リュックの裏に付けるだけで、夏特有の背中蒸れを軽減するひんやりシートが登場! 子どもの通学からビジネスマンの通勤まで、あらゆる世代に役立つ最新涼活アイテムが5月中旬よりECサイトにて販売開始

URL : https://www.crossplus.jp/Form/Product/ProductList.aspx?shop=0&bid=ryoukatsuhonpo&sort=10&udns=2


 創業70年の老舗アパレルメーカー・クロスプラス株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:山本 大寛)は、日常生活から休日まであらゆるシーンで夏を快適にサポートするブランド「涼活本舗」から、リュック専用のひんやりアイテム「クールリュックシート」と、様々なシーンでご使用いただける「2層構造クールリング」を5月中旬より自社ECサイト「クロスマルシェ」で販売開始いたします。

<「涼活本舗」概要>
「涼活本舗」は、暑さが厳しい夏を快適に過ごすためのアイテムを展開しています。
昨年に引き続き、今年も28℃以下で自然凍結し、適度な冷却が持続するPCM素材を使用した新アイテムが登場します。
取り付けるだけで夏のリュック汗悩みを軽減できるクールリュックシートと、首元にさっと掛けるだけでひんやり涼しい2層構造クールリング、日常生活に気軽に取り入れられる2つの暑さ対策アイテムです。どちらも馴染みの良いシンプルなデザインで、様々なシーンでご使用いただけます。



■商品情報
・クールリュックシート
取り付けるだけで夏特有の背中蒸れのストレスを軽減する、リュックユーザー必見の涼活アイテムです。どのデザインのバッグにもなじみやすいブルーグレーとチャコールの2色展開でご用意します。
また、子どものランドセルやベビーカーにも取り付けが可能です。自己管理が難しい子どもでも簡単に付け外しができるため、子ども用の熱中症対策アイテムとしてもご活用いただけます。通勤時にリュックを使用しているサラリーマンから学生、子どもまで幅広い年代におすすめの涼活アイテムです。

カラー  :ブルーグレー/チャコール
価格   :¥2,200(税込)


・2層構造クールリング
2層チューブ構造でひんやり持続時間が長持ちする、屋外活動にぴったりの涼活アイテムです。首元にフィットする柔らかい素材を使用しているため、違和感なく長時間着用いただけます。普段使いしやすいよう、マットな肌触りと肌なじみの良いカラーをご用意しました。繰り返し使用ができる経済的で環境にも優しいアイテムです。

カラー    :グレー/サックス
希望小売価格 :¥1,989(税込)



■販売先
自社ECサイト「クロスマルシェ」
URL:https://www.crossplus.jp/shop/crossmarche/

■本商品に関するお問い合わせ先
クロスプラス株式会社
メールアドレス product-info@crossplus.co.jp
※大変恐れ入りますが、メールでのお問い合わせのみとなりますので、ご了承ください。

■クロスプラス 会社概要
会社名:クロスプラス株式会社
代表者:山本大寛
所在地:〒451-8560 愛知県名古屋市西区花の木3-9-13
URL :https://www.crossplus.co.jp

婦人服を中心とした衣料品・生活用品/雑貨の企画/製造/販売を手掛けるライフスタイルプロデュースカンパニーです。創業70年間の婦人服製造卸で培った販売店ネットワークから得る生活者の声から、一人ひとりの心身豊かな生活をデザインしていくウェルビーイングの実現に向けたニューノーマル時代に必要とされる商品を販売しています。さらに、生活者である社員からのアイデアを募る「新規商品検討会」を定期開催しており、デザイナー・パタンナー・MD・営業の横断的なチーム編成であるディビジョン制を敷いていることにより、スピーディーな商品開発が強みです。社員一人ひとりの個性や能力をクロスし、お客様にプラスアルファの価値をご提供し続けてまいります。
本件に関するお問合わせ先
【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】
クロスプラス株式会社 広報担当:松永
TEL:090-7032-3878 / MAIL:pr@crossplus.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
クロスプラス株式会社
ホームページ
https://www.crossplus.co.jp/
代表者
山本 大寛
資本金
194,400 万円
上場
(旧)東証2部,名証2部,東証スタンダード
所在地
〒451-8560 愛知県名古屋市西区花の木3丁目9-13
連絡先
052-532-2211

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所