SAS、ブリヂストンにAI技術を搭載した「SAS(R) Analytics for IoT」を提供

~ブリヂストンの最先端タイヤ生産システムの自動化/品質向上研究を支援~

アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:堀田徹哉、以下 SAS)は、株式会社ブリヂストン(本社:東京都中央区、取締役 代表執行役 CEO:津谷正明、以下 ブリヂストン)に「SAS(R) Analytics for IoT」を提供します。

SAS Analytics for IoTは、IoTソリューションの実装に不可欠な、Sense、Understand、Actの一連のプロセスを統合し、システムの構築からデータ管理、モデリング、実行までをシームレスに実現できるSASのIoT アナリティクス・プラットフォームです。製造現場においては、センサーデータの取得や、熟練技能員が持つノウハウのデータ化などによりデジタライゼーション(Sense)を可能にします。また、収集された膨大なデータから機械学習技術を利用したモデリングにより、例えば品質のばらつきが発生しやすい製造要因を理解(Understand)し、それに基づきストリーミング技術によって生産工程を制御し適切な調整を実行(Act)することが可能です。

ブリヂストンが構築する新システムでは、SAS Analytics for IoTを採用し、設計データやゴムなどの材料加工に関するデータ、タイヤの生産工程で得られる膨大なビッグデータなどタイヤの生産に関するデータから、タイヤの品質を左右する最適な条件や設定を自動学習させます。この学習済みAIに対してデータ・サイエンティストがチューニングを行った上で製造プロセスにおける判断・動作を自動制御させることで、従来、技能員のスキルに依存していた品質のばらつきの低減を目指します。

今回のSAS Analytics for IoTの採用にあたり、ブリヂストン IT・ロボット技術改革部 IT技術革新ユニット 窪山英希氏は次のように述べています。「SASのアナリティクスにおける豊富な導入実績とノウハウを高く評価しました。SASのIoTソリューションが、センサからあがってくるデータをリアルタイムに分析できるだけでなく、その結果に基づきアクションまでを自動制御してくれるという点は非常に魅力的で、我々の目指すタイヤ生産のコンセプトを実現する上で重要なポイントとなりました」

SASは今後も国内外の先進的な取組みにおける実績やノウハウをもとに、最先端の機械学習やコグニティブ・テクノロジー、IoTデータのストリーミング処理などの提供・活用支援を通じて、ブリヂストンの先進的なスマートファクトリーと品質向上の取組みを支援していきます。


<SAS Institute Inc.について>
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なアナリティクス、ビジネス・インテリジェンス、ならびにデータ・マネジメントに関するソフトウェアとサービスを通じて、80,000以上の顧客サイトに、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。


*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
SAS Institute Japan株式会社
ホームページ
http://www.sas.com/jp
代表者
堀田 徹哉
資本金
10,000 万円
上場
未上場
所在地
〒106-6111 東京都港区六本木六本木ヒルズ森タワー 11F
連絡先
03-6434-3000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+