公開講座「ラグビーワールドカップ2019のボランティアを語る」(東京) 開催報告

ラグビーワールドカップ2019ボランティア経験者から
大規模国際スポーツイベントボランティア活動へのヒントを得る

日本スポーツボランティアネットワーク(所在地:東京都港区 理事長:渡邉一利 以下:JSVN)は、
2020年1月22日(水)JSVN公開講座「ラグビーワールドカップ2019のボランティアを語る」を日本財団ビル(東京都港区)で開催しました。
本講座はラグビーワールドカップ2019(RWC2019)のボランティア経験者が座談会形式で活動経験について語り、東京2020大会などの今後開催される大規模国際スポーツイベントでボランティアがどのように活躍できるか展望しました。

開催概要
【日  時】2020年1月22日(水)18:30~20:00
【会  場】日本財団ビル2F(東京都港区赤坂1-2-2)
【主  催】特定非営利活動法人日本スポーツボランティアネットワーク
【参加人数】104名
【次  第】
(1)ラグビーワールドカップ2019日本大会及びボランティアの概要
(2)ラグビーワールドカップ2019のボランティアを語る
(3)質疑応答
【登壇者】
《スピーカー》
●荒木 吉雄 氏 RWC2019ボランティア横浜会場 関係者パス発行サポート
(JSVNスポーツボランティア・コーディネーター、講師/湘南スポーツコミュニティセンター所属/藤沢市 東京オリンピック・パラリンピック開催準備室 ボランティア推進員)
●松下 直子 氏 RWC2019ボランティア東京会場 会場内観客サービス
(JSVNスポーツボランティア・上級リーダー/⽇本電気株式会社 コーポレートコミュニケーション本部 エンゲージメント推進室 主任)
《ファシリテーター》
●澁谷 茂樹
(JSVN 事務局長/公益財団法人笹川スポーツ財団 研究調査グループ シニア政策アナリスト)


開催内容
開演後、ラグビーワールドカップ2019日本大会(RWC2019)及びボランティアの概要について説明されました。RWC2019ボランティアは「TEAM NO-SIDE」の名称で、全国12会場のスタジアムを中心に、約1万3千人が活動しました。





続いて、RWC2019ボランティア経験者である荒木氏と松下氏のお二人から
「活動内容と体制、活動中に苦労したこと、やりがいを感じたこと、今後の大規模国際スポーツイベントに向けて」の、4つの観点から経験談を語りました。
横浜国際総合競技場にて関係者パス発行サポ―トを担当した荒木氏は、
「最初は、ボランティアユニフォームを家から来て行くことは恥ずかしい気持ちもあった。しかし、活動をしていく中でユニフォームを着ていることが嬉しくなり、観客への声かけもしやすくなっていた。」と大会期間中の心情の変化を話されました。



東京スタジアムで会場内観客サービスとして、スタジアム内で観客の誘導を担当した松下 氏は「活動中は予測していなかったハプニングや課題があったが、一つひとつ解決しながら日々改善していったことが一番のやりがいだった。」と語り、大会期間中に直面した様々な課題をリーダーとしてメンバーと協力しながら解決していった様子を語りました。



参加者の中には、お二人の他にも大会ボランティア経験者が多く参加しており、横浜、東京会場以外の様子もフロア参加者から発表され、多様な現場があったことが伝えられました。そんな中でも多くの現場で共通していたことは、ボランティア一人ひとりがそれぞれ創意工夫をしながら、自主的に課題や困難を乗り越えていたことです。具体的には、休憩のローテーションが上手く回らなかった時、ボランティアが自主的にシフト表を作成したこと。活動日ごとにメンバーが異なった現場では、連絡ノートを使用して次回のメンバーへの引継ぎをしたこと。

ボランティアの本質である自主性が発揮された様子が多く語られ、参加者の多くが、今後開催される大規模国際スポーツイベントでのボランティア活動へ向けて、ヒントを得たようでした。




今後の開催予定
公開講座「ラグビーワールドカップ2019のボランティアを語る」は、今後も全国3会場で実施し、現在参加者を募集しています。
詳細、お申込方法は下記URLをご確認ください。

●愛知県
【日 時】 2020年2月1日(土)13時00分~15時00分
【場 所】豊田スタジアム B2大会運営室1-3 (愛知県豊田市千石町7-2)
【申込先】https://spovol.net/seminars/detail/?pid=195
【スピーカー】
(1) 竹澤正剛氏  RWC2019ボランティア 横浜会場 ワークフォースサポート(JSVNコーディネーター、講師)
(2) 山本紗彩子氏 RWC2019ボランティア 静岡会場 会場運営サポート(慶應義塾大学 学生)
(3) 神野幹也氏  RWC2019 元ボランティアマネージャー

●福島県
【日 時】 2020年2月8日(土)13時00分~14時30分
【場 所】福島学院大学駅前キャンパス5階教室3 (福島県福島市本町2-10)
【申込先】https://spovol.net/seminars/detail/?pid=191
【スピーカー】
(1) 渡部啓亮氏 RWC2019ボランティア 東京会場 観客誘導(日本財団ボランティアサポートセンター インターン)
(2) 齋藤道子氏 RWC2019ボランティア 釜石会場 ワークフォースサポート(JSVN講師、うつくしまスポーツルーターズ 事務局長兼副理事長)
(3) 神野幹也氏 RWC2019 元ボランティアマネージャー

●大阪府
【日 時】 2020年3月14日(土)13時00分~14時30分
【場 所】大阪リゾート&スポーツ専門学校 (大阪府大阪市淀川区西中島3-6-2)
【申込先】https://spovol.net/seminars/detail/?pid=196
【スピーカー】
(1) 飯塚寿代氏 RWC2019ボランティア 横浜会場 会場内観客サービス(JSVNコーディネーター、講師)
(2) 西 聡司氏 RWC2019ボランティア 釜石会場ボランティア メディアサポート(JSVNコーディネーター)
(3) 神野幹也氏 RWC2019 元ボランティアマネージャー

※各講座参加費2,000円(JSVNスポーツボランティア研修会修了者は 1,000 円)
【過去の公開講座の様子はこちら】https://spovol.net/participa
【一部のスピーカーのインタビューはこちら】https://spovol.net/activities

【日本スポーツボランティアネットワークとは】
日本スポーツボランティアネットワークは、スポーツボランティア文化の醸成を図り、一人ひとりの豊かなスポーツライフの形成を目指して、全国のスポーツボランティア団体のネットワーク化に取り組んでいます。
ホームページ(スポボラ.net)では、スポーツボランティア募集情報や、スポーツボランティアについて学ぶ機会の提供をしています。
●スポーツボランティアに参加してみる
https://spovol.net/events?category=3
●スポーツボランティアを学んでみる
https://spovol.net/events?category=2
●ボランティアを募集したい団体の方
https://spovol.net/archives/member

本件に関するお問合わせ先
日本スポーツボランティアネットワーク
TEL:03-6229-5620
info@jsvn.or.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日本スポーツボランティアネットワーク
ホームページ
https://spovol.net/
代表者
渡邉 一利
上場
未上場
所在地
〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2日本財団ビル3階
連絡先
03-6229-5620

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所