武蔵学園・武蔵大学がウクライナの学生を受け入れ。ウクライナからの留学生の歓迎会を開催 -- ウクライナ大使、ポーランド大使を招待 --



学校法人根津育英会武蔵学園(東京都練馬区/理事長:根津公一)は、ウクライナの留生に学びの継続機会を提供することを目的として、ポーランドに国外退避を余儀なくされたウクライナの留学生3名(ヨハネ・パウロ2世・ルブリン・カトリック大学)を受入れました。彼らは、日本とウクライナの2国間はもちろんのこと、異なる文化圏を繋ぐ架け橋となることが期待されます。
3名は、大学に本年新設した国際教養学部で最長1年間学ぶ予定となります。




ウクライナの留学生受け入れについて


■概要
・受け入れ期間︓2022年9月より最長1年間
・受け入れ学部︓武蔵大学 国際教養学部
・支援内容:日本への渡航費用補助、授業料免除、学生寮の無料提供(食事付)、給付奨学金(月5万円)、キャンパス内「国際村」MCV でのインターンとしての採用(有給)など


■武蔵学園主催によるウクライナの留学生歓迎会
今回、ご協力いただいたウクライナ大使、ポーランド大使の方々を招き、ささやかな歓迎会を開催します。
・日 時: 2022年9月29日(木)11:45~12:15 (その後13:00まで会食)
・場 所: 武蔵大学8号館8階50周年記念ホール
・参加者: セルギー・コルスンスキー駐日ウクライナ大使、パヴェウ・ミレフスキ駐日ポーランド大使、ウクライナ留学生、武蔵学園理事長、学園長、専務理事、大学長


■ウクライナ大使、ポーランド大使との協力関係について
 学び続けたいという強い思いが、両国大使のネットワークによって、学生たちだけでは決して結びつくことのない日本の大学(武蔵大学)に留学生として迎え入れることで実現しました。武蔵学園では今後も両国大使との協力関係を維持し、両大使とともに、「世界のどこにいても学びは続けられる」ということを発信し、意欲ある学生は世界で学び続ける事ができるという希望の一助となることを継続していきます。
※ 歓迎会では両国大使、留学生へのインタビューおよび写真撮影が可能です。広報部まで事前にご連絡ください。

▼本件に関する問い合わせ先
武蔵学園 広報部
西(にし)・齋藤(さいとう)
住所:〒176-8533 東京都練馬区豊玉上1-26-1
TEL:03-5984-4003
FAX:03-5984-3727
メール:pubg-r@sec.musashi.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
武蔵学園
ホームページ
https://www.musashigakuen.jp/
代表者
根津 公一
上場
非上場
所在地
〒176-8533 東京都練馬区豊玉上1丁目26-1
連絡先
03-5984-3708

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所