<期間限定>医療機関向け製品を特別価格でご提供 これからの病院選びの基準 快適な療養生活に必要不可欠な病室用Wi-Fi整備を支援

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、医療機関のユーザー様を対象とした「医療機関向け製品(MD型番)」を期間限定特別価格にて、10月1日より注文受付を開始します。


 コロナ禍の影響で、患者さんは家族や友人との面会ができないといった状況が続いており、医療現場では患者さん向けWi-Fi(病室用Wi-Fi)の需要が高まっています。病院に長期で入院している患者さんにとっては、家族や友人とのオンライン面会といったコミュニケーションや気分転換、外部の情報を得るためのツールとして、スマホやタブレットを使うことはいまや当たり前となり、医療機関はこの院内ライフラインともいえる、病室でWi-Fiを利用できる環境を整備していく事が今後より重要となります。

 一方、総務省の外郭団体である電波環境協議会の調査結果によると、日本全国にある約9,000の病院、その約9割が院内にWi-Fi(無線LAN)を導入しているものの、患者さん用にWi-Fiアクセスを提供している病院はわずか3割にとどまります。そして、医療機関での導入が進まない理由として、医療機器への動作支障やセキュリティの懸念、収益にならない(コストの懸念)などが挙げられています。

 このような背景から、本年度政府は患者さん用Wi-Fi整備も補助金※1の対象とし、各医療機関もWi-Fi整備に積極的な動きを見せていました。補助金申請期間は9月末日をもって締め切られましたが、当社では医療機関の皆様へご協力し患者さん用Wi-Fi整備の需要に積極的に応えるため、選りすぐったネットワーク機器を期間限定で標準価格の最大10%OFF特別価格でご提供いたします。当社は引き続き快適な病院環境づくりへの寄与と患者さん目線での充実した療養環境の実現と普及を支援してまいります。


■医療機関向け製品(MD型番)
リリース日:2021年10月1日(金)受注開始
提供期間:2021年10月1日~2022年3月31日
対象製品と価格は下記URLよりご確認ください。(保守付き型番は対象製品には含まれません。)
https://www.allied-telesis.co.jp/campaign/medical_md/index.html

■医療機関向け製品の適用例(患者さん用Wi-Fi整備)

※1)令和3年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金:
  厚生労働省から交付される補助金。患者さん向けWi-Fi(病室Wi-Fi)整備も補助金対象でしたが2021年9月30日で受付終了しました。
  詳細は厚生労働省ホームページをご参照ください。https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17941.html

注)本製品は、医療ユーザー様への限定販売とさせていだきます。
注) 記載されている商品またはサービスの名称等はアライドテレシスホールディングス株式会社、アライドテレシス株式会社およびグループ各社、ならびに第三者や各社の商標または登録商標です。





---------------------------------------------------------------------
<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:info@allied-telesis.co.jp
URL:https://www.allied-telesis.co.jp
---------------------------------------------------------------------

<< ニュースリリースに対するお問合せ先>>
アライドテレシス株式会社 マーケティングコミュニケーション部
E-mail: pr_mktg@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6042 URL:https://www.allied-telesis.co.jp
アライドテレシス株式会社 東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
アライドテレシスホールディングス株式会社
ホームページ
http://www.at-global.com/
代表者
大嶋  章禎
資本金
998,500 万円
上場
(旧)東証2部
所在地
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-21-11 第2TOC ビル
連絡先
03-5437-6000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所