約9割の喫煙者が“肩身の狭さ”を感じていることが判明

BATジャパン、“肩身広く行こう”をテーマにしたオーラルたばこ啓発WEB動画シリーズを10月24日より順次公開

 

WEB動画シリーズ「オーラルたばこで肩身広く行こう!」:https://bit.ly/3MQS2qb

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(本社:東京都港区赤坂、社長:ジェームズ 山中、以下「BATジャパン」)は、全国の20代~60代の喫煙者を対象に喫煙に関する意識調査を実施しました。その結果、約9割の喫煙者が、「周囲の健康への影響」や「他人に与えてしまうニオイ」、「喫煙できる場所が少ない」などの理由から、「肩身が狭い」と感じていることが明らかになりました。

調査結果を受けて、オーラルたばこ日本シェアNo.1(※1)のブランド「VELO」を提供するBATジャパンは、ニオイや煙が発生せず、いつでもどこでも使用できるオーラルたばこを、より多くの消費者に認知いただくために、オーラルたばこカテゴリーの啓発活動を本格始動します。第1弾の取り組みとして、「オーラルたばこで肩身広く行こう!」をテーマにしたWEB動画シリーズを10月24日より、オーラルたばこの魅力を紹介するAHA!チャンネル公式ウェブサイトにて順次公開します。また、オーラルたばこの利用シーンを探るコンテンツも順次拡大します。

BATジャパン モダンオーラル カテゴリーディレクター 大内海耶は次のように述べています。

「今回の意識調査で、多くの日本の喫煙者が『ニオイ』や『煙』、『喫煙所が少ないこと』によって『肩身が狭い』と感じていることが明らかになりました。BATジャパンが提供しているオーラルたばこという選択肢は、それらの問題を解決できる製品であるにも関わらず、認知度がまだまだ足りない状況です。

この度のWEB動画シリーズ『オーラルたばこで肩身広く行こう!』をはじめとし、オーラルたばこの啓発活動を本格始動することで、肩身が狭いと感じている喫煙者にオーラルたばこを知ってもらうきっかけを作りたいと考えています。」

BATジャパンは、日常の様々な喫煙シーンにおける選択肢のひとつとしてオーラルたばこを選んでいただけるよう、WEB動画「オーラルたばこで肩身広く行こう!」をはじめ、今後もオーラルたばこカテゴリーの啓発活動を拡大してまいります。

※1 販売するパウチの数量ベース。2022年3月末時点。BAT調べ

■調査概要
・調査名称:喫煙に関する意識調査
・調査対象:紙巻たばこの喫煙者 加熱式たばこの喫煙者 各500名
 ※各対象において全国の20代~60代の男・女合計10パネルを50名ずつ抽出
・調査期間:2022年9月26日(月)~2022年9月28日(水)
・サンプル数:1,000
・調査手法:インターネット調査

■調査ハイライト
【喫煙者の約9割が“肩身が狭い”と回答。主な理由は「周囲の健康への影響」「ニオイ」「喫煙できる場所の少なさ」】
喫煙者(紙巻・加熱式)の88.3%が、喫煙することで「肩身が狭い」と回答しており、その理由として「周囲の健康への影響(59.2%)」や「人に与えてしまうニオイ(44.1%)」、「喫煙中に非喫煙者を待たせてしまう (26.2%)」など、非喫煙者を気遣う故に「肩身が狭い」と感じていることが明らかになりました。また、「喫煙できる場所が少ないこと(48.0%)」も「肩身が狭い」と感じる大きな要因であることが明らかになりました。

【“肩身が狭い”と感じるシーンは「外出先」が62.3%と最多。“肩身が狭い”と感じる相手は「家族」「友人」】
特に日常のどのような場所で肩身が狭いと感じるかという問いに対し、「外出先での喫煙」と回答した人が62.3%と最も多く、次いで「飲食店での喫煙(46.5%)」「自宅での喫煙(39.4%)」であることが明らかになりました。また、誰に対して肩身の狭さを感じるかという問いに対し、「家族」が48.2%と最も多く、次いで「友人(35.8%)」という結果になりました。

