春が旬!チリ産ぶどうを使ったタルトが販売中!

4/24(火)まで菓子工房 ミュゼ・ド・ガトーのオンラインショップにて


チリ果物輸出協会(ASOEX: The Chilean Fruit Exporters Association)は、チリ貿易振興局(ProChile)と協力して、日本でのチリ産フルーツの認知度向上、消費拡大を目指し、PR活動を行っています。

チリ産フルーツの中でも、今まさに旬なのがチリ産ぶどうです。南半球に位置するチリは季節が日本と逆のため、国産ぶどうが出回らない日本の春に旬を迎えます。チリは世界でもトップクラスの生食用ぶどうの生産地で、その高い品質には定評があります。最大の特長は、皮が柔らかく丸ごと食べられることです。日本で人気の品種は、鮮やかな緑の楕円形で皮が薄く、フレッシュで食べやすいトンプソン・シードレス種(グリーンシードレス)、甘くてジューシーで粒が大きいレッドグローブ、甘酸っぱく歯ごたえが良いクリムゾンシードレス種(レッドシードレス)等です。チリ産フルーツは、食の国際基準、GAP(農業生産工程管理)に準拠した厳しい生産基準を順守しており、安全性にも特化しています。

この、今が旬のチリ産ぶどうは、各地のスーパーマーケットで販売されている他、多くのフードサービスでも提供されています。その一例として、フレッシュなトンプソン・シードレス種を使ったタルトが下記にて販売中です。

商品名:チリ産 “トンプソン・シードレス” のタルト
販売店舗:菓子工房 ミュゼ・ド・ガトー(洋菓子の通販サイト)
http://www.musee-de.jp/ecrin-bijoux/entry-30707.html
価格:4,320円(税込)
サイズ:直径15㎝
販売期間:2018年4月24日(火)迄
商品特長:(菓子工房 ミュゼ・ド・ガトーの販売サイトより)
「白ぶどうのトンプソン・シードレスは、長楕円形で皮は薄くパリッとした歯ざわりでジューシー、名前の通り種がほとんど無くそのまま食べられます。
アーモンド風味の甘めのタルト生地に、中はカスタードクリーム、そして今が旬のチリ産トンプソンをふんだんに敷き詰め、ピスタチオと乾燥させたレモンのチップを添えました。」

チリ果物輸出協会は、様々な活動を通じて、今後も日本の消費者の皆様に、チリ産フルーツの美味しさと安全性をアピールしてゆきます。

チリ・フレッシュフルーツ キャンペーン事務局 ㈱旭エージェンシー内
Tel: 03-5574-7890 Fax: 03-5574-7887  E-mail: uneme@asahi-ag.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
チリ果物輸出協会
ホームページ
 
代表者
Carvajal Christian
上場
未上場
所在地
〒107-6033 東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル33F
連絡先
03-5574-7890

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所