ITシステムの構築からサイバーセキュリティ対策まで、医療分野のIT化をアライドテレシスが支援。―12月10日までサイバーセキュリティ対策チェックリスト無料レポート提供!―

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役会長 大嶋章禎)は、少子高齢化によるIT人材不足や、新型コロナウイルスの流行などによりひっ迫する医療現場のため、IT基盤の整備とともにサイバーセキュリティ対策まで幅広く支援いたします。


 厚生労働省は、私たち国民が安心して質の高い医療サービスを受けられるよう、ICTを活用した地域での情報連携の促進を謳っています。そのために「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」の整備や、情報システム間で情報連携を円滑に行うための医療情報の標準化、広域な医療情報連携を行うための実証事業などが実施されています。
 しかし平成29年の厚生労働省 医療施設調査によると、一般病院における電子カルテシステムなどの普及状況は46.7%と半数以下となっているのが現実です。さらに昨今の新型コロナウイルスの感染拡大による医療現場のひっ迫は大きな問題となっているうえ、この状況を乗り越えられた先の人手不足などのほか、いざIoTデバイスを導入する際のセキュリティ対策など、問題が山積しています。
 そこで、これらの問題を解決するための方法のひとつとして、電子カルテ端末だけでなくネットワークにつながる医療機器などを含めたIoTデバイスをスムーズに、安定して、安全に活用できるよう、当社では様々な製品とソリューションを揃えています。無線LANの活用で、業務の効率化と患者満足度の向上につなげます。


 院内のIT化を進めるにあたり、まずは課題を明確にしたうえでの解決策が必要となります。上の図のように、医療機器との電波干渉が気になる場合や、移動しても途切れない通信環境を築くソリューションをご提供しています。そして絶対に軽く見てはいけないのがセキュリティ対策です。厚生労働省が発表した「令和4年度診療報酬改定」の中でも、非常時に備えたサイバーセキュリティ対策の要件見直しが追加されました。
 医療現場がひっ迫していることは先述の通りですが、それを好機としたサイバー攻撃が国内外で多発しています。昨年末、とある病院がランサムウェアに感染し、8万人以上の電子カルテが使用できない状況が続くとともに、通常の診療業務が約2か月間停止し、災害時レベルの運用を余儀なくされたことが報道されました。そしてこれは氷山の一角です。このようなサイバー攻撃は決して対岸の火事ではありません。


 そこで当社では様々なシーンに対応する、種類豊富なセキュリティソリューションをご用意しています。例えば「Net.CyberSecurity」の「脆弱性診断サービス」は低コストで簡単に、病院のインターネット上に設置されているWebサーバーや、院内ネットワークに接続されているすべての機器の脆弱性を診断し、その対策を明らかにし、リスクを把握可能にします。また「全てを信用しない」という意味を持つこれからのセキュリティ対策の考え方「ゼロトラストセキュリティ」についても、「クラウドID管理サービス」や「感染端末検出・制御サービス」などで対応可能です。どのセキュリティソリューションを導入するのが良いかというコンサルティングもお任せください。
 さらに厚生労働省より「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第5.1版」の別添資料として「医療機関のサイバーセキュリティ対策チェックリスト」が公表されました。このチェックリストに沿って回答を進めることで、医療機関のどの部分に弱みがあるのかが把握でき、優先的に対策を取る必要がどこにあるかバランスを計りながら、サイバーセキュリティ対策を進めることができます。
 今回、2022年12月10日(火)までの期間限定で当社Webサイトよりこのチェックリストにご記入いただくと、無償のレポートをご提供するキャンペーンを開始いたしました。

・詳しくはこちらから
https://www.allied-telesis.co.jp/solution/medical/#campaign-1

 医療市場のIT化は一刻を争うような状況ですが、慌てて失敗しないように、様々な医療機関との共同研究・実証実験でも成果を収め、実際に医療現場で活躍している製品・ソリューションをご提供するアライドテレシスにお任せください。

・セキュリティ製品はこちらから
https://www.allied-telesis.co.jp/library/catalog/ebook/security

 さらに当社では、医療従事者や関連企業の方々を対象に、定期的に無料の医療オンラインセミナーを開催しています。内容は、患者用Wi-Fi導入のポイントや医療機関を狙うサイバー攻撃への対策などと多岐にわたり、昨年度は1,000名以上の方々にご参加いただきました※1。事前登録によるオンライン受講が難しい方には、アーカイブ配信も行っておりますので、ぜひご覧ください。

・視聴はこちらから
https://www.allied-telesis.co.jp/event/webinar/netrend/index.html#medical

※1)2020年9月から2021年12月までの計10回の合算。

注)最新の情報は当社ホームページをご覧ください。
注)記載されている商品またはサービスの名称等はアライドテレシスホールディングス株式会社、アライドテレシス株式会社およびグループ各社、ならびに第三者や各社の商標または登録商標です。




---------------------------------------------------------------------
<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:info@allied-telesis.co.jp
URL:https://www.allied-telesis.co.jp
---------------------------------------------------------------------

<< ニュースリリースに対するお問合せ先>>
アライドテレシス株式会社 マーケティングコミュニケーション部
E-mail: pr_mktg@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6042 URL:https://www.allied-telesis.co.jp
アライドテレシス株式会社 東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
アライドテレシスホールディングス株式会社
ホームページ
http://www.at-global.com/
代表者
大嶋  章禎
資本金
998,500 万円
上場
(旧)東証2部
所在地
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-21-11 第2TOC ビル
連絡先
03-5437-6000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所