■「オーラルたばこで肩身広く行こう!」をテーマにしたWEB動画シリーズを順次公開
意識調査の結果を受け、「肩身の狭さ」を感じている喫煙者に対して、「ニオイ」も「煙」も発生せず、いつでもどこでも使える新世代のたばこカテゴリー「オーラルたばこ」の存在をより広く知っていただけるよう、WEB動画シリーズ「オーラルたばこで肩身広く行こう!」を本日より順次、オーラルたばこの魅力を紹介するAHA!チャンネル公式ウェブサイトにて公開いたします。

WEB動画シリーズ「オーラルたばこで肩身広く行こう!」:https://bit.ly/3MQS2qb

WEB動画シリーズ「オーラルたばこで肩身広く行こう!」は、これまで肩身の狭かった喫煙者の主人公が、オーラルたばこの使用によって“肩身が広く”なり肩幅まで広くなってしまう様子をコミカルに表現しています。

第1弾の動画は「プレゼン編」。社運のかかったプレゼン前の短い休憩時間にたばこを吸って一息つくために、遠い場所にある喫煙所を探したところ開始時間を過ぎてしまい、焦ってプレゼンをしたことで肩身の狭さを感じてしまった主人公。オーラルたばこを使用した場合では、喫煙所を探す必要がなくなり、余裕をもってプレゼンを終えました。帰るときには、肩身も肩幅も広くなり上司に驚かれます。

今後も、「喫煙者の肩身狭いあるある」をテーマにしたオーラルたばこ啓発WEB動画を順次公開予定です。肩身が広くなり、肩幅まで広くなってしまう主人公たちにぜひご注目ください。


■WEB動画シリーズに加え、様々なコンテンツをAHA!チャンネル公式ウェブサイトで順次拡大
オーラルたばこの魅力を紹介するAHA!チャンネル公式ウェブサイトでは、WEB動画シリーズ「オーラルたばこで肩身広く行こう!」以外にも、オーラルたばこに置き換えることができる日常の喫煙シーンや意外な活用シーンなどを探るコンテンツも順次拡大しています。本日公開する第1弾のコンテンツは「タクシードライバー」へのインタビュー記事。狭いタクシーの車内では、お客様はほんの少しのニオイも気になってしまうもの。タクシードライバーはどのようなシーンでオーラルたばこを活用しているのか、本音に迫りました。


■喫煙者の様々なシーンに寄り添った多様な選択肢を提供
BATジャパンは、今後もより幅広いラインナップで様々なお客様のニーズにお応えするとともに、オーラルたばこVELOや加熱式たばこglo(TM)など健康リスク低減の可能性を秘めた製品(PRRP)の選択肢を増やし、BATグループのパーパス「A Better Tomorrow(TM)(より良い明日)」の実現に向けて取り組んでまいります。


オーラルたばこ「VELO」参考資料
・全く新しい形/方法でシゲキを楽しむ次世代のたばこ
「VELO」は、たばこ葉のほか、水、植物由来成分、甘味料、アロマなどの厳選された材料がパウチに詰まっており、歯茎と頬の内側の間に挟んでピリピリとしたシゲキ、味や香りをお楽しみいただくオーラルたばこ製品です。

・周囲に迷惑をかけずにスマートにシゲキを楽しめる
北欧などでポピュラーな無煙たばこは、火やデバイスを使わず、燃焼も加熱もしない上、煙やニオイも一切ありません。電車、飛行機、車などでの移動中、スポーツ観戦中、映画館内など、ハンズフリー且つ多様なシーンで、いつでもどこでもお楽しみいただけます。

・紙巻たばこよりも有害性物質が99%低減(※1)されていることが証明された製品
欧米の多くの科学者や公衆衛生当局は、紙巻たばこが燃焼する際に発生する煙に含まれる有害性物質が、喫煙にまつわるほとんどの疾病の原因であるとの見解を示しています。「VELO」はたばこ葉を含んでおりますが、燃焼させることなくまた煙も発生しないため、紙巻たばこと比べて健康リスクが低減される可能性を秘めた製品と我々は考えております。

