湘南工科大学×Unity Technologies -- ゲームエンジンUnityを活用したアプリ開発で「地域に貢献できる即戦力の人材」を育成



湘南工科大学(神奈川県藤沢市)はこのたび、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(本社:東京中央区)が発足したコンソーシアム「Unityアカデミックアライアンス(UAA)」契約を結んだ。同社は世界中で広く使われているゲーム開発支援ツール「Unity」を開発しており、UAAはAR・VR開発やゲーム開発などのプログラムに関するサポートを高等教育機関向けに提供することを目的としたもの。同大では今後、Unityを活用した地域連携などの取り組みをより積極的に行っていく。




 神奈川県藤沢市にキャンパスを構える湘南工科大学は約60年の歴史を誇り、開学以来、社会のニーズに対応できる「即戦力」の人材を輩出している。
 常に最新のテクノロジーに触れながら教育を受けられる環境を整備するとともに、学生が能動的に授業に参加し、実践を繰り返すことで理解を深めながら成長していく「アクティブラーニング」を推進。さまざまなビジネス分野において求められる高度なICT技術を持った工学技術者を育成している。


 このたび同大が締結したUAAは、ARおよびVR開発、ゲームデザイン・開発、ニューメディア、インタラクティブアーツ、コンピューターサイエンスなどのインタラクティブなデザインや開発のプログラムについてのサポートや製品を、世界各国の高等教育機関に提供するためのもの。Unityは、世界的に有名なゲームメーカーでも採用されており、Unityが使えることは就職活動での強みにもなる。


 同大では地域との連携に力を入れており、特にコンピュータ応用学科では自治体との産官学連携プロジェクトに積極的に取り組んでいる。そうした活動の一環としてアプリの開発を行っており、Unityの活用は不可欠なものとなっている。
 今後も同大は、Unityを用いた「地域との繋がり」を大切にした取り組みを続けていく。


【自治体と連携した地域振興のためのスマホアプリ開発】
 コンピュータ応用学科・橘俊宏講師の研究室では、藤沢市や同地域の団体などと協働でスマートフォン向けアプリ開発に取り組み、大きな成果を上げている。藤沢商工会議所と連携して日本語版と英語版を開発した「藤沢グルメガイド」は、その一例となる。
 アプリのデザイン、イラスト、実装などの各工程はすべて学生たちの手で行われている。アプリの開発費は自治体から提供されており、クライアントからの要望へのフィードバックなど「受託開発」さながらの体験をすることができる。
 また、学生は就職活動の際に自らが携わったアプリを提出することで「Unityでの開発経験がある」という明確なスキルを提示することもできる。


【全学的な取り組みとしてUnityを導入】
 湘南工科大学ではコンピュータ応用学科以外に、同大独自の取り組みである「学科横断型学修プログラム」においてもUnityを活用している。
 このプログラムは、より高度な専門技術を学びたい学生が、学科の枠を越えてチームを作りプロジェクトに取り組むもの。特にXRメディアコースでは、自動車運転シミュレーションを制作するなど、多種多様なプロジェクトに取り組み、その成果を学会や展示会などで発表している。また、大学祭においてもVRなどを使ったコンテンツを公開し、来場した近隣の子供たちに大きな人気を博している。


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
湘南工科大学
ホームページ
http://www.shonan-it.ac.jp/
代表者
渡辺 重佳
上場
未上場
所在地
〒251-8511 神奈川県藤沢市辻堂西海岸1丁目1-25
連絡先
0466-30-0271

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所