2020年「マスクに関するアンケート調査」 ~マスクは使い分ける時代へ変化 不織布以外のマスクも所有している方が多数~

パステルマスク好調販売のクロスプラスがネット調査の結果発表

発売から約半年で累計6000万枚(※1セット3枚入り1,300万個、2020年12月10日時点)の「パステルマスク」を販売するクロスプラス株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:山本 大寛)は、20代~60代の男女1,000人を対象に、マスクに関するアンケートを実施しました。
2020年、新型コロナウイルス感染症の影響によって私たちの生活は大きく変化しました。その中でも最も大きな変化のうちの一つとして挙げられるのが「マスク」。昨年まで風邪や花粉症予防を目的に使用していたものが、今や外出するときの必需品として私たちの生活になくてはならない存在になりました。マスクを選ぶ際の基準や悩み、今後着用したいマスクの種類など、消費者のマスクに対する意識の変化をご紹介いたします。


TOPICS
  1. 昨年と比べてマスクへの出費は増加!約3割は5千円以上増加
  2. 約7割が“昨年と比べてマスクの選び方が変わった”と返答
  3. マスクはシチュエーションによって使い分ける時代へ
  4. 白以外のカラーマスクが年代問わず人気
  5. 購入基準やマスクに関する悩みの上位は「サイズ」に関連
  6. 他人のマスク着用に対して気になるポイントは「きちんと着用していない」が1位
  7. 老若男女問わず「新作マスク」に注目

(1)昨年と比べ、マスクの出費は大きく増加
昨年1年間と比べ、今年マスクにかかった出費はどのくらいの差があるかという問いに対して、最も多かった回答は「1,000~5,000円」の36.7%。約3割が5,000円以上を支出しており、さらにその中の約1割は1万円以上マスクへの出費があったと回答しています。マスクの出費は今年大幅に増えたことが分かります。



(2)「今年、マスクの選び方が変わった」約7割
昨年までと比べマスクの選び方が変わったと答えた人は66.2%と、この一年間で約7割の人のマスクの選び方が変わったことが分かりました。今年購入し、所持しているマスクは全世代で「不織布」がそれぞれ約9割、ニットやコットンの「布マスク」は全世代5割前後ですが、50代以降になると60%を超えています。ポリエステルやポリウレタンの「新素材マスク」も50代・60代は約4割近いパーセンテージで不織布以外も持っている割合が非常に高い結果となりました。



(3)マスクはシチュエーションによって使い分ける時代に
マスクを外出先やシチュエーションによって使い分けているかという質問には、半数以上が使い分けていると回答しました。
使い分けの理由については「出かける場所によって」、「感染予防対策の必要度によって」とやはり感染症を意識した理由が多かった半面、「気分」「会う人」「服装や髪型」など感染対策以外の理由と取れる返答も目立つ割合に。



(4)白以外のカラーマスクも人気
2020年の春、不織布マスクの不足が話題になるなか見かけるようになった「色のついているマスク」への抵抗感も調査。白以外のマスクを着用することについて全世代・性別で6割以上に抵抗感がなく、かつ8割以上の方が今後白以外のマスクを着用したいと回答しました。着用したいカラーについては「自分の好きな色」や「気分に合わせて」、「顔がきれいに見える・自分に合った色」、「洋服やネイルなどとコーディネート」とそれぞれ同数程度の回答となっています。




(5)購入基準やマスクに関する悩みの上位は「サイズ」に関連
マスクを購入する基準として多く挙げられたのは「着け心地の良さ」と「サイズが合っているかどうか」、またマスクの着用感に関する悩みでは「呼吸が苦しい」、「耳が痛くなる」という回答が多く、購入基準や悩みに関してはマスクのサイズを変えることで解消が予想される理由が多く挙げられました。



(6)他人のマスク着用に対して気になる点は“きちんと着けていない!”
自分ではなく、他人がマスクを着用している姿を見て気になる点については、必要な顔の部分を覆っていない、隙間があるなどの「きちんと着用していない」という回答が56.7%で最も高く、次いで「汚い」、「サイズが合ってない」の順に並んでおり、衛生面や清潔感に関連する回答が目立ちました。



(7)新作マスクも買ってみたい!使ってみたい人が多い
今後、今まで使っていなかった種類のマスクや、新作のマスクを購入したいと思いますか、という問いには「購入したいと思う」「魅力的な種類を見つけたり、新作が出れば購入してみたい」という回答が合わせて8割を超える結果に。全世代、男女問わず、使ったことが無い種類のマスクや新作マスクへの購入意欲が非常に高いことがわかりました。



【調査概要】
1.調査名: マスクに関するアンケート
2.調査方法: インターネット調査
3.調査対象: 一都三県(東京、神奈川、埼玉、千葉)、二府二県(京都、大阪、兵庫、奈良)の20~60代男女1000人
4.調査期間: 2020年12月2日~12月4日
※本リリースに記載していない結果や属性データのご紹介も可能なのでお気軽にお問い合わせください。


