キリ(R)クリームチーズを使用した各店各社オリジナルの新商品が登場! 「Kiri(R) Happy Festival 2019」スタート

ベーカリー初参加の3社10商品を一斉販売&あなたはどっち派キャンペーンを同時開催
2019年11月1日(金)~12月1日(日)の期間限定販売

 ベルジャポン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:Francois-Xavier Moreau フランソワ - グザビエ・モロー)では、「キリ クリームチーズ」を使用した各社オリジナルの新商品を、株式会社銀座コージーコーナー、株式会社不二家、株式会社ポンパドウルの全国の店舗にて一斉販売する、「Kiri® Happy Festival 2019」(以下、「キリフェス2019」)を11月1日(金)~12月1日(日)まで開催します。3社10商品を全国約1200店舗にて期間限定販売いたします。


<参加店舗>


 「キリフェス」とは、素材としての「キリ」の魅力を幅広く知ってもらうために、「キリ クリームチーズ」を使用したオリジナル商品を、各店舗にて一斉に提供する期間限定の祭典です。2018年よりスタートした本祭典は今年2年目を迎えます。今年は「しあわせ、とろける、ひとときを。」をコンセプトに、初コラボとなるベーカリー企業を含めた、全国に店舗を構える3社とコラボレーション。計10商品を全国約1200店舗で販売いたします。参加する銀座コージーコーナーは「チーズ好きにもケーキ好きにも満足いただける、多彩なラインナップをご用意しました。たくさんの方に食べていただきたいです。」と想いを語っています。不二家では「キリ クリームチーズとケーキのベストバランスを是非お楽しみください。」、ポンパドウルは「総業50周年記念商品としてキリ クリームチーズを使用した商品を販売します。冷めても美味しいですが、焼き立てを是非召し上がっていただきたいです。」とそれぞれコメントしています。

 また、ベルジャポンでは期間中に「Kiri® Happy Festival 2019」の特設サイトを設け(https://www.bel-japon.com/kiri/treat/kirifes/)、参加商品の紹介を行なうとともに、「あなたはどっち派?しあわせ投票キャンペーン」「とろけるひととき!しあわせ投稿キャンペーン」の2つのキャンペーンを実施します。「あなたはどっち派?しあわせ投票キャンペーン」では、こだわりがつまった「王道」の商品から、トレンドを踏まえた今どきの「絶品」の商品まで幅広い「キリフェス2019」商品が2つのカテゴリーに分けられており、どちら派の商品を食べたいか投票していただくと、抽選でギフト券が50名様に当たるキャンペーンです。さらに、実際に購入いただいた該当商品の写真をSNSに投稿する「とろけるひととき!しあわせ投稿キャンペーン」では、投稿していただいた方の中から抽選で、ギフトカードまたは参加企業ギフトセットが計100名様に当たります。


<商品概要>
★「こだわりの王道」カテゴリー商品


★「今どきの絶品」カテゴリー商品




<キャンペーン概要>


<参加店舗情報>
・銀座コージーコーナー 本店:東京都中央区(銀座) 販売店数:約400店
・不二家   本店:東京都文京区 販売店数:約700店
・ポンパドウル 本店:神奈川県横浜市 販売店数:約77店


<ブランドストーリー>

「キリ クリームチーズ」は、自然豊かなフランス北西部・サルト県のサブレ地方の契約農家で大切に育てられた牛からのみ採れた新鮮なミルクと生クリームを原料に作られています。フランスで1966年の発売以来、素材にこだわったクリーミーな美味しさと、愛らしいロゴと個包装の手軽さでたちまち大人気となり、今では子供から大人まで世界中の多くの方に親しまれています。また、その美味しさから料理やスイーツの原材料としても高く評価され、シェフやパティシエなど多くの食のプロフェッショナルから支持されています。




本件に関するお問合わせ先
■本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先
キリブランド広報サポート ㈱プラップジャパン(担当:平松、廣島)
Tel: 03-4580-9102 Mail: kiri@ml.prap.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
ベル ジャポン株式会社
ホームページ
http://www.bel-japon.com/
代表者
大高  寛
資本金
27,000 万円
上場
未上場
所在地
〒107-0062 東京都港区南青山3丁目13番18号 313南青山ビル 5階
連絡先
03-6439-1333

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所