【秋葉原ワシントンホテル】秋葉原⇔御徒町高架下↓ こだわりのショッピングエリア『AKI-OKA』お買物券付き宿泊プラン販売

藤田観光株式会社 秋葉原ワシントンホテル(支配人:亀井 英雄)では、2021年11月19日(金)より、観光客が減少した秋葉原エリアの活性化のため、(株)ジェイアール東日本都市開発が運営するAKI-OKA※の3施設『ちゃばら』『SEEKBASE』『2k540』とタイアップし、3店舗で利用できる2,000円分のお買い物券付きプランを販売いたします。

この3店舗は、秋葉原駅から御徒町駅間の高架下に展開しています。こだわりの食品を扱った『ちゃばら』、専門店が集まった『SEEKBASE』、日本のものづくりをテーマにした個性豊かな店舗が集まった『2k540』、それぞれ個性的な店舗が集まっています。ぜひこの機会に、ご自身にとってワクワクするような素敵なモノを探してみてください。
普段から秋葉原にいらっしゃる方も、最近はご無沙汰な方も、ぜひこの機会にアキバに泊まってAKI-OKAでお得にお買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※AKI-OKAとは…JR山手線秋葉原駅と御徒町駅を結ぶ高架下空間を指す、AKIHABARAとOKACHIMACHIの頭文字をとった造語です。

■CHABARA AKI-OKA MARCHE…バイヤー選りすぐりの日本全国の逸品を集めたこだわりの食品専門店『日本百貨店しょくひんかん』を中心としたショップ。
URL:https://www.jrtk.jp/chabara/

■SEEKBASE AKI-OKA MANUFACTURE…オールドカメラやレコード、クラフトビールなどの専門店が集結した、大人の秘密基地。
URL:https://www.jrtk.jp/seekbase/

■2k540 AKI-OKA ARTISAN…「日本のものづくり」をテーマに革製品やジュエリー、工芸品など個性豊かなお店が約50店舗並ぶ商業施設。
URL:https://www.jrtk.jp/2k540/


【宿泊プラン概要】
■プラン名:秋葉原⇔御徒町高架下↓こだわりのショッピングエリア『AKI-OKA』お買物券付きプラン
■販売期間:2021年11月19日(金)~12月27日(月) ※状況により変更の可能性があります
■販売価格:1室2名さま(素泊まり) 9,900円~
1室2名さま(朝食付き)13,200円~
※全て諸税・サービス料込 ※ご利用日・ご人数ごとに異なります。

■宿泊プランURL:
秋葉原⇔御徒町高架下↓こだわりのショッピングエリア『AKI-OKA』お買物券付きプラン(素泊まり)
https://www1.fujita-kanko.co.jp/fujita-kanko/stay_pc/rsv/det_plan.aspx?smp_id=417&hi_id=4&lang=ja-JP

秋葉原⇔御徒町高架下↓こだわりのショッピングエリア『AKI-OKA』お買物券付きプラン(朝食付き)
https://www1.fujita-kanko.co.jp/fujita-kanko/stay_pc/rsv/det_plan.aspx?smp_id=418&hi_id=4&lang=ja-JP

藤田観光グループでは、新型コロナウイルス感染症の対策として、新たに制定した「環境衛生方針」に沿い、 ソーシャル・ディスタンスを確保した接客や館内の清潔など、高度な衛生環境の提供に向け、取り組みを徹底しております。
https://www.fujita-kanko.co.jp/import_info/notice_cleanliness_policy.html


<秋葉原ワシントンホテル 概要>
 所在地:東京都千代田区神田佐久間町1-8-3
 アクセス:JR「秋葉原駅」より徒歩1分 / 地下鉄日比谷線「秋葉原駅」より徒歩2分
 客室数:369室
 TEL:03-3255-3311(代表)
 URL:https://washington-hotels.jp/akihabara/
本件に関するお問合わせ先
〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1-8-3
藤田観光株式会社 WHG事業部 秋葉原ワシントンホテル
宿泊担当 松尾
TEL 03-3255-3311 / FAX 03-3255-7343

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
藤田観光株式会社
ホームページ
https://www.fujita-kanko.co.jp/
代表者
伊勢 宜弘
資本金
1,208,159 万円
上場
東証1部
所在地
〒112-8664 東京都文京区関口2-10-8
連絡先
03-5981-7700

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所