共同作業などに関するセッションの内容については、GitHub Satelliteの基調講演の動画をご覧ください。
GitHub Satelliteを視聴 (https://www.youtube.com/watch?v=FhZTPM9ysWk) する。


なお、GitHub Satellite Virtual 2020で発表した内容を日本語で説明するカンファレンス「GitHub Satellite Japan 2020」を、6月23日(火)[日本時間] に開催する予定です。本カンファレンスは、オンラインカンファレンスとなり、どなたでも無料で登録できます。カンファレンスの詳細は後日発表いたします。


GitHub Blog
英語
https://github.blog/2020-05-06-new-from-satellite-2020-github-codespaces-github-discussions-securing-code-in-private-repositories-and-more/
日本語
https://github.blog/jp/2020-05-08-new-from-satellite-2020-github-codespaces-github-discussions-securing-code-in-private-repositories-and-more/


GitHubに関する情報は、こちらからもご覧いただけます。
Blog: (英語) https://github.blog/ (日本語) https://github.blog/jp/
Twitter: (英語) @github( https://twitter.com/github )      
     (日本語) @GitHubJapan( https://twitter.com/githubjapan )


【ギットハブについて】https://github.co.jp
GitHubは世界で5,000万人にのぼる開発者および290万の組織に利用される開発プラットフォームです。プログラミング環境にオープンな会話と協調を重んじるコミュニケーションによって、コラボレーションを促進する開発環境を提供しています。これらの開発を実現するワークフローで必要となるコードレビュー、プロジェクトおよびチームマネージメント、ソーシャルコーディング、ドキュメント管理などに、これまで以上の効率性と透明性をもたらし、より高速かつ品質の高いソフトウェア開発を支援しています。
GitHubは多様なユースケースに適した開発プラットフォームを用意しており、オープンソースジェクトから企業における機密性の高いソフトウェア開発までに対応できます。無料で利用できるパブリックリポジトリはオープンソースプロジェクトにて多く利用されていますが、プライベートリポジトリが利用できる有償サービス、GitHub EnterpriseやBusiness on GitHub.comなども提供しています。
2008年に米国サンフランシスコで創業したGitHub, Inc.は、初の海外支社として、2015年に日本支社を開設しました。

本件に関するお問合わせ先
【製品/サービスに関するお問い合わせ先】
ギットハブ・ジャパン営業およびサポート窓口 
Email:jp-sales@github.com

【報道関係者からのお問い合わせ先】 
ギットハブ・ジャパンPR事務局(プラップジャパン内)
担当:牟田 / 西田
Email:GitHub@prap.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
ギットハブ・ジャパン合同会社
ホームページ
https://github.co.jp/
代表者
   
上場
未上場
所在地
〒105-0012 東京都港区芝大門 1-10-1PMO芝大門7F

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所