甲南女子大学が12月14日に親子で楽しめる音楽劇『うみのだいぼうけん~人魚姫をすくえ!~』を上演 -- 地域の親子を対象に学生250名が「総合子どもカーニバル」を開催



甲南女子大学(神戸市東灘区)人間科学部総合子ども学科は、2019年12月14日(土)に「第13回総合子どもカーニバル」を同大芦原講堂で開催する。これは、保育者・教育者をめざす学生250名が「親子で楽しめる音楽劇」を創作・上演するもの。地域貢献の一環として、近隣の幼稚園・保育園・こども園・小学校低学年の児童と保護者を対象として、日頃の学びの成果を発揮するステージを披露する。入場無料、申込不要。




【本件のポイント】
●脚本・演出・キャスト・衣装・大道具・小道具・ダンス・歌・合奏の全てを学生が担当
●企画運営を250名が協働で取り組み、実社会で役立つ協調性やマネジメント力を育む
●一般無料公開。子どもたちには学生たち手作りのプレゼントの特典も
●おむつ替え台・授乳室を完備し、来場者が快適に楽しめる環境を整備


【本件の内容】
 甲南女子大学人間科学部総合子ども学科は「地域全体がキャンパスになる学び」をスローガンに掲げ、地域の親子との関わりを大切にしている。2007年からは、学生の学びと地域貢献の一環として毎年12月に「総合子どもカーニバル」を実施。今年は「うみのだいぼうけん~人魚姫をすくえ!~」をテーマに、12月14日(土)に開催する。
 
 準備期間は4月から12月までの約9ヶ月で、同学科1・2年生総勢約250名が、脚本・演出・キャスト・衣装・大道具・小道具・ダンス・歌・合奏などを担当。イベント終了時には、学生手作りの「探検用ポシェット」を子どもたち一人ひとりにプレゼントし、見送りをする。音楽・身体・造形表現など、磨かれた知識をどう生かし、表現するか、学生が企画から運営までを仲間と協力しながら形にするなかで、実社会で役立つ協調性やマネジメント力を育むことを狙いとしている。


 会場には、子どもと保護者が安心・快適に楽しめるように、おむつ替え台・授乳室を完備。また、阪急岡本駅とJR摂津本山駅徒歩約5分の専用バスのりばから無料のスクールバスを運行する。


◆第13回総合子どもカーニバル「うみのだいぼうけん~人魚姫をすくえ!~」
・日時:2019年12月14日(土) 13:30開演(13:00開場) ※終演は14:30頃を予定
・場所:甲南女子大学 芦原講堂 (兵庫県神戸市東灘区森北町6-2-23)
・対象:幼児〜小学校低学年の児童と保護者
・入場:無料 
・申込:不要
・主催:甲南女子大学 人間科学部 総合子ども学科
・備考:オープンキャンパス同時開催
[劇のあらすじ]
 樹と流星とあかねは幼なじみだけれど、いつもけんかばかり。あかねはそんな2人に仲直りしてほしいと願っている。ところがある日、いつものように2人がけんかしていると、3人の前に突然絵本屋さんが現れる。店主ルーカスに導かれ、3人は絵本の中の海の世界へ。絵本の世界でさらわれてしまった人魚姫を助けるため、3人と海の仲間たちの大冒険が始まる。


・大学HP
 https://www.konan-wu.ac.jp/event/detail.php?id=3254


(参考)
・甲南女子大学人間科学部 総合子ども学科
「子ども学」は子どもを取り巻く環境を理解するために、教育、保育、医学、心理学など多彩な分野を一つに融合させた学問です。甲南女子大学では、「子どもを学び、子どもに学び、子どもと学ぶ」を合言葉に、さまざまなアプローチから子どもへの理解を深めます。保育・教育のプロとして、また未来の親として、子どもたちの発達を正しく支えられるよう、専門的な知識と技術を総合的に磨きます。



▼本イベントに関する問い合わせ先
 甲南女子大学 人間科学部事務課
 TEL:078-413-3108(平日9時〜17時)
 E-mail: ningen@konan-wu.ac.jp


▼取材申込・プレスリリースに関する問い合わせ先
 〒658-0001 神戸市東灘区森北町6-2-23
 甲南女子大学 広報課
 TEL:078-413-3180(平日9時〜17時)
 E-mail: koho@konan-wu.ac.jp



【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
甲南女子大学
ホームページ
http://www.konan-wu.ac.jp/
代表者
森田 勝昭
資本金
0 万円
上場
未上場
所在地
〒658-0001 兵庫県神戸市東灘区森北町6-2-23
連絡先
078-431-0391

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所