日本製鉄、NSSOLとともに統合データプラットフォーム「NS-Lib」を構築~全社のデータを集約、カタログ化し、データドリブン経営を目指す~



プレスリリース
2022年5月30日
日本製鉄株式会社
日鉄ソリューションズ株式会社
日本製鉄、NSSOLとともに統合データプラットフォーム「NS-Lib」を構築
~全社のデータを集約、カタログ化し、データドリブン経営を目指す~

日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は、日鉄ソリューションズ株式会社(以下、NSSOL※1)の統合データマネジメントサービスをベースに、経営情報やKPIをリアルタイムに把握し的確なアクションを可能とする統合データプラットフォーム「NS-Lib」を2022年4月に構築しました。

図1.日鉄DX推進におけるデータ利活用プラットフォーム

日本製鉄は、中長期経営計画で掲げているデジタルトランスフォーメーション戦略を踏まえ、経営上必要とするデータおよび各製鉄所で個々に蓄積しているデータをNS-Libにおいてカタログ化※1するとともに統合集約し(つなげる力)、経営レベルから第一線まで同じデータを元にした迅速で高度な意思決定・課題解決を実現します(あやつる力)。今年度は北日本製鉄所室蘭地区、瀬戸内製鉄所広畑地区のデータを対象とし、順次全社に適用を拡大します。また、このようなデータプラットフォームを業務の中で高度に活用ができ、改革を企画・実行できるシチズンデータサイエンティストを2025年までに1000名以上育成します。さらに、これらデータを使いこなすDX人材(データ基軸で業務課題を抽出し解決できる人材)の育成も促進しており、2030年までにスタッフ全員のDX人材化を目指します。

日本製鉄はデジタルトランスフォーメーション戦略の一環として、これまで統合データ解析、AI開発プラットフォーム「NS-DIG®」や無線センサ利活用プラットフォーム「NS-IoT」、IoXソリューション「安全見守りくん」などを導入し、製鉄現場におけるAI技術やIoTの活用に取り組んできました。

今回導入したNS-Lib(統合データプラットフォーム)は、NSSOLが提供するデータマネジメントサービスを活用し、AI/IoTを含めた様々な全社データの収集・蓄積、さらにはユーザがそれらのデータの意味を正しく理解し、セキュリティ上安全に活用できる環境を構築しています。これにより迅速に全社のデータ※2利活用が可能となり、データドリブン経営の実現を目指します。
本プラットフォームで活用しているデータマネジメントサービスは、NSSOLより、統合データマネジメントプラットフォームとしてDXを推進する企業様向けに2022年7月に販売開始する予定です。


図2.統合データプラットフォーム「NS-Lib」概要

日本製鉄は、常に世界最高の技術とものづくりの力を追求し、国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)にも合致した活動(「産業と技術革新の基盤をつくろう」)を通じて、これからも社会の発展に貢献していきます。
NSSOLは「ファーストDXパートナー」として、ともに製造業界全体の未来を考え、DXの意志を文化に昇華させる「デジタル製造業」の推進を通して、社会の新たな可能性を切り拓くソリューションを提供して参ります。
以 上

※1:カタログ化とは、データの素性や定義、意味合いなどのメタデータを登録すること。また、各データの所在地・システム情報も登録する。
※2:鋼材製品、生産実績、保全設備、画像データ、ドキュメントも含む全社のデータ

【報道関係お問い合わせ先】
日鉄ソリューションズ株式会社
管理本部 サステナビリティ部 広報・IR室
E-mail:press@jp.nssol.nipponsteel.com

・NS Solutions、NSSOL、NS(ロゴ)は、日鉄ソリューションズ株式会社の登録商標です。
・本文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です


この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日鉄ソリューションズ株式会社
ホームページ
https://www.nssol.nipponsteel.com/
代表者
森田 宏之
資本金
1,295,276 万円
上場
(旧)東証1部
所在地
〒104-8280 東京都港区虎ノ門一丁目17番1号虎ノ門ヒルズビジネスタワー
連絡先
03-6899-6000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所