1年で売上8.6倍!首元の角質粒※ケア商品『つぶぽろん』 -売上好調のお知らせ- ※古い角質

 株式会社リベルタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤透)は、2015年から全国のドラッグストア、バラエティショップ、GMS(総合スーパー)で販売している首元の角質粒(※1)ケア商品「つぶぽろん」が、1年で売上8.6倍(※2)まで伸長し、今年に入ってからは約半年で、進捗率が176%(※3)と、昨年よりも売上好調であることをご報告します。

◆つぶぽろんECサイト:http://nonplex.jp/item/167

〔ヒットの理由(1)〕今までにない、新しい商品
『つぶぽろん』は、首元のポツポツである角質粒(※1)に着目した商品です。30代頃から首元やワキの下、お腹など身体の様々な箇所に角質粒(※1)ができやすくなります。実は多くの女性がこの角質粒(※1)に悩んでいる中、対処方法はハサミで切る、レーザー治療、液体窒素で冷凍など、手軽にケアする事が困難でした。
そこで当社では自宅で簡単にセルフケアができるよう「つぶぽろん」を開発。角質柔軟化に特化した18種類の和草エキスジェルを配合し、先端にシリコン製のピーリングブラシを付けることで、『角質柔軟化+物理的ピーリング』というWの効果を発揮。まさに自然に”つぶをぽろん”と取る事を促す、今までにない商品が誕生しました。

〔ヒットの理由(2)〕店頭プロモーションで工夫
 角質粒(※1)に悩んでいる女性が多いけれど、店頭では気軽に手に取りにくく、人目を少し気にしてしまうお悩み商品。そこで、あえて目立ちにくい店内の奥の方に商品を陳列することで、誰にも見られずじっくりと選ぶことができるよう工夫をしました。
また、今まで市場にあまり出回っていない商品という事もあり、販促物とパッケージは、見た瞬間に何の商品か分かってもらう事を重要視しました。例えば”角質粒”(※1)の言葉に馴染みの無い人にも訴求できるよう、「首のポツポツ」と連想しやすい言葉を用いたり、インパクトのある写真を採用し、「つぶぽろん」という分かり易いネーミングにすることで、パッケージ自体がPOPになる役割を果たすようにしました。

結果として、1年で売上が8.6倍(※2)まで伸長、今年に入って約半年で進捗率が176%を達成(※3)するなど、「角質粒ケア」カテゴリーの確立に成功しました。
今年『つぶぽろん』は、前年売上対比377%を目標とし、今後はさらなる市場拡大と共に、シェア率80%を目指します。

※1 古い角質 ※2 2015年1-7月に対し2016年1-7月時点、テスト販売含む  ※3 2016年7月時点


■つぶぽろんとは
角質粒のケア商品。シリコン製ピーリングブラシでやさしくこするだけで、物理的ピーリング効果とブラシ中央から出る角質柔軟化に特化した 18 種類の和草エキスのダブル効果で角質粒に成分が浸透し、角質粒が取り除きやすくなります。朝晩1日2回、日中のケアとしてオススメです。

■商品概要
商品名:つぶぽろん
価格:1,750円(税別)
販路:全国のドラッグストア、バラエティショップ、GMS(総合スーパー)
内容量:1.8ml
成分:水、DPG、トレハロース、BG、カルボマー、フェノキシエタノール、ヒドロキシエチルセルロース、メチルイソチアゾリノン、ヒメコウジ葉エキス、水添レシチン、ダイズステロール、セラミド2、セラミド3、セラミド6II、グリチルリチン酸2K、水酸化K、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、グリセリン、ジフェニルジメチコン、トリエチルヘキサノイン、ハトムギ種子エキス、ヒアルロン酸Na、マグワ根皮エキス、オタネニンジン根エキス、トウキ根エキス、シャクヤク根エキス、ワレモコウエキス、ユズ果実エキス、スギナエキス、ドクダミエキス、ヨモギ葉エキス、チシマザサ水、セイヨウニワトコ花エキス、ビワ葉エキス、甜茶エキス、チャ葉エキス、ゴボウ根エキス、トマト果実エキス、エタノール、アンズ種子エキス、サリチル酸
本件に関するお問合わせ先
株式会社リベルタ
株式会社リベルタ 広報・PR担当 代田(シロタ)・井原(イハラ)・照喜名(テルキナ)
150-8512:東京都渋谷区桜丘町26番1号セルリアンタワー5F
TEL:03-5489-7667 FAX:03-5489-7686
E-mail:mkt@liberta.net

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社リベルタ
ホームページ
https://liberta-j.co.jp/
代表者
佐藤 透
資本金
1,307 万円
上場
未上場
所在地
〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26番1号セルリアンタワー5階
連絡先
03-5489-7670

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所