DHLグローバルフォワーディング、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップの最終戦に向けラストラップに入る

・DHLは、9月7日、8日に千葉市で開催される最終戦に向け、飛行機の機体、パーツから、ハンガー、パイロンに至るまで、400トン近くに及ぶレース関連貨物を航空・海上で輸送した
・DHLグローバルフォワーディングがレッドブル・エアレースをサポートするのは今年5年目で、エンド・ツー・エンドの貨物取扱、通関手続き、通関書類の作成を担当


東京 - Media OutReach - 2019年9月9日

航空、海上、陸上貨物輸送のグローバルリーダーであるDHLグローバルフォワーディングは、1ヶ月前、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップに向けた追い込みに入り、レース装備を積載したコンテナ22台を積み、船旅に出発しました。



DHLは、9月7日(土)にコース1週を走るタイムが最も速かった人を表彰する「DHLファステストラップアワード」をマーティン ソンカ選手が授与するまでに、千葉で開催されるワールドチャンピオンシップ最終戦に向け、飛行機の機体、ハンガー、パイロン、アンカーなど400トン近くの貨物を輸送しました。

レッドブル・エアレース社ゼネラル・マネジャーのエリックウルフ氏は、「航空の世界でも類を見ないスポーツの14年間の歴史に、千葉大会をもって幕を下ろしました。当初より、レッドブル・エアレースは可能性の限界を引き上げることを目指し、シーズンごとにより洗練されたレース技術を導入し、パイロットやチームが進歩を遂げ、そしてこのダイナミックな舞台を準備する際の運用上の複雑さに対する解決策を見つけることで、これを成し遂げてきました。確実なロジスティクスとサプライチェーンの基盤を提供したDHLグローバルフォワーディングを含む、最終戦の日本においてエキサイティングなクライマックスを迎えるために協力してくださったパートナーの皆様に、私たちは非常に感謝しています。」と述べています。

千葉で開催された最終戦に向け、DHLグローバルフォワーディングは、米国、オランダ、オーストリアから海上輸送で240トンを超えるレース装備品を輸送しました。一方、飛行機の機体やパーツなど緊急度合の高い155トンの貨物については、前回大会開催地のハンガリー・バラトン湖から12時間以内に発送されました。DHLは全ての通関手続き、通関書類の作成、そしてラストマイルのトラック輸送で最終的に130台以上の車両を運行するなど、パイロットと観戦者の両者に最大限のコンプライアンスと安全性を確保しています。

2019年ワールドチャンピオンシップ最終戦終了後の表彰式にて、「DHLファステストラップアワード」のトロフィーを授与したDHLグローバルフォワーディングジャパン株式会社の代表取締役社長および北アジア南太平洋地区CEOのチャールス カウフマンは、「過去5年間にわたり、当社はレッドブル・エアレース向けのロジスティクス・ソリューションに改良を重ね、モータースポーツ・シリーズの舞台となる非常に多様な運営環境にも可能な限り対応できるよう、確実性をさらに高めてきました。アジア太平洋地域における年間成長率10%に近い成長に牽引され、今後3年間で世界のスポーツ市場の成長が加速することが見込まれる中、当社はハイ-インテンシティなスポーツイベントやそれに必要となるロジスティクス・ソリューションの需要は今後も増加し続けると確信しています。こうしたことは、今年レッドブル・エアレースに別れを告げても、今後について楽観視する大きな要因となります。」と述べています。
ー 以上 ー

DHL 50年の歩み
DHLは、1969年にサンフランシスコで3人の起業家によって設立され、2019年に50周年を迎えます。同社は、航空便で書類を翌日配達する革新的な新サービスを発表し、伝統的な配送業界の常識を覆す先駆者となりました。以来、DHLは世界で事業を展開するグループ会社に成長し、世界220以上の国・地域で約38万人の従業員を擁し、ロジスティクスとサプライチェーン・サービスの全領域を網羅しています。DHLでは、顧客中心主義と 「やればできる」文化を掲げ、世界初のワードプロセッシングコンピュータの1つである 「DHL1000」 から、Deutsche Post DHL Groupが開発した環境に優しい電動配達車両 「StreetScooter」の導入まで、50年に及ぶイノベーションを促進してきました。DHLは、「ミッション2050 」で2050年までにグループ全体で二酸化炭素排出量をゼロにするというコミットメントを示し、ロジスティクス業界の先駆者であり続けています。

DHL -- 世界のロジスティクス企業
DHL はロジスティクス業界のグローバルにおけるリーディングブランドです。グループの各部門が提供するサービスは、他社の追随を許さない広範囲なポートフォリオを構成しており、国内および国際小包配達から、eコマースの受注・商品配送、国際エクスプレス、陸上、航空・海上輸送、産業サプライチェーンマネジメントにまでおよびます。世界220以上の国・地域で36万人の従業員が、人々やビジネスをしっかりと確実に繋ぎ、グローバル貿易のフローを支えています。テクノロジー、ライフサイエンスやヘルスケア、エネルギー、自動車、そして小売りなどの産業、成長市場向けの特別なソリューション、これまでの社会的責任へのコミットメント実績および発展市場における強固な事業基盤から、「世界のロジスティクス企業」と明白に位置付けられています。
DHLは、ドイツポストDHL傘下のブランドで、グループ全体の2017年の売上は600億ユーロ超に達します。

レッドブル・エアレースについて
レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップは2003年に開始され、これまでに全世界で80レース以上開催されています。世界トップクラスのレースパイロットたちが、高速で機動性に優れた軽量のレース専用飛行機を操縦し、空気で膨らませた高さ25mのパイロン(エアゲート)で構成された低空の空中コースを、最大時速370kmに達するスピードと最大加速度12Gに耐えながら飛行し、技の正確さと速さを競う飛行機レースの世界選手権です。2014年には、次世代のパイロットがワールドチャンピオンシップを争うマスタークラスに昇格するために必要なスキルを養う場としてチャレンジャーカップが始まりました。
https://airrace.redbull.com/

本件に関するお問合わせ先
【メディア関係者向け連絡先】
DHLアジア太平洋及びEEMEA(東ヨーロッパ、中東及びアフリカ)
コーポレートコミュニケーションおよびレスポンシビリティ
Jenny Yeo / Jeslyn Pua
電話番号: +65 6879 8332 / +65 6879 8343
Eメール: apeemeamediarelations@dhl.com

この企業の情報

組織名
DHLグローバルフォワーディング
ホームページ
 
代表者
Jenny Yeo
上場
未上場
所在地
〒140-0002 東京都東京都品川区東品川 1-37-8

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所