<クロスプラスからのコメント>
現在クロスマルシェにて販売中のパステルマスクが売上好調です。コロナ禍以前は不織布マスクしか使用していなかった人が、着け心地やサイズ感を優先して布マスクを使用する人が増えていることを実感しております。これからはシチュエーションによってマスクを使い分け、洋服に合わせてコーディネートするファッションの1つになると考えております。実際、電車や街中でカラーマスクを着用している方を多く見受けられるようになりました。今後もお客様のニーズに合わせた新しいマスクの開発を進めていきたいと感じております。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

参考情報

パステルマスクにサイズが小さくて困っていた男性向け商品
PASTEL MASK L(ラージ)サイズ登場!
「耳が痛くならない」「呼吸がしやすい」


クロスプラス株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:山本 大寛)は、2020年5月に発売開始し、累計6000万枚(※1セット3枚入り1,300万個、2020年12月10日時点)を売り上げた3Dカラーマスク「PASTEL MASK(パステルマスク)」に男性向けの新しいサイズとして(ラージ)サイズを、全国の量販店・ホームセンター・ドラッグストア、同社ECサイト「クロスマルシェ」を中心に販売を開始致しました。



<「パステルマスク Lサイズ」商品概要 >
マスクが小さくて「耳が痛い」「呼吸がしにくい」方へ向けた大きめサイズの3Dマスク
「パステルマスク」は元々レギュラー(ふつう)・スモール・(小さめ)キッズ(子供向け)サイズの展開でしたが、新たにラージ(大きめ)サイズを加えて全4サイズで展開することになりました。
同社では、マスク着用がマナーとなり日々の生活の必需品となっている状況でサイズが合わないマスクを着用することはかなりのストレスになると感じておりました。今回大きめのサイズを出すことによって、今までマスクが小さく「耳が痛い」、「呼吸がしにくい」といった悩みを抱えていた方のストレスを解消できたらと考えております。
カラーはオフホワイト、グレー、ブラック、チャコール、ベージュの全5色で、男性向けの着用しやすいベーシックなカラー展開となっております。

■特徴
1.パステルマスクのサイズ比較
サイズを含めた全4サイズの展開になったことで、大人から子供まで家族全員が着用できるマスクとなっております

2.3D構造でぴったりフィット
立体的な構造とストレッチ素材で顔にぴったりフィット

3. 豊富なカラーバリエーション
白、黒、グレー、チャコール、ベージュのカラーラインナップは現在全5色

4. “洗える”から、繰り返し使える
洗濯後も型崩れしないから、安心して洗えます

■商品情報
商品名:PASTEL MASK(パステルマスク)
素材:ポリエステル95%,ポリウレタン5%
枚数:3枚入り
サイズ:ラージサイズ:縦約16cm×横約39cm
レギュラーサイズ:縦約14.5cm×横約17.5cm
スモールサイズ:縦約13.5cm×横約16.5cm
キッズサイズ:縦約11.5cm×横約14.5cm
カラー:オフホワイト、グレー、ブラック、チャコール、ベージュ、ピンク、カーキ、サックス、ミドリ、ラベンダー / 単色3枚入りローズピンクアソート(ピンク、サーモンピンク、ラベンダー各1枚)、オレンジアソート(オレンジ、クリーム、カーキ各1枚)サックスアソート(サックス、ミドリ、ネイビー各1枚)
抗菌剤:無機系抗菌剤
販売:全国の量販店・ホームセンター・ドラッグストア、
   同社ECサイト「クロスマルシェ」:https://www.crossmarche.jp/c/mask/412271




~10色のマスクをつけた10人のみちょぱが会議!クロスプラス初のCMが全国で放映中~
池田美優さん(以下みちょぱ、敬称略)を起用した『パステルマスク(PASTEL MASK)』の初CM「みちょぱ会議」篇が全国で放映中です。『パステルマスク』のカラフルなバリエーションを体現すべく、みちょぱが10色のマスクでコーディネートした“10タイプのみちょぱ”に挑戦。「ファッションを楽しむマスクスタイル」を提案しています。2020年、メイクやファッションに合わせて楽しめるカラーマスクは多くの世代で受け入れられました。明るいカラーで楽しさをお届けする『パステルマスク』の新CMにぜひご注目ください。

URL:https://pastelmask.net/

<クロスプラス 会社概要>
会社名 クロスプラス株式会社
代表者 山本 大寛
所在地 〒451-8560
愛知県名古屋市西区花の木3-9-13
URL https://www.crossplus.co.jp

<クロスプラスについて>        
服づくりから、売場づくりまで、スタッフ200名を超える充実の企画チーム体制で、レディス・メンズ・キッズの衣料品からファッション雑貨を年間5,000万枚以上企画・生産し、専門店をはじめとした様々なチャネルへのODM・OEM販売する総合アパレルメーカーです。
社名に表している通り、社員一人ひとりの個性や能力をクロスし、お客様にプラスアルファの価値をご提供し続けてまいります。

■本商品に関するお問い合わせ先
クロスプラス株式会社
メールアドレス mask24@crossplus.co.jp

※大変恐れ入りますが、メールでのお問い合わせのみとなりますので、ご了承ください。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
クロスプラス株式会社
ホームページ
https://www.crossplus.co.jp/
代表者
山本 大寛
資本金
194,400 万円
上場
東証2部,名証2部
所在地
〒451-8560 愛知県名古屋市西区花の木3丁目9-13
連絡先
052-532-2211

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所