・使用方法
以下の3ステップでお楽しみいただけます。

・国内のオーラルたばこカテゴリーブランドとして最多(※2)の10銘柄・4段階の刺激レベルをラインナップ
2021年には「VELO」シリーズの年間販売数量が前年対比約130%増を達成し、現在、日本国内で販売されているオーラルたばこ製品カテゴリーのブランドとしてシェアNo.1(※3)を占めています。「VELO」シリーズのフレーバーラインナップは全10銘柄となっており、オーラルたばこ製品カテゴリーのブランドとして最多の銘柄数(※2)となっています。また、刺激レベルも「ライト・シリーズ」、「ミディアム・シリーズ」、「インテンス・シリーズ」、「エックスインテンス・シリーズ」の4段階と、国内におけるオーラルたばこ製品カテゴリーとして最多(※2)となっており、多くのフレーバー・刺激感の選択肢から、より自分に合った銘柄をお選びいただけます。

※1 世界保健機関が紙巻たばこ煙中から低減を推奨する9種類の有害性物質の平均値に関して、リファレンス紙巻たばこ(タール約9mg)から出る煙と「VELO」パウチの使用中に発生する物質とを比較した結果、99%低減されていることを意味します。本製品は依存性のあるニコチンを含みます。この表現は、健康へのリスクがないことを意味するものではありません。
※2 2022年10月時点。BAT調べ
※3 販売するパウチの数量ベース。2022年3月末時点。BAT調べ


■BATグループについて
BATグループ(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ)は、1902年に設立された、消費者向けマルチカテゴリー製品のリーディングカンパニーです。消費者の皆様にお楽しみいただける、そしてリスクが低減された製品の選択肢を増やし、我々の事業が健康に及ぼす影響を低減することによって、「より良い明日(A Better Tomorrow
(TM))」を実現することを目指しています。

■オーラルたばこやVELOの最新情報
オーラルたばこ、およびVELO製品やキャンペーンの最新情報は、公式サイトからもご覧いただけます。
・オーラルたばこ公式ウェブサイト「AHA!チャンネル」:https://ahachannel.jp/
・VELO公式ウェブサイト:https://www.velo.com/jp/ja/

■BATジャパン 会社概要
社 名 : ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン合同会社
所在地 : 〒107-6220 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー19F(受付)
代表者 : 社長 ジェームズ 山中(James Yamanaka)
概 要 : BATジャパンは、上場たばこ企業の中で売上金額において第1位のたばこグループである、国際的なBATグループ(本社ロンドン)の一員です。日本では1984年にたばこ販売事業を開始。2001年にBATジャパンと社名変更し、約100銘柄の紙巻たばこや加熱式たばこ、オーラルたばこ等を海外の拠点から輸入しています。日本での主力ブランドには、ケント(KENT)、クール(KOOL)、ラッキー・ストライク(LUCKY STRIKE)、ネオ(neo
(TM))、グロー(glo(TM))、ベロ(VELO)があります。
U R L : https://www.batj.com/

■掲載方法についてのお願い
BATグループでは、たばこ製品のマーケティングを適切に実施するために国際的な自主規準を設定しています。そのため消費者に対するたばこ製品に関するすべてのコミュニケーションには、20歳未満の方へのコミュニケーションをお控えいただくとともに、「喫煙と健康に関する注意文言」表示することを関係各位にお願いをしております。オーラルたばこに関しては、記事掲載していただく際には、「健康に関する注意文言」が表示されるようご配慮いただきたく存じます。 ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
BATジャパン
ホームページ
https://www.batj.com/
代表者
山中 ジェームズ
上場
非上場
所在地
〒107-6220 東京都港区赤坂9丁目7-1ミッドタウンタワー19階
連絡先
03-6440-5700

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所