マーケティングご担当者様必見!いまさら聞けない個人情報保護法改正のポイント

法改正とその対策について紹介するホワイトペーパーを公開!

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、マーケティングご担当者の皆様にご活用いただける個人情報保護法改正のポイントをご紹介するホワイトペーパーを公開しました。

2020年6月に改正された個人情報保護法が2022年4月に施行されます。
また、法定刑の引き上げについて、先行して2020年12月に施行が予定されていますが、これに向けても対策が必要です。

どんなところが改正のポイントになるのか?
どのようにリスクを防いだらよいか?

近年流出インシデントがよく見られる個人情報について、様々な対策を準備されていらっしゃるかと存じますが、改めて改正のポイントや対策のポイントについてホワイトペーパーでご紹介いたします。

是非ご覧いただきセキュリティを含めた対策にご活用ください!

【ホワイトペーパー目次】
・マーケティングには大量のデータが必要
・なぜ個人情報保護法が改正されたの?
・ここは押さえたい!個人情報保護法改正のポイント
・守れないとどうなるの?
・利用者が個人情報保護を適切に行うためには?

本件に関するお問合わせ先
デジタルアーツ株式会社 広報担当 山田   TEL : 090-1555-7254 / E-mail : press@daj.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
デジタルアーツ株式会社
ホームページ
https://www.daj.jp/
代表者
道具 登志夫
資本金
71,359 万円
上場
東証1部
所在地
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア ウエストタワー14階
連絡先
03-5220-1110

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所