経済性とデザイン性を合わせ持つ節水・節湯型の水栓 ビルトイン型浄水器《クリンスイ F924ECO》12月上旬より新発売 ガス・水道料金を年間最大約9,100円節約※1

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀昌之)のグループ会社である、浄水器の販売を行う三菱ケミカル・クリンスイ株式会社(本社:東京都品川区、社長:木下博之 以下、当社)は、ビルトイン型浄水器のエコモデル《クリンスイ※2 F924ECO》を12月上旬より全国にて新発売します。

    
     上質で高級感のあるデザイン            引き出して使えるホースを使用
 ビルトイン型浄水器《クリンスイ F924ECO》      洗いにくい部分も一気に洗浄できます

2019年10月の消費税増税以降、生活者の節約に対する意識はますます強くなっています。《クリンスイ F924ECO》は水と湯の境に切替ポイントを設けたエコレバーの採用によりガスの無駄遣いを防ぐことができ、従来のシングルレバー混合水栓と比べて、ガス・水道料金が年間最大9,100円※1節約できます。
「ビルトイン型の浄水器は大きくて、キッチンに馴染まないデザインが多い」といったこだわりを持つユーザーからの声を反映し、ドイツの高級水栓金具メーカーであるグローエ社のデザイン性と実用性を融合した「ミンタ」をベースとし、クリンスイ独自の3重ろ過システムによる高い浄水能力はそのままに、すっきりとしたスリムなデザインを採用しました。
またシャワーヘッドはコンパクトで持ちやすく、ホースを引き出して使えるので、洗いにくい鍋の内側やシンクの隅なども簡単に洗うことができる操作性に優れています。
当社では、デザイン性や高い浄水能力はそのままに、省エネルギー・経済的に優れた製品を投入することで、水まわりの強化で差別化を図るマンションデベロッパーや、ハウジングメーカー等の販路を通じて、上質な住空間を求めつつ節約への意識が高い、新築やリフォームを検討している消費者層へ訴求していきます。

※1  2018年11月更新:日本バルブ工業会「節湯水栓のエコ効果算出適用数値及び効果の例」参照。
(試算条件:水道料金=265円(税込)/m3、ガス料金=159円(税込)/m3 ※日本バルブ工業会より)
※2 「Cleansui」及び「クリンスイ」は、三菱ケミカル・クリンスイ株式会社の登録商標です。


■《クリンスイ F924ECO》製品特長

(1)きめ細かいシャワー吐水ができるコンパクトなシャワーヘッド
浄水でシャワー吐水ができるので、洗米や野菜を洗うときなどにも便利。

(2)吐水方法が選択可能な切替レバー
シャワーヘッド先端のレバーで、簡単にストレート吐水とシャワー吐水の切替が可能。

      
ストレート吐水画像


シャワー吐水画像

(3)引き出して使える機能的なハンドシャワー
シャワーホースが引き出せるので、洗いにくい鍋の内側やシンクの隅なども簡単に洗うことができます。

(4)節水、節湯のエコ水栓
(5)クリンスイ独自の3重ろ過システムによる高い浄水能力を有するカートリッジ
(6)1日20リットルの浄水使用で約1年間使用できる大容量カートリッジ

■製品概要

1.製品名、希望小売価格
<本体セット>一般地用/F924ECO、UZC2000 :101,000円 (税抜・工事費別)
       寒冷地用/F924KECO、UZC2000:104,000円(税抜・工事費別)
<交換用カートリッジ> UZC2000      :15,500円  (税抜)
※交換時期の目安は12ヵ月(1日20リットル使用の場合)

2.販売展開
<販売開始時期> 2019年12月上旬
<販売ルート> 大手ゼネコン、デベロッパー、システムキッチンメーカー、
ハウジングメーカー、リフォームメーカーなど

浄水器/医療用具の販売を中心に高機能水処理技術・製品関連市場で事業を展開しています。1984年に世界初の中空糸膜使用の家庭用浄水器として発売以来、市場拡大を続ける「クリンスイ」を中心に、拡大・多様化する浄水器および高機能水処理技術・製品関連市場におけるグローバルブランドの地位を確立していきます。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
三菱ケミカル・クリンスイ
ホームページ
http://cleansui.jp
代表者
木下 博之
資本金
15,000 万円
上場
未上場
所在地
〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11番2号ゲートシティ大崎イーストタワー10階
連絡先
03-6633-9000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所