「ぷにぽにょレアチーズ」2月1日(木)より期間限定で発売開始

「ぷにっぽにょっ」な食感が楽しめるkiri(R)のかわいい新作スイーツ!

 ベル ジャポン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:大高 寛)は、同社のクリームチーズNo.1*ブランド kiri®のライセンス提供を通じ、株式会社プレシア(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:花井 秀年)が、kiri®を使用した新商品「ぷにぽにょレアチーズ」を2月1日(木)より期間限定で発売することを発表します。
*インテージSRI クリームチーズ市場 2015年7月~2017年6月 累計販売金額シェア

 ベル ジャポン株式会社は、株式会社プレシアとコラボレーションした「PREMIUM SWEETS WITH KIRI®」シリーズを2016年の春から販売しております。同シリーズは、「キリ クリームチーズ」の優しく上品な味わいが特徴で、家事の合間や仕事帰りに欲しくなる毎日の「ごほうびスイーツ」として人気を博し、多くのお客様から好評をいただいています。

 この度、「PREMIUM SWEETS WITH KIRI®」シリーズの新商品として、「ぷにぽにょレアチーズ」を2月1日(木)より期間限定で発売します。「ぷにぽにょレアチーズ」は、もちもちとした食感の生地に、濃厚でふわふわなレアチーズホイップを入れた一口サイズのスイーツです。レアチーズホイップ中に「キリクリームチーズ」を26%使用しており、濃厚な「キリ」の味わいをしっかり感じることができるとともに、もちもちとした生地と口に入れた瞬間にふわっととろけるホイップの「ぷにぽにょ」な食感をお楽しみいただけます。また、本商品は温かい飲み物とも相性抜群で、寒い冬にほっと一息つきたい時にもぴったりです。

 ぜひ多くのお客様に、濃厚なキリの味わいと「ぷにぽにょ」とした食感を楽しめる「ぷにぽにょレアチーズ」をお楽しみいただければと存じます。



<PREMIUM SWEETS WITH KIRI®シリーズについて>

『「キリ クリームチーズ」の美味しさをより多くの方に、もっと身近に感じていただきたい』
『「キリ クリームチーズ」を使用したお菓子やスイーツで、忙しい毎日の日々に「ちょっとしたごほうび時間」をご提供したい』

この思いから、2016年より株式会社プレシアとのコラボレーション商品である「PREMIUM SWEETS KITH KIRI®」シリーズを販売しています。コラボレーション商品第1弾として発売し、累計販売個数890万個を超える大人気商品となった「レアチーズタルト」をはじめ、新商品や季節限定商品などを継続的に発表する ことで、消費者の皆様に一年を通してお楽しみいただけるラインナップを展開しています。

<PREMIUM SWEETS WITH KIRI®シリーズ 商品群>
■レアチーズタルト
■キャラメルレアチーズタルト
■まっ白なチーズロール
■レアチーズホイップのプチシュー
■濃厚チーズプリン

<キリ クリームチーズ>
「キリ クリームチーズ」は、自然豊かなフランス北西部・サルト県のサブレ地方の契約農家で大切に育てられた牛からのみ採れた新鮮なミルクと生クリームを原料に作られています。フランスで1966年の発売以来、素材にこだわったクリーミーな美味しさと、愛らしいロゴと個包装の手軽さでたちまち大人気となり、今では子供から大人まで世界中の多くの方に親しまれています。また、その美味しさから料理やスイーツの原材料としても高く評価され、シェフやパティシエなど多くの食のプロフェッショナルから支持されています。

<会社概要>

商号:ベル ジャポン株式会社
代表取締役:大高 寛
創立:平成17年11月1日
資本金:2億7,000万円
事業内容:フランス フロマジェリー・ベル社の日本法人として、
「キリ クリームチーズ」を始めとするチーズ製品の輸入販売
(一部製品は国内委託製造)、マーケティング活動、新製品開発、
販売会社への営業支援、品質の向上等の業務
事業所:〒107-0062
東京都港区南青山3丁目13番18号 313南青山ビル5階
本件に関するお問合わせ先
■お客様のお問い合わせ先
株式会社プレシア お客様相談室 Tel: 0120-082-994 (9~17時 土・日・祝日を除く)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
ベル ジャポン株式会社
ホームページ
http://www.bel-japon.com/
代表者
大高  寛
資本金
27,000 万円
上場
未上場
所在地
〒107-0062 東京都港区南青山3丁目13番18号 313南青山ビル 5階
連絡先
03-6439-1333